5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【メモ帳】2冊目

1 :メモ ◆vB.XojhkUE :2008/06/20(金) 11:29:30.59 ID:VazFOHRW0
なんか落ちたので2冊目

2 :名無しさん@お金いっぱい。:2008/06/20(金) 13:27:37.10 ID:VazFOHRW0
その昔、大阪に仕事に行ったときの話。
朝の8時くらいからパチンコ屋の前に死んだ目をして並んでる奴らがいた。
と、その前にポルシェがエンジン響かせながら停まったと思うと、
中からサングラスかけた青年が出てきて、大声で
「今日も僕のためにお金を使ってくれてありがとうございます!」
って言ったかと思うと、
コンビニの袋の中からカツサンドやらコーヒー牛乳を取り出して列に並んでる奴らに配り始めた。
死んだ目をした大阪のパチンカス達は群がるように手を伸ばしてがっついていた。
俺は余りにもすごい光景にびっくりしてしまい、前の花屋のおっちゃんに
「ねえねえ、あれなんです?」って聞いたら、
花屋のおっちゃんは「ああ、パチ屋のオーナーの息子。在日。たまにやってる」
と、これ以上ないほど簡潔でわかりやすい説明をしてくれた。

3 :名無しさん@お金いっぱい。:2008/06/21(土) 00:09:57.64 ID:OLDyw5il0
149 :おさかなくわえた名無しさん:2007/08/10(金) 23:49:26 ID:UjsFV3V6
庭の草むしりを楽にする方法。
野菜や麺類など茹でた後の熱湯を雑草にかけると数日で雑草がなくなる。
塩を撒いても有効。但し、枯れては困る草木にはかからないように。

327 :おさかなくわえた名無しさん:2007/08/29(水) 14:29:14 ID:M29f7aOs
コンパなどで初めての女性と話になった時、
話し出してから「君、いくつ?」と年齢を聞くタイミングが早ければ早いほど、
その男は自分に自信がないw

年齢に関わらず、フリーターや平社員ほど早い傾向にある。

382 :おさかなくわえた名無しさん:2007/09/01(土) 21:03:54 ID:vCcN1NyL
モンゴル出身の横綱の仮病で、大騒ぎの大相撲だが、

よく「国技」とか言う人やマスゴミも書くが、日本国として政府も別に相撲を
国を代表する競技なんて認めてはいない。
「国技」とは相撲協会が勝手に名乗っているだけ。

787 :おさかなくわえた名無しさん:2007/10/02(火) 00:51:06 ID:Ha64b+mr
鼻パックをする前に
鼻の周りにオロナイン軟膏を塗りたくり、5〜10分ほど放置。
オロナインをよく洗い流したあと、鼻パックをすると…
なんとびっしりごっそり取れる。

4 :名無しさん@お金いっぱい。:2008/06/21(土) 11:30:50.61 ID:wmzBc0Q90
★プーチンとロシアの自立

<○国内政治
1、プーチン政権は権威主義的超安定政権
2、新興財閥は政治的影響力を失う
3、チェチェン戦争は終わる(たとえ続いても下火に)
4、自由の制限、言論統制が強まる

○外交
1、これからのロシアは親中反米
2、CISと接近
3、日露関係はあまり変わらず

○経済
1、国家の経済への介入が強まる
2、外資は増える
3、国内産業も復活する>

<プーチンさんはこれから皇帝(エリツィン)をはるかに上回る権限を手に入れるだろう。
ロシアにおいて皇帝の上にいるのは「神」しかいない。プーチンさんは神への道を歩みだした。>


上に引用したのは、RPE8年前の記事です。
プーチンが大統領選に勝利した翌日と、2ヵ月後。あれから8年経ちましたか。。。
5月7日、メドベージェフさんが宣誓を行い、大統領に就任しました。これからは、メド大統領、プーチン首相という体制に移行します。
そんな節目ですので、今回はプーチン時代までを振り返ってみましょう。


▼なぜソ連は崩壊したの?

かつて、アメリカと世界を二分したロシア(ソ連)。なぜ崩壊しちゃったのでしょうか?
この質問に答えようと思えば、一冊本が書けるでしょう。しかし、超簡単にいえば、「経済が破綻したから」。

で、なんで経済が破綻したのか?
社会主義・共産主義経済の脆弱性をあれこれ書くこともできますが。。。私は、それより三つの点をあげたい。

1、1979年からのアフガン戦争
2、アメリカとの軍拡競争
3、原油価格の下落

1970年代、ソ連経済は絶好調でした。なぜかというと、第1次オイルショック(1973年)・第2次オイルショック(1979年)があり、原油価格が異常に高かった。
1980年代に入ると、アメリカはサウジを説得(脅迫?)し、原油価格を下げさせます。
さらにレーガンさんは、ソ連を「悪の帝国」と呼び、軍拡競争をしかけました。
そして、かさむアフガン戦争の戦費。これらがソ連経済を直撃した。
1985年にゴルバチョフさんが書記長になったとき、ソ連経済はボロボロになっていたのです。

5 :メモ ◆vB.XojhkUE :2008/06/21(土) 11:31:19.32 ID:wmzBc0Q90
▼なぜ、ロシア経済はボロボロだったの?

そんなわけで1991年12月、ソ連が崩壊しました。新生ロシアの初代大統領は、故エリツィンさん。天下をとったものの、彼も共産主義国で生まれ育った。
資本主義のことなんて全然知らない。どうやって改革したらいいんだろう。それで彼は、アメリカとIMFの勧告にしたがうことにした。

内容は、

1、政府による経済管理の廃止 
2、大規模な民営化 
3、価格と貿易の自由化

「プリクラスナ」(すばらしい)エリツィンはわけもわからず、このアホな改革を実行します。
(なぜアホな改革なのか?例えば、当時のソ連は物不足が深刻だった。
トイレットペーパーを買うのに、2時間行列に並ぶ。そんな状態で価格を自由化すれば、ハイパーインフレになるにきまっている。
また、ソ連崩壊でルーブルが大暴落していた。そんな状態で貿易を自由化すれば、これもハイパーインフレになるにきまっている。)

結果は悲惨。
改革初年度92年のGDP成長率はマイナス14.5%(!)。インフレ率は2600%(!)。
ロシアのGDPは、金融危機があった98年までになんと43%も減少したのです。

▼なぜ、ロシアは超格差社会になったの?

ロシアといえば万人平等の共産国家。貧富の差も失業もないんですよね。ところが、今のロシアはとんでもない格差社会になっています。

ロシア1の金持ちはデリパスカさん(非鉄金属ルサール社長)。
彼の資産は07年1兆3000億円だったのが、08年には2兆8000億円まで増えた。(現在世界9位)
ということは、年収1兆5000億円。(!)月収は1250億円、日収は41億円。8時間労働で換算すると時収は5億円(!)分収は約800万円で、秒収は約13万円。

一方、おとしよりは、月1万5000円の年金で暮らしている。これはデリパスカさんの秒収の8分の1以下。(涙)
IMFは、「大規模な民営化しないと金かしませんよ!」という。ロシア政府はしゃあないから、民営化しますね。
しかし、ソ連時代のロシアは国民全員が公務員。(共産国家には、私有財産や民間企業が存在しない)つまり、民営化しても、買い取る金のある人はいない。
で、政府はどうしたか?
国民全員にバウチャー(民営化証券)を配った。国民は、これを民営化された会社の株と交換できたのです。
ところが、共産国家で育った人に「株」なんていっても、なんのこっちゃわからない。
しかもソ連が消滅したり、ハイパーインフレで大騒ぎしていて、頭がまわっていない時期。99%の人にとって、バウチャーはただの紙切れにすぎなかった。

それで、ウォッカやソーセージと交換しちゃった人が山ほどいたのです。
しかし、ある一群はバウチャーの真の価値に気がつき、安値でかき集めていた。彼らはほとんど無料で、次々と民営化会社を手中におさめていった。

「彼ら」って誰?

▼新興財閥の時代

このように、富と所有の再編は進んでいきました。97年1月の時点で、民営化企業はロシア全体の75%、労働人口の80%。
欧米から「クレムリンのゴッドファーザー」と呼ばれたベレゾフスキー(61歳)さんは当時、「7人の新興財閥がロシアの富の50%を支配している」と語っていた。

7人の新興財閥って誰?
1、ベレゾフスキー(基盤は石油大手シブネフチ・ロシア公共テレビ等)
2、ロマン・アブラモービッチ(シブネフチ)(42歳)
3、4、ピョートル・アヴェン(53歳)とミハイル・フリードマン(44歳)(アルファ銀行、石油大手TNK)
5、ウラジーミル・グシンスキー(55歳)(メディアモスト、傘下に民放最大手NTV)
6、ミハイル・ホドロコフスキー(44歳)(メナテップ銀行、石油大手ユコス)
7、ウラジーミル・ポターニン(47歳)(インターロスグループ、ノリリスクニッケル)
ポターニン以外は皆ユダヤ系。

彼らは、ロシア経済の主要部門ばかりでなく、政治も牛耳るようになっていった。
そして、エリツィン一家と癒着することで、税金を払わずにすんでいました。
なぜロシア経済は90年代ボロボロだったのか?
90年代初めのバカな改革の結果である。
しかし石油・鉄鋼など主要部門を手中におさめた新興財閥軍団が、税金をおさめなかったのも大きな理由。

6 :メモ ◆vB.XojhkUE :2008/06/21(土) 11:31:39.61 ID:wmzBc0Q90
▼プーチンの登場

さて、新興財閥の長老といえば、エリツィン一家と癒着していたベレゾフスキー。反エリツィンのメディア王グシンスキーでした。
エリツィンさんは心臓が悪く、98年ごろにはいつ天国に行ってもおかしくない状態。それで二人は考えた。
「次の大統領は、俺の操り人形でなければならない」ベレゾフスキーは、FSB(旧KGB)の長官だったプーチンさんを選んだ。

プーチンの経歴。
94年サンクト・ペテルブルグ副市長、97年大統領府副長官、98年
8月連邦保安局(FSB)長官、99年8月首相。

グシンスキーは、これもKGB出身の大物プリマコフさん(元外相・首相)を選んだ。
なぜ、二人ともKGBの大物を選んだのでしょうか?
これは、「命と資産を守ってもらうには、KGBを取り込むしかない」と考えたからでしょう。

99年12月の下院選挙。当時首相だったプーチンさんが支持する政党「統一」が、プリマコフの政党「祖国−全ロシア」に勝利。
プリマコフは大統領選への出馬を断念。プーチンさんは、ベレゾフスキーの思惑どおり、00年3月の選挙で大統領になったのです。

7 :メモ ◆vB.XojhkUE :2008/06/21(土) 11:31:58.27 ID:wmzBc0Q90
▼粛清

結論をいうと、プーチンさんは新興財閥の力で大統領になり、即座に彼らを裏切りました。
00年にはグシンスキーと恩人ベレゾフスキーを脱税・横領などの容疑で追求。
グシンスキーはイスラエルに、ベレゾフスキーはイギリスに逃れます。
ベレゾフスキーは、今も反プーチン運動をしている。
そして、殺されたリトビネンコさんは、ベレゾフスキーと仲良しだった。イギリスは、「プーチンが殺した!」と主張。
ロシアは、「プーチンの評判を失墜させるために、ベレゾフスキーあるいはMI6が殺した!」と主張しています。
プーチンは03年、ロシアの石油最大手ユコスのホドロコフスキーと対立。ホドロコフスキーも敗れ去り、今では刑務所の中。

なぜプーチンは、新興財閥の大物に勝つことができたのでしょうか?
背後にKGB軍団・内務省・最高検・軍などがいるから。
彼らは新興財閥時代冷遇されており、復讐の機会を待ち望んでいた。それで、プーチンさんを圧倒的に支持したのです。
新興財閥たちは、金の力を過信しすぎていました。

これで、残りの新興財閥は恐れおののき、

1、政治に干渉しません
2、税金をちゃんとおさめます
と誓います。

ロシア経済は

1、ロシアの主要経済部門を牛耳る新興財閥が悔い改め、税金をおさめるようになった
2、そしたら原油価格が急騰し、オイルマネーが洪水のように流れこんできた
という流れ。

「プーチン時代、石油価格は右肩上がりだった。ただのラッキーボーイだ」なんていう人もいます。
しかし、新興財閥がエリツィン時代同様政治を牛耳り、税金を払わなければ、ロシアの今の繁栄はなかったでしょう。


●余談1
(ちなみにユダヤ人がロシアを支配し、その後追い出されるのは2回目。
1回目は1917年のロシア革命。この革命を主導したのは、ほとんどがユダヤ人でした。しかし、彼らはグルジア人のスターリンに粛清されました。)

●余談2
(プーチンは、ユダヤ系新興財閥ベレゾフスキー・グシンスキー・ホドロコフスキーを粛清した。
その後、ロックフェラー系のエクソンモービルやロスチャイルド系のロイヤルダッチシェルをいじめている。
それで、いわゆる「陰謀論者」の中には、プーチンを英雄視している人々もいるようです。)

8 :メモ ◆vB.XojhkUE :2008/06/21(土) 11:32:56.39 ID:wmzBc0Q90
▼石油・ガスは国家のもの

ベレゾフスキーが所有していた石油大手シブネフチ。
それを安値で買い取ったアブラモービッチは、天然ガス世界最大手ガスプロムに売却しました。ガスプロムはこれで、時価総額世界3位に浮上。
一方、ホドロコフスキーのユコスは、国営石油会社ロスネフチに吸収された。
現在、ロシア1はガスプロム、2位はロスネフチ。
プーチンは、民営化で新興財閥の手に移った石油・ガス部門を国家に取り戻したのです。

超簡単にロシアの現代史を振り返ってきました。
プーチンさんの時代、ロシアはどのように変貌したのでしょうか?

数字を見ると驚かれるでしょう。
ロシアのGDPは、2000年の2511億ドルから07年の1兆2237億ドルまで、なんと約5倍化(!)。すでにフランスを抜いている。
平均月収は、00年に約100ドルだったのが、07年は540ドルで5.4倍(!)増加。
外貨準備高は、04年にはじめて1000億ドルを超え、3年後の07年には4000億ドルを超え、世界3位に浮上。
株価指標RTSは、00年の200から07年には2000ポイントを突破し10倍化。

まあ、善悪はともかく、なぜロシア国民が「独裁者プーチン」を愛するのかわかるでしょう。
経済をボロボロにした民主主義者エリツィンより、ワンマンでも生活を楽にしてくれるプーチンの方がよい。

9 :メモ ◆vB.XojhkUE :2008/06/21(土) 11:36:19.37 ID:wmzBc0Q90
▼自立を達成したロシア

私は常々、
1、日本はアメリカ幕府の天領である
2、アメリカ幕府は衰退している
3、よって日本は自立する準備をすすめなければならない
4、でなければ日本は中国幕府の天領になる
と書いています。

で、自立ってなんだ。
1、財政と経済の自立
2、軍事的自立
3、食糧の自立
4、エネルギーの自立
5、精神の自立

自立していない国のことを「依存国家」といいます。日本はアメリカの依存国家。ロシアも90年代は、依存国家でした。しかし今は、自立国家になっています。

1、財政と経済の自立
プーチンが大統領に就任した00年から、ロシアはず〜と財政黒字の国。90年代は借金大国だったが、現在ほぼ完済。

2、軍事的自立
ロシアは、アメリカのMDを突破できる多弾頭ミサイルを完成させていて、アメリカも手出しできない。
アメリカが東欧MD配備や、NATO拡大を急ぐのは、ロシアの脅威を感じているから。

3、食糧の自立
ソ連崩壊後ロシアの農業もボロボロになった。それでも、世界有数の農業大国であることに変わりない。

4、エネルギーの自立
説明の必要なし。

5、精神の自立
ロシア人は共産主義教がインチキだとわかった後、アイデンティティー・クライシスに陥りました。しかし、現在はロシア正教・イスラム教・チベット仏教等の復興により、危機は克服されたようです。

このように、プーチンは独裁者ですが、ロシアを「依存国家」から「自立国家」に進化させました。日本は現在アメリカの「依存国家」ですが、「ある人物」の登場により「自立国家」への道を歩みはじめるでしょう。

え?  「ある人物」って誰かって?
極秘情報ですが、絶対口外しないと約束してくださるなら、教えますよ。日本を自立に導く「ある人物」とは?






あなたです。

10 :メモ ◆vB.XojhkUE :2008/06/22(日) 00:05:08.92 ID:87InFcbS0
人生ってのはチンコみてぇなもんだろ
必要な時にがんばればいいんであって
24時間365日がんばってたら疲れちまう
いつもはブラブラしてればいいんじゃねぇの

11 :メモ ◆vB.XojhkUE :2008/06/23(月) 13:38:52.77 ID:aweqhpU40
あふれんばかりの問題
 別に病院での出来事に限ったことではないが、この世には多くの問題点が山積みされている。
 無事に解決に向かうものもあれば、迷宮入りといったものもある。
 たとえ無事に解決しても新たな問題は次から次へと出てくることは必定で、我々はそうした問題と向かい合うことになる。

その問題は急務なのか
 そうした問題を解決するとき、まず把握しておくことは「急ぐ」のかそうでないのかだ。
 与えられた時間は1分なのか1時間なのか、それとも1ヶ月や1年なのか時間の単位は問題にもよるだろうが、
 その問題解決に必要とするおおよその時間を見極め把握しなければならない。

事態の悪化をさける
 そして「とりあえず」この問題をなんとかせねばならないときは現状をおおざっぱでも良いから把握し、
 これ以上悪化させないよう努めなければならない。こうした状況をどれだけ早く掌握できるかが今後の鍵となっていく。

精度を犠牲にする
 従って、時間がないときの状況把握はそれほど精度は求められない。
 問題解決策をダーツの板にたとえるならど真ん中でなくてもいいから、とにかく的に当てることを目的にする。
 外さなければそれなりの手応えがあるはずだ。その手応えを感じ取っていくなかで徐々に、しかし急ぎつつ精度を上げ本質に近づくよう努力する。

猶予がある場合は
 前者の場合と違い問題解決までにある程度の猶予が与えられている場合、まず行うことは問題のスクリーニングだ。
 多少時間がかかっても必要と思われる範囲でできるだけ広く浅く状態を把握する。
 感度を上げて拾い上げるのが目的だから特異度は多少下がってもいい。ノイズを拾っても後で分析する時間は十分にあるはずだからだ。

情報集積と分析
 こうして集められた情報を集積し分析していく。
 最初のうちは情報にあふれてしまうかも知れないが、分析していく中で情報が持つそれぞれの価値や因果関係が徐々にわかってくる。

解決への道のり
 そして分析された情報を元にウェイトを持たせ情報の価値に重みをつける。
 一番大事な情報は何か、後回しでも良い情報は何か……。
 順番を決めていくことで平面に散らばっていた解決策は一つの線をなし、道が造られる。
 一人だけでは処理できる解決策も限られたものになるから、こうして線形を成していくことで解決を図っていくようにする。
 従って、こうした情報や解決策は精度を上げておかないと大変なことになる。
 順番が大事なシーケンシャル・ソリューションなのだから、解決策が前後してしまってはどうしようもない。

多くの問題は複雑な構造をしている
 しかし、我々の身の回りに山積する諸問題は実際のところ非常に複雑な構造をしている。
 急ぐべき部分やそうでない部分、重要性の軽重などが渾然一体となり、解決の道筋も決められない場合が往々にして存在する。
 シンプルな解決方法だけでは処理しきれないのだ。
 従って自分が直面している状況を把握し、二者を併用しながら問題解決を図るのが最適解だろう。
 今すべきことは何かを考えつつ問題を分割し、それに応じて適切な解決策を見いだしていかねばならない。

問題を俯瞰できるか
 結局、どんな問題にせよそれを構成する部分に分けていくためには俯瞰能力が必要になってくる。
 視野が狭かったり目の前のことで精一杯という状況では、対峙する問題の大きささえわからなくなってしまう。
 一般に『要領がよい』といわれている人は問題解決に要する技術や知識は『要領が悪い』人とそれほど変わらなくても、ほとんどが優れた俯瞰能力を持っている。

臨機応変に対処してみる
 フランスの哲学者、デカルトはその著書である方法序説(Discours de la m醇Pthode)で『困難は分割せよ*』と説いた。
 直面する問題は大小様々であろうが、自分の処理できる大きさにまで分割するにもまた能力が必要とされる。
 問題を俯瞰し、分割し、解決への糸道を探っていく中でもそれぞれ得手不得手があるだろう。
 そうした得手不得手を見極めながらも手持ちの札は多い方がいい。
 問題に応じどれだけ臨機応変に対処できるか、最近よく言われている危機管理能力などもこうした力の試しどころなのだと思う。

http://plaza.rakuten.co.jp/doctorhs/diary/200508250000/

12 :メモ ◆vB.XojhkUE :2008/06/23(月) 23:29:53.15 ID:NV1+RBmw0
公正取引委員会 『No.1 表示に関する実態調査報告書より 』
http://www.jftc.go.jp/pressrelease/08.june/08061302hontai.pdf

No. 1表示の多い業種別割合(商品)

1位 食品 (含 健康食品) 22.3 %
2位 家電製品 18.7%
3位 化粧品 17.5%
4位 新聞・出版物 9.6%
5位 衣料品 4.8%
6位 自動車 4.8%
7位 酒・清涼飲料 4.2%
8位 家具・仏壇 3.0%

そのほか 15.1% 

(上位8商品カテゴリーで 85%)

No. 1表示の多い業種別割合(サービス)

1位 学習塾 16.9%
2位 住宅関連リフォーム 12.4%
3位 住宅建築 11.6%
4位 携帯電話 8.8%
5位 パチンコホール 6.8%
6位 車検 6.4%
7位 エステティック 6.0%
8位 不動産仲介 4.4%
9位 プロバイダーサービス 4.4%
10位 映画 2.8%

No.1 表示の種類

1位 売上実績 42.9%
2位 顧客満足度 15.2%
3位 販売価格 10.4%
4位 サービスの内容 10.1%
5位 入学試験の合格率・合格数 8.2%
6位 商品の効果 5.5%
7位 商品の内容 2.4%

消費者モニター調査の結果
(No.1 表示の出典が表示されていない場合)

1位 No. 1表示の客観性に疑問 76.6%
2位 実際には調査が行われていないのではないか 12.5%
3位 客観的な調査に基づいてNo. 1表示を行っていると思う 9.9%

米国映画でよくありますね

米国内:”**の週末3日間での過去最高の観客動員数”→日本では それが単に”米国No.1ヒット”となります

英国での米国映画紹介では、”米国No.1ヒット”という宣伝文句は余り使われません。
英国人らしい? (米国に、米国人に影響はされないぞ・・というプライド・・・・でも実際は”見たり””同行したり”してますが・・(笑))
http://www.doblog.com/weblog/myblog/78149/183#183

13 :メモ ◆vB.XojhkUE :2008/06/24(火) 01:07:33.91 ID:QH4ke3xY0
うーん、サウジ大増産のニュースは効いてるのか効いてないのか・・・。
ナイジェリアの件。今朝会社の原油関係投資審査担当の兄貴と話をしてたんですが、今夜WTIが大幅高をつけたりすると、
短期的には結構恐ろしいことになるなあと(但し兄貴は経験豊富な実業のプロらしく、原油価格には基本弱気です)。

ところで、以前どなたが仰っていたのか忘れたんですが、
ここしばらくは原油高=株安、原油安=株高の感じでしたが、この先は株安と原油安が同時に発生するよってなお話で。
そう言われてみればそんな気もしますが、そもそも原油安にも2種類あって、需要減による場合と供給増による場合がある。
需要減による原油安はスタグフレーション懸念を煽って株安を誘発するはずなんですが、それが起きるためには、
そのときの株価はある程度高い必要がありますわな。ってえと、それはどれくらいの水準なんだろう?

http://zoomchaka.exblog.jp/8870429/

14 :メモ ◆vB.XojhkUE :2008/06/24(火) 23:41:48.55 ID:AdEUM4jp0
全銀協会長:中小企業向け貸し渋り「行っているつもりさらさらない」

つもりがあろうとなかろうと、貸し渋っているのは事実だと思いますよ?
昔の土地バブル崩壊時にも、企業の倒産が相次ぐ中、「貸し渋ってなどいない。貸したくても企業の資金需要がない。」などと嘯いてましたけど、
今もあの時とまったく同じですね。

こういうときは、貸し手金融機関側の認識と、借り手である企業側の認識が異なっているのです。
何がどう異なっているのかというと。

【金融機関】
・貸したい意思はある。でも安全に貸せるような融資先・案件がない。
・借りたいという話はあっても、後ろ向きな赤字補填のための運転資金の需要ばかり。
返済可能性に問題があり貸せない。一方、貸せるような前向きな融資案件がない。
(これを「企業側に資金需要がない」と表現する)

【企業】
・運転資金に困り、今すぐにでも貸して欲しいが、今までは貸してくれてたのに急に繋ぎ融資に応じてもらえなくなった。
このままでは倒産してしまうなんとかしてほしい(で実際レイコフのように倒産するw)

 ある意味、「銀行は晴れの日に傘を貸したがるが雨になると貸さない」ということそのものです。
 企業が調子が良く、事業を拡大していくフェーズでは喜んで貸してくれるわけです。
業績がよいわけですから本業からのキャッシュで運転資金はカバーできます。
むしろ、設備投資や事業拡大のために資金調達し、事業を拡大する。そういう前向きな用途のためなら銀行もカネを貸すわけです。
 でも企業の調子が悪くなり、運転資金に事欠くようになってくると、運転資金が必要になる。
でも、運転資金のような「後ろ向きな」資金調達だと銀行がカネを貸さない。それが今。

 資金需要はあるのです。運転資金の。
 でも銀行はそういうのは「資金需要」とはみなさないのであります。

http://blog.livedoor.jp/yuraku_love/archives/51221524.html

15 :メモ ◆vB.XojhkUE :2008/06/25(水) 00:28:11.52 ID:Rc5QoCtj0
最近の原油高を食い止めるにはどうすれば良いのかが下院で議論されています。

下院に提出された調査報告書によれば原油先物取引の7割は投機であり、彼らが合理的な価格形成を曲げているとしています。

下院エネルギー委員会のジョン・ディンゲル会長は投機筋の建て玉に何らかの上限を設定し、
投資銀行のエネルギー・トレーディングの自己ポジションを公開することを義務付け、さらに年金基金がコモディティーを投資対象とすることを規制することを検討しています。
しかしCFTCは投機だけが原油価格を押し上げているのではないとしてこの報告書に反発しています。

また、米国で商品先物取引のマージン(証拠金比率)を引き上げても、取引が海外へ逃避するだけだし、
取引所を通さない店頭相対取引に流れるだけで、実態は一層掴みにくくなるという指摘もあります。

問題は店頭相対取引はSECにもCFTCにも監視されていない、規制の埒外のマーケットだということです。

OTC(店頭)商品取引がCFTCの管轄で無くなったのは2000年に成立した「商品先物近代化法」で
商品デリバティブ取引の発展を促すためには過剰は規制は好ましくないということが決められたことによります。

この法律が立法化された前後にエネルギー・トレーディングにおける「相場操縦」でカリフォルニアで電力が不足し、
またBandwidth Tradingの事業の失敗はエンロンを破綻に追い込みました。このためこの法律で決められた内容はしばしば「エンロン・ループホール」と言う風に言及されます。

実はサブプライム問題で大きな役割を演じたクレジット・デフォルト・スワップもこの「エンロン・ループホール」があったからこそ急速に膨張でき、
しかもコントラクトの総建て玉の把握が困難になったのです。

つまり現在下院エネルギー委員会が対峙している敵は或る部分ではサブプライム問題と同じ敵でもあるのです。

それでは一体、誰がそんな悪法である「商品先物近代化法」を作ったのか?ということですけど、
起草者(全部で5人ですけど)にはテキサスの共和党代議士であるフィル・グラムが含まれて居ます。
フィル・グラムはレッセ・フィエール(自由放任)主義で、かつ小さい政府の信奉者です。
例えば証券会社と銀行の業務をきちんと分け隔てるべきだというグラス・スティーガル法(1930年代の大恐慌の教訓から生まれた法律です)を
時代遅れだとして廃止した、グラム・リーチ・ブライリー法(1998年)を起草したのも彼です。

フィル・グラムの奥さんは90年代前半にCFTCのチェアマンを勤めており、エンロンの重役でした。
なおフィル・グラムはサブプライム問題で大きく傷を負ったUBSの重役を現在務めています。

http://www.doblog.com/weblog/myblog/31550/2620806#2620806

16 :メモ ◆vB.XojhkUE :2008/06/25(水) 12:37:25.85 ID:6EAWXwWP0
813 cis ◆YLErRQrAOE 2007/08/04(土) 23:57:55.48 ID:bxHNaoLv0

勝てない相場師&ギャンブラーの典型的考え

○自分が考えてて結局それに張らないでそれが当たりだったとき、自分は正しかったのだけども儲からなかった嘆きまくる。
○自分が考えてて結局それに張らないでそれがハズレたとき、ああ良かった自分の考えは正しかったと思う、がすぐ忘れる。
○人に薦められて張ったものがハズレたら薦めた人のせいと考える。
○人に薦められて張ったものが当たったら多少感謝するもすぐに忘れる。
○他人が損するのを横目で見ながら、他人と同じ方法をやって自分だけはラッキーがきて勝てることを願っている。
○1日単位の収支を異様に気にする。
○1年間に複数回、もう引き下がれない意地の勝負が発生する。
○こつこつ稼いでるときはハイリターンはリスクでかいからコツコツこうやって稼ぐのが一番だ。と思いながら、自分が負けだすとなぜか一発逆転を探りだす。

1個までならセーフだけど3個以上当てはまる人は競馬とか株とかに強烈に向かないと思う。


17 :メモ ◆vB.XojhkUE :2008/06/25(水) 17:19:19.43 ID:6EAWXwWP0
277 名前: 名無しの心子知らず [sage] 投稿日: 2008/06/20(金) 13:17:37 ID:V1adMnZR

なんか時々すごく自分に自信がなくなる。

最近子供@1歳半が、気に入らなかったり伝わらないことがあると
じべたにひっくり返ってギャン泣きするようになって…怒りたくないのに怒ってしまう。疲れる。
ご飯も歯ざわりが嫌なものだと一旦口から出してしまうし…全く食べないことも。

保育園の連絡帳に、日々のそんなこんなを書いたら

「園ではいつもニコニコご機嫌!
 ご飯も一番先に完食!怒ることもぜんぜんありませ〜ん♪」

なんて返事をもらってますます落ちこむ。
 

 
 
自分でも違うと思いながら「私のご飯がおいしくないのかな?私が嫌いなのかな?」って
わざわざ口に出して言って、そしてその言葉に思わず泣いてしまう。阿呆だ。

でも、誰にでも愛想がいい子だし、まだ幼いうちに母親が入れ替わっても
大丈夫なんじゃないか、とか、自分に保険かけて事故死しちゃおうか、
なんてところまで考えてあわてて思考をストップさせる。

でも私じゃなきゃ駄目なものなんてこの世に何ひとつ無いんだよなあ…あーあ。

こんなクルクルパーなこと考えててもまたお迎えの時間はくる。
夕飯の下ごしらえでもしておくか。


285 名前: 名無しの心子知らず [sage] 投稿日: 2008/06/20(金) 14:12:36 ID:EFsXeHB6
>>277大丈夫!うちのと同じだよ!

うちのは産まれた時から、私が抱くと泣く(´・ω・`)
二歳半でも食物べーするし、預けると「全然手が掛かりませーん!」のよい子。

だけど私が居ると途端に我儘やかんしゃく。

ずっと悩んでたけど、母の

「甘えてんのよ、ママだもん、他の人には気を使ってるんでしょ。
 あんたには我儘言っても嫌われないって、ちゃんと分かってんのよ」

のことばで救われた。

正直きつい時もあるけど、大丈夫!


286 名前: 名無しの心子知らず [sage] 投稿日: 2008/06/20(金) 14:16:29 ID:EFsXeHB6
>>277
分かるよ、私も「絶対嫌われてるー」って思った時期があったよ(´・ω・`)

きっとママが特別大好きで、感情全部出せる位信頼してるんだよ。


18 :メモ ◆vB.XojhkUE :2008/06/25(水) 23:15:09.78 ID:6EAWXwWP0
最近の個別株を見ていると、同業種でロング・ショートの裁定が入っていると
思われる銘柄が結構見られます。ちょっと気がついたのを以下書きますと、

・アコム買い・武富士売り(大株主にメガバンクが入っているかどうか、つまり銀行系か独立系か)。
・ユニクロ買い・しまむら売り(好業績か否か、消費者のトレンド変化等)。
・三井不・地所買い・URBAN・ゼファー等売り(財閥系大手不動産株と中小不動産関連株・安全な大手志向・他業種にも広がる可能性あり)。
・JRE・日本ビルF買い・他の中小REIT売り(上記の理由と同様です)。
・ホンダ買い・トヨタ売り(米国市場における販売実績?)。
・ガイシ買い・イビデン売り(同じ排ガス浄化装置関連だが、半導体関連の商品で何か違いがある?)。
・任天堂買い・ミツミ売り(去年までは相関性非常に高かったが)。
・DOWA鉱買い・住友鉱売り(以前は連動のイメージがありました)。
・また最近人気の太陽電池関連・太陽光発電・原発関連との間にもあるかもしれません。

実際に裁定が入っているのかはわかりませんが、私が個別株の相場を何となく
見ていると(笑)、そう感じます。あくまでも個人的主観です。

私もたまに株先物・個別株の裁定をやりますが、個別株の研究を先物トレードと
同様にやれば、大きな収益機会を掴むことができると思いますが。

ただこれから益々企業間格差は広がると思います。うまくはまればリスクヘッジと
同時に収益拡大が狙えると思います(デイトレでも有効です)。

http://ameblo.jp/takechan-s/entry-10109918572.html

19 :メモ ◆vB.XojhkUE :2008/06/26(木) 12:46:38.87 ID:1V+hn3P/0
自分こそ正しい、という考えが、あらゆる進歩の過程で最も頑強な障害となる。
これほどばかげていて根拠のない考えはない。
byJ.G.ホーランド

                     /´ ̄ ̄ ̄  ̄ ヽ
                    /           \
                       /:::::             \
 _______ +      /:::::::::                 ヽ
 |i:¨ ̄ ,、    ̄¨.: i       |:::::::::::                    | 俺だけは特別だと思ってたのに・・・・・
 |i: /ヘ:\     :i|     _ |::.:. : :     ,,ノ:..:ヾ、       |
 .|i:〈`_、/´_`>.、  :i| ,.r:;'三ヽ:: :: . ー'"´   ,,、  ー‐‐,,     /`、
  |ii~~'、;'´`,'~,;~~~~:i|;イ:;:":::::::::::\;;。(ー一)   (ー一)。;:;:. /::::: ヽ
  |i`::;:':::::;::;:'::::::::::;.:i|`。⌒/7, -──〜 、(___人___,)"⌒;;::/::|:::::〆::\
  |i::::::;:':::::::::::::::::::::::i| ::::://,::::..    " ニニヽ、⌒ij~";_ ィ /:::::::|:::::〃::: : ヽ
─|`ー=====一 | ::::::|_|;;、:::.__y-ニニ'ー-ァ ゚‐─'───┴────── ‐

20 :メモ ◆vB.XojhkUE :2008/06/26(木) 23:01:08.04 ID:r0aZE17a0
説明しよう!同値撤退の節税対策とは。

たとえば君が今日スルガを40円で買って同値撤退したとしよう。
イートレでは買値が手数料分ということで1円切りあがる。
つまり41円で買って40円で売ったことになるのだ。
もし10万株買ってたとすると表記上10万×1円で10万円の損ということになる。
実際には手数料数千円くらいしか損してないんだけどな。

他の売買で100万勝ってると税金10万とられるが、
スルガで10万負けてることになってるから通算損益は90万円なので税金は9万で済む。
これで1万円の節税ができたというわけさ!

これはトヨタとか1ティックが小さい銘柄だと節税効果がでにくい。
あとイートレじゃなきゃダメなところがポイントな。わかったかな?

21 :名無しさん@お金いっぱい。:2008/06/27(金) 01:04:06.16 ID:+wKAtN/30
40円で買って41円で売ると、実際には利益出てるのに税金ナッスィングということでしょうか

22 :メモ ◆vB.XojhkUE :2008/06/27(金) 10:29:38.75 ID:Mqsa5K270
たぶん

23 :メモ ◆vB.XojhkUE :2008/06/27(金) 11:36:30.10 ID:Mqsa5K270
リビングコーポレーション 北尾が取締役退任

んー。
なぜ?なぜ今退任するのだ?
不動産事業は今が一番舵取りの難しいところと思料しますけど。
表向きは「SBIに専念する」ということになってますが。
どーせ平取締役なんだし、名前だけ取締役になってても実質相原社長に任せておけばいいだけのことで。
リビングコーポレーションの取締役会にも時々顔を出せばよいのではないかと思うのですが。
それに3月に取締役に選任(重任)されたばかりです。

素直に取れば、その取締役会に出る時間もないほど忙しいということですけど。
ひねくれて取れば、国内不動産事業への興味が失せたか相原社長と意見の相違でもあった(ので好きにしろ状態)か、
何かよくないニュースがあって、それが表出する前に将軍様に傷がつかないように退避したか...うーむ。

http://blog.livedoor.jp/yuraku_love/archives/51222771.html

24 :名無しさん@お金いっぱい。:2008/06/28(土) 00:49:52.81 ID:tcry96Hq0
メモ帳1冊目はもう使わないの?

25 :メモ ◆vB.XojhkUE :2008/06/28(土) 01:50:40.12 ID:g1aDHvrJ0
437KBだし
もういいかな〜と思って

26 :メモ ◆vB.XojhkUE :2008/06/28(土) 07:49:22.71 ID:g1aDHvrJ0
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/989102bf7264f31c4631e5688494100f
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/323d1d4d89497a7fbd763f9a1699770d

27 :メモ ◆vB.XojhkUE :2008/06/28(土) 07:55:03.35 ID:g1aDHvrJ0
LOVE ME COMPANY! 愛される会社の条件

僕は個人的には、企業がCSRに取り組むことについて懐疑的な考えを持っている。
CSRということを主張する人を見たときに、まず感じるのが偽善臭さであり、現実感がない痛さだったりする。
でも、本当はそういう偏った見方しかできない僕の方が痛いのかもしれない。
大学院の授業でも、企業の倫理観や企業の社会的な責任についての講義がとにかくしつこいほどある。
それだけ授業を受けてもなお、個人的にはCSRという考え方に馴染めない。
倫理的に正しいことをするのも、コンプライアンスも当たり前のことであるし、これらについては特に異論はない。
でも、CSRというコンセプトには、これらの当たり前のことを踏み越えたところまで積極的に取り組むことを抱合しているような印象がある。
営利を目的とする企業が本当にそこまでする必要があるのか?
また、企業がCSRに取り組むが故に利潤追求行為をオミットすることは、マーケットメカニズムが一部働かなくなることを意味するが、
本当に世の中の厚生を改善するのか?といった疑問が湧いてくる。

そんなCSRに懐疑的な僕でも「うーん」とうなってしまうのが、本書に出てくるいくつかの企業の事例だ。
J&Jやスターバックス、シャネル、アフラックといった企業の具体的な取り組みが採り上げられているが、
これらの企業に共通するのはCSR的な考え方、行動が組織のDNAレベルにまで浸透していて、当たり前のように実践されている点、
そして、それが競争力の源泉にまで昇華している点だ。CSRが経営の重石になっているのではなくて、
逆に、ブランドの価値を高め、従業員の能力をフルに引き出し、強力な競合優位性をもたらしているのだ。
これらのファクトを目の前に突きつけられると、僕でさえも、CSRに真正面から取り組むことの有効性を認めざるを得なくなる。
特に「我が信条(Our Credo)」を掲げ、130年近い歴史でずっと成長を続けてきたジョンソン・エンド・ジョンソンなど驚愕に値する。

本書の中には印象的なエピソード、言葉というのがたくさん出てくるのだが、個人的に一番印象に残っているのが次の部分だ。

創業からアフラックをずっと見てきた、現在会長兼CEOのダン・エイモスが、
これは米国、日本を含めてアフラックの全社的な大事な考え方としてもっているのですが、
「If you take care of the people, the people will take care of the business」といっています。
「人材を大切にすれば、その人材が必然的にビジネスの成功をもたらしていく」という考え方です。
非常に高いレベルで仕事をするときには、人材の教育・育成をしていかなければいけないですし、
ビジネスプロフェッショナルとしての活動を、私どもも社員に期待するわけです。

深読みしすぎかもしれないが、愛情の伴った厳しさのようなものを感じた。
組織で人を使いながら仕事をするときには、こういう考え方を心に留めておいたほうがいいだろう。
僕も、いつの日か従業員を雇うことになったときには思い出したい。

http://blog.acatsuki.com/archives/2008/06/love_me_company.php

28 :メモ ◆vB.XojhkUE :2008/06/28(土) 10:28:04.04 ID:g1aDHvrJ0
さて、前項では個別株がシステムトレードに向かないと言う話を書いた。

〜中略〜

@.銘柄を固定するのではなく、プロファイルを固定し、スクリーニングのプロセスを入れる。

A.ユニバース内のレラティブな情報に基づいて、相対的なリターンを追及するロジックを用いる。

まず、@だが、これはどういうことかと言うと、Aという銘柄のヒストリカルなデータに基づいてトレードシステムを開発し、
Aをトレードするのではなく、例えば「TopixSmallをユニバースとして、
PBRが1倍以下で、かつ20日移動平均線を上回っているもの」というプロファイルを持つ銘柄群のデータに基づいてトレードシステムを開発し、
毎回スクリーニングをかけながら「TopixSmallをユニバースとして、
PBRが1倍以下で、かつ20日移動平均線を上回っているもの」というプロファイルを持つ銘柄群をトレードするということなのである。
この方法であれば個別銘柄が時間と共に変化するという問題から解放され、常に一定のプロファイルを持った銘柄をトレードできることになる。

また、Aをおおざっぱに言うと例えば「Topix100をユニバースとして、3ヶ月ごとに、PBRが下位の5銘柄を買い、見合いに日経平均先物を売る」というようなアプローチである。
注意すべきは、ここで用いられているのはPBRの絶対的な水準ではなく、ユニバース内の相対的な順位であると言うことだ。
これによって、トレードにあたって依拠しているものが、特定のファクターの効果に移行し、銘柄固有の事情に依拠した安定のなさを解消することができるのである。

以上、ここに述べた2つのアプローチによって、私は長い間株式の個別銘柄をシステマティックな方法でトレードしてきた。 時間の試練にたえた手法であると確信している。

http://www.panrolling.com/systemtrade/tsuchiya.html

29 :メモ ◆vB.XojhkUE :2008/06/28(土) 11:45:55.07 ID:g1aDHvrJ0
〜略〜

第2次世界大戦のころから日本製の兵器は何かに特化したものを多品種生産するという特徴があった。
これは日本人のきめ細やかさとか、研究熱心さを反映したものだと思うが、これらの兵器は、利用できる範囲が狭く、
その目的とした使われかた以外の利用をされると能力を発揮できないことがまま見られた。

例えばソ連と戦うことを前提に、亜寒帯での利用に適したように開発された陸軍の武器は、
亜熱帯の東南アジアでは錆に悩まされたし、軽戦闘機であるゼロ戦は、当然に重い爆弾を抱えた特攻などに向いているはずもなかった。
しかも、これらの兵器は使用するのにある程度の習得期間が必要だったり、高度な技術が必要だったりした。
これでは実際に稼動できる量は限られてしまう。 これに対し、アメリカ軍はある兵器に関し当初は試行錯誤していろいろな試作品を作るものの、
そこそこのものができると、あとはそれを大量生産する方向にいく。 この方針は銃でも駆逐艦でも戦闘機でも潜水艦でもそうである。

戦争とは結局兵站が重要であり、物量で押していくためには、高度な機能を持った道具を多品種生産するのではなく、
汎用性が高いことを重視して大量生産するほうが効率が良いと考えたためである。
簡単で画一的な兵器は誰にでも容易に扱うことができ、結果として稼動できる量を増大させる。
この思想は1機のゼロ戦にたいし、2機のF4Fワイルドキャットをあててたたくという戦法にも現れている。
こうして道具として相当シビアな条件が課される兵器は、値段はともかく実用性ではアメリカ製が好まれることが多くなった。
兵站における日米の思想の優劣は明らかである。

さて、話を元に戻そう。 トレードシステムの検証を行なうのにExcelを奨める理由は、
これが最低限の機能をもったツールで、かつ汎用性が高いからだ。
大勢の人が使っていればそれを取り巻く世界に蓄積された知見を簡単に利用することができる。
時間と労力、そして才能が限られている身にすればありがたいことである。

http://www.panrolling.com/systemtrade/tsuchiya.html

30 :メモ ◆vB.XojhkUE :2008/06/28(土) 16:49:17.48 ID:g1aDHvrJ0
トレードにおいて必要とされるメンタル面での資質とはなんだろう? トレードがスポーツその他と異なっているのは、それがほとんど受動的であるということだ。
損益は自分のとったポジションとマーケットの動きによって決まるが、後者に関してはトレーダにはいかんともすることが出来ない。
トレードは多くのスポーツと異なり、自分の動きで相手を牽制することすら出来ないのである。
だからトレードにおいては強靭なメンタルは必ずしも必要ない。 重要なのはむしろ一連の流れの中で、常に自己の精神を冷静に保つこと、
そしてアゲインストのときでも希望を失わずにルールに従ってトレードを継続する、楽観的なものの見方であると思う。
これらは、そのおかれた身が受動的であるという点においても、漂流者のそれに近いと思う。

さて、海で漂流した人間の死因で一番多いのはなんだろう? 一般的に考えればそれは餓えや寒さによる、餓死、凍死といったところだろう。
だが、事実はそうではないらしいのだ。 漂流者の死因で一番多いのは自殺だそうだ。
しかも水や備品が十分にある場合においても、助からないかもしれないという不安に押しつぶされ、絶望しての自死が多いと言う。
漂流と言う特異な場においては、真に個々人の人間性が試されることになると思うが、生きて帰るために必要な条件はどうやらいつも楽観的であることであることらしい。

1983年7月15日、福地裕文氏は新島沖でダイビングをしていた。 海中でちょっとしたトラブルがあり、
予定外のところへ浮上。 彼を拾い上げてくれるはずの船は見当たらない。 あたりは一面の海。
こうして、56時間、230kmにおよぶたった一人の漂流が始まった。 福地氏の場合は一般の漂流と比べてもさらに条件は過酷である。
ボートやラフトに乗っている場合と違い、身一つでの漂流。 水も食料も、もちろん無線機やミラーの類もない状態で、
彼の身体は黒潮に押し流されて太平洋をものすごい速さで流されていった。

もし、これが私であれば、初日の日が暮れるまでに気が狂っているに違いない(泣)。
小出康太郎氏の手による「ダイバー漂流・極限の230キロ」はこの福地氏の漂流をえがいたドキュメンタリーである。
これを読むと、福地氏が生還できた理由のなかでもっとも大きいのは、氏の楽観的な性格であったとわかる。
もちろん、漂流中天候が比較的穏やかだったこと、当時としては最新式の装備である浮力器を持っていたこと、
なにより最終的に日本の漁船が彼を見つけてくれたことは非常に大きい。 だが、これらは、いったん漂流が始まってしまえば、
彼自身がコントロールできる事柄ではない。 漂流者ができることは非常に限られているのだ。
福地氏のケースでは、99%助からないという状況下で、それでもなお生還する可能性にかけるならば、気が狂うわけにはいかない。
そして正気を保つためには「楽観的でいること」以外にできることはないのである。 人の性格が生死を分ける例を、そこに見ることができる。

さて、別の機会にも書いたが、私は相場で損をして気が狂ってしまった人間を見たことがある。
それは自分の力量に比して分不相応なレバレッジとむちゃな張り方をしたのが原因だった。
それだけでなく、まだ傷が浅く助かる段階ですら、当人は周囲の助言には全く耳を貸さず、最後は文字通り薬中の患者のようになって自滅していった。

これはもともと通る道を間違えた例だが、本人はその間大変な心労を抱えただろう。
しかし、彼の苦悩も漂流者のそれに比べれば、たかが知れたものだ。
一般的にトレードにおいてはまっとうなやり方をしていたとしてもドローダウンの時期はかならずあるし、
そのときに冷静でいるためのメンタル管理は大変だと言うが、どう転がったって「生き死に」の問題ではない。
トレードそのもので死ぬことはないのだ。 ましてや一時的なドローダウンなど、儲けるためのコストに過ぎない。
こう考えれば、損したからといって神妙な面持ちになったり、苦しそうな表情でいることのバカバカしさがわかるだろう。
将棋の米長元名人によれば、勝利の女神に気に入られるための条件は2つだけであると言う。
それは、@自分だけが正しいとは思わないこと。
そしてA常に笑いを忘れないこと、だそうである。
独善的な考え方を捨て、かつ常に楽観的でいられるようにしたい。

http://www.panrolling.com/systemtrade/tsuchiya.html

31 :メモ ◆vB.XojhkUE :2008/06/29(日) 15:38:20.40 ID:0zkT3z/H0
・会話上手のための鉄則【話すな、引き出せ】

・三つの合言葉
 STEP1「敬意を払え!」
  1-a 相手の話を最後まで聞け
  1-b 否定から入るな
  1-c 決め付けるな

 STEP2「ずっと相手のターン!」
  2-a 疑問文で返そう
  2-b what where who why when how を使おう
  2-c 教わろう

 STEP3「反応役になれ!」
  3-a 相槌ははっきりと
  3-b 相手が望む反応をしよう
  3-c 表情を変えよう 声量、声のスピード、しぐさ、声色、姿勢も利用しよう

【会話が続かなくても構わないと考えよう】
 別に黙っていても死にはしません。寡黙マジオススメ。
 うまくいかなくても、うまくいってもキニシナイ!

【会話にはテクニックが必要?】
 テクニックなんか不要です!素直なリアクションを心がけた方がなんぼかマシです。

【会話にはトピックやモチネタが必要?】
 まずは誠実な相槌を打てるようになろう。トピックの準備はその後でもおk。


32 :名無しさん@お金いっぱい。:2008/06/29(日) 21:11:11.20 ID:5x8uWvp20
ヒンデンブルグの定義

・NYSE市場の52週高値更新銘柄数と52週安値更新銘柄数とがNYSE銘柄数の2.2%より大きい
・上記数字の小さい方が75より大きいこと
・NYSE市場の10週移動平均が上昇していること
・McClellan Oscillatorがマイナスであること
・52週最高値数は52週最安値数の2倍を越えないこと

・Hindenburg Omenが観測されてから41日以内に5%以上の下落が発生した確率は77%
・パニック的な売りが発生したのは41%
・暴落したのは24%
・1985年以降のNYSE市場暴落場面の前には必ずHindenburg Omenが観測されている


http://d.hatena.ne.jp/masayang/20080619/1213824865
http://plaza.rakuten.co.jp/555yj/diary/20080622/
http://strange7.com/article/101332010.html

33 :メモ ◆vB.XojhkUE :2008/07/03(木) 00:08:06.03 ID:VNhdCEjG0
h

45 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)