5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

最も史実に忠実な大河は?史実に反した大河は?

1 :日曜8時の名無しさん:2008/03/19(水) 09:48:01.11 ID:4aco28SO
ドラマだからあまりこだわらなくていいのだろうけど
やはり気になる。
史実を無視した大河はどれかな?逆に忠実な大河はどれだろう?

2 :日曜8時の名無しさん:2008/03/19(水) 09:55:08.45 ID:vPr7qfg5
史実忠実 …葵
史実無視 …武蔵

3 :日曜8時の名無しさん:2008/03/19(水) 10:53:06.93 ID:BvCnep6E

 ー 終了 ー 


4 :日曜8時の名無しさん:2008/03/19(水) 11:07:12.75 ID:Ax9HJXwN
ジェームズ作品や新選組や翔如は割と忠実だったけど
だからと言って面白いとはおもわなかった。
今年は史実に忠実でもなく面白くもないが。

5 :日曜8時の名無しさん:2008/03/19(水) 11:15:48.88 ID:x129s9Jo
>ジェームズ作品や新選組や翔如は割と忠実

は?

6 :日曜8時の名無しさん:2008/03/19(水) 11:51:05.39 ID:upkV3d0Z
>>1にもあるが、ドラマや小説の評価ポイントは、どれだけ史実に忠実か否か、ではないと思う。

史実を踏まえた上で何かを表現するために細部を脚色するのは、
ドラマや小説の醍醐味でもあると思う。

ドラマや小説での評価ポイントは、史実を偽ってまで表現したいものが「何」であるかという点と
いかにみる者を作品世界に引き込み、気持ちよく騙せるかという点だと思う。

スレの主旨とはズレるが、そういう意味で評価できたのは

@風と雲と虹と。
A竹中直人主演の秀吉。

評価できないのは
功名が辻、新撰組、トップは篤姫。

7 :日曜8時の名無しさん:2008/03/19(水) 13:55:40.07 ID:IheXusFm
>ドラマや小説での評価ポイントは、史実を偽ってまで表現したいものが「何」であるかという点と
>いかにみる者を作品世界に引き込み、気持ちよく騙せるかという点だと思う。

草燃えるも入れていただきたい。

8 :日曜8時の名無しさん:2008/03/19(水) 18:37:13.29 ID:cPKkPv36
もっとも史実に忠実でないうえに、
ドラマとしてもつまらない超失敗作は
風鈴。 軍師としては架空の主人公、実名もわからん両津姫、
などを配して、低レベルなドラマを敢えて造ったようなもの

9 :日曜8時の名無しさん:2008/03/19(水) 18:39:54.32 ID:vPr7qfg5
>>8
姫は史実じゃなくて原作にあるんだろ

10 :日曜8時の名無しさん:2008/03/19(水) 18:46:42.96 ID:nyOBrENv
まあ風鈴は北条や関東上杉を出しただけの価値はあるけどなあ

11 :日曜8時の名無しさん:2008/03/19(水) 18:59:34.29 ID:FwrdqZ69
基本的に忠臣蔵を扱った大河は
史実に忠実な出来だよね

12 :日曜8時の名無しさん:2008/03/19(水) 22:00:30.72 ID:O+RZief9
史実なんてもんはだいたい勝者がいいように捏造してんだよ。敗れた者の記録や真実なんて滅多に伝えられないし伝えるものもいない。

13 :日曜8時の名無しさん:2008/03/20(木) 02:06:49.40 ID:CEUmW7tx
>>8
>もっとも史実に忠実でないうえに、
>ドラマとしてもつまらない超失敗作
あんまし、篤姫を馬鹿にするなよ。

>>11
釣りだよね?

14 :日曜8時の名無しさん:2008/03/22(土) 08:28:56.28 ID:1lkM4Btg
age

15 :日曜8時の名無しさん:2008/03/22(土) 10:25:44.24 ID:DeZ6azbl
長年の大河オタなら「篤姫」は史実無視でダントツだろう。ドラマの態もなしていないありさまだ。
「獅子の時代」のように架空のキャラでも、見事にその時代の世相や空気や匂いを感じさせるドラマもある。
史実を軸にすえていかにうまく料理して嘘を本当らしく、自然に視聴者を物語の世界に引き込むかが勝負だと思う。
風林火山は芥川賞作家の井上靖の有名な勘助と由布姫の物語を軸に、史実にかなり神経を使って脚本を書いていた。
創作部分は歴史に影響を与えない程度にとどめてかなり良心的。戦国時代の匂いがする作品。

「風と雲と虹」とはズボンに沓とスカートと珍しい平安前期の風俗が描かれ、鎧は時代考証と違っていたが、
貴族VS武士とか当時の都の雰囲気が出ていて良かった。
「太平記」も落首に歌われるような中世動乱の混沌とした社会情勢を描いており良かった。2人の天皇が争い史実的には難しい時代だったと思う。
「北条時宗」は時輔を蘇らしたり、史実無視だが、壱岐・対馬で民衆が異国の軍隊に虐殺されたり、蒙古軍の鎧や投石器や弓など
目新しい戦いが見れて良かった。

16 :日曜8時の名無しさん:2008/03/22(土) 11:02:41.63 ID:EXVmNpxi
篤姫は史実無視しがちだがダントツというわけではないだろう。
娯楽小説ベースの武蔵や
古典などの引用が目立つ源平物
あと忠臣蔵や時宗の方が酷い気がする。

17 :日曜8時の名無しさん:2008/03/22(土) 13:24:21.80 ID:Ue/S3qO+
要は吉良=団塊、浅野=ゆとり
ってことだよね?>忠臣蔵

18 :日曜8時の名無しさん:2008/03/22(土) 13:27:07.82 ID:+wSLkSOf
実は新撰組!が結構忠実

19 :日曜8時の名無しさん:2008/03/22(土) 13:44:28.73 ID:sChC43/E
昔の安土桃山物の大河でも
武将が時代錯誤な大袖糸威の甲冑を着込んでたり、おかしい部分も一杯あるよ。
{黒澤映画は小袖の当世具足だったりするのにな}
>>18
ダンダラは後々黒にフォームチェンジするのよ。
そこには触れてなかったよな

20 :日曜8時の名無しさん:2008/03/22(土) 14:25:19.87 ID:ZEuZT/Qu
 篤姫の時代考証は原口泉という鹿児島大学の教授がなさっています。
NHKの番組にもよく出演されていますね。

 ファンクラブもあるという、さわやかな先生です。


21 :日曜8時の名無しさん:2008/03/22(土) 15:53:38.27 ID:qWeWdTtL
翔ぶが如くの時代考証も原口先生だよ

22 :日曜8時の名無しさん:2008/03/22(土) 16:54:52.22 ID:sRGhDr1d
大河ドラマの時代考証っていうのは、けなされるためにあるようなところがある。
故稲垣史生さんも自分が担当していない年にはあれこれ文句をつけた雑誌連載を持っていた。


23 :日曜8時の名無しさん:2008/03/22(土) 20:26:35.50 ID:ZEMmQhvZ
>>22
>故稲垣史生さんも自分が担当していない年にはあれこれ文句をつけた雑誌連載を持っていた。

いやな奴だなあw

24 :日曜8時の名無しさん:2008/03/22(土) 20:59:31.40 ID:kJYG5Seh
>>22
ああ、昔の歴史読本にそんなコーナーがあったな
まあ、歴史読本自体が作家に好きに書かせたりなんでもあり的な雑誌ではあったけど
田岡元帥のヨタ話とか歴史4コマ漫画とかは割と読んでた

25 :日曜8時の名無しさん:2008/03/22(土) 22:01:58.33 ID:s29R5J8h
>>22
北条時宗の時代考証やった人(赤マフラーを許した人な)の授業とってたが
「武蔵国」って黒板に書いて「今これを『むさしこく』って読んだ奴は死んじゃえ!」
とか結構面白かったな

26 :日曜8時の名無しさん:2008/03/23(日) 00:44:51.67 ID:3NN4nDLb
馬鹿みたい

27 :日曜8時の名無しさん:2008/03/23(日) 08:51:15.52 ID:zMzxVpa3
>>20-21
ひどい劣化ぶりなんだが何かあったのか?

28 :日曜8時の名無しさん:2008/03/23(日) 17:15:43.14 ID:pxA1Ytwi
>>27
もともと時代考証なんてのは名誉職で
何か文句を言われた時の保険のようなもの。
実質、何も仕事していないよ。


29 :日曜8時の名無しさん:2008/03/23(日) 21:18:06.61 ID:lr4i5YJb
義経での、御堂がドッカーンのシーンが
史実と反するというのは、本当なんですか?

30 :日曜8時の名無しさん:2008/03/23(日) 22:29:05.51 ID:CKLkN9CF
むしろ何故史実と思ったのか聞きたいwww

31 :日曜8時の名無しさん:2008/03/24(月) 00:11:50.68 ID:pEFYslBU
ワロタ

32 :日曜8時の名無しさん:2008/03/25(火) 13:59:17.67 ID:xq8QSDv8
エー!「翔ぶが如く」も原口なの?
凄まじい劣化ぶりだな。名前だけ貸してる名誉職か?
「義経」も大学の史実板でえらい叩かれてのち完全スルーだったけど。
時代考証は昔は研究が進んでなかったから、黒澤の映画でもおかしなところはあるが
わざと無視してるわけでないし、当時の知識で良心的に真面目に作っていた。
NHKは知ってて無視してるから始末が悪い。



33 :日曜8時の名無しさん:2008/03/25(火) 14:45:50.56 ID:o8IEVZxh
史実と史伝の違いが分からない馬鹿があまりにも多すぎる

34 :日曜8時の名無しさん:2008/03/25(火) 18:09:05.05 ID:roIdmKKK
てゆーか脳内史実な

35 :日曜8時の名無しさん:2008/03/26(水) 00:37:11.38 ID:PXD5I/52
史実とは違い実在した人と言いがたい人が主役でも黄金の日々や獅子の時代は
面白かったと思う。

36 :日曜8時の名無しさん:2008/03/26(水) 01:45:38.03 ID:OcSYashs
うちは子供の頃から、
「歴史に題材をとったお話、ドラマと思いなさい」と
親に言われながら大河を見ていました。

「ほんとのことを知りたかったら、学者さんの書いた本を
たくさん読んで自分で判断してみなさい」とも。

37 :日曜8時の名無しさん:2008/03/26(水) 01:53:10.40 ID:f0rsWxgM
>>28
三谷が変なシーンを描くたびに
時代考証の人たちが有り得るかどうか調べて
大変だったというエピソードがなかったっけ?


38 :日曜8時の名無しさん:2008/03/26(水) 13:13:45.54 ID:KI8rgoxH
「北条時宗」は、当時仕事が忙しく面倒だったんで、
さいとうたかおの漫画しか読んでないがorz
時輔が赤マフラーで生きていたぞ。



39 :日曜8時の名無しさん:2008/03/28(金) 19:57:29.21 ID:D8sKPcs7
風林火山なんか史実とは違うけどそれなりに楽しめた。

40 :日曜8時の名無しさん:2008/03/28(金) 20:16:20.50 ID:NYWeYKfE
峠の群像
史実に忠実すぎて、忠臣蔵好きの人には評判悪かったなー
しかし、当時何にも知らなかった自分には面白かった

41 :日曜8時の名無しさん:2008/03/28(金) 22:00:52.54 ID:ZjRwbsQA
史実にこだわるぐらいなら、同じ時代や地域ばっかやってないで
たまには違う時代や地域の「史実」とやらをやってほしいな。

42 :日曜8時の名無しさん:2008/03/28(金) 22:03:55.13 ID:HFwJmkYR
>>39
違いすぎだろw

43 :日曜8時の名無しさん:2008/03/28(金) 23:50:39.20 ID:ZUZDLce7
いいじゃん別に

44 :日曜8時の名無しさん:2008/03/29(土) 00:31:21.70 ID:knOJESZa
史実などというものは、この世に無い。

45 :日曜8時の名無しさん:2008/03/29(土) 03:02:15.90 ID:QB1mDU9x
どうせこの板で史実史実言ってる奴の大半は講談なんかの受け売りだからね。

46 :日曜8時の名無しさん:2008/03/29(土) 03:07:02.95 ID:i1etI2ha
大河ではないが、一番史実に忠実なのはスターウォーズだと思う。

47 :日曜8時の名無しさん:2008/03/29(土) 04:01:22.62 ID:tGpQIv5X
原作に近いならわかるが
史実に近いてのもな
史実に近い原作があって
それに近いということかな?

48 :日曜8時の名無しさん:2008/03/29(土) 04:05:03.47 ID:tGpQIv5X
峠の群像
史実に近いのん?
じゃー、天野屋リヘイは男でござる!
はないのか。
それがないのもどうかな

49 :日曜8時の名無しさん:2008/03/29(土) 05:25:45.58 ID:CUOJPhg+
史実とか原作以前に,時代の風景というものを無視しちゃいかんだろ。
身分の高いものが外出のときは供を連れる,躾の行き届いた女性は
大口開けて笑ったりしない,家長である父親の小言を無視して長男が
行動することなどあり得ない,武士は門を出てから振り返ったりしない
など,ちょっと前の年寄りに聞けば誰でも知ってる話だろうに。>田豚

50 :日曜8時の名無しさん:2008/03/29(土) 12:56:09.78 ID:4ChQswqB
てか既婚女はお歯黒しろよ

51 :日曜8時の名無しさん:2008/03/29(土) 17:35:09.27 ID:7oo52H4q
顔つきがどうみても現代風

52 :日曜8時の名無しさん:2008/03/29(土) 18:48:13.28 ID:SP4W5NKj
昔風の顔立ちの人ば選んで、
中からまた、なるべく背丈の小さか人に出てもらえばよかでっしゅ。

53 :日曜8時の名無しさん:2008/03/29(土) 20:32:30.75 ID:be7edHCx
「花の乱」だっけ?題名忘れたけど,日野富子が題材のドラマ
ほとんど見ていなかったけれど,
日野富子の歴史的人物としてのとらえが変だったような…
いいところがまったくないと思っていたので,史実とはかなりかけ離れた富子像だと感じた。

54 :日曜8時の名無しさん:2008/03/29(土) 20:44:23.18 ID:lBbmLl+q
>>53
そもそも富子本人じゃない別人だし

55 :日曜8時の名無しさん:2008/03/29(土) 22:41:53.59 ID:Q7qWmp/y
いやいや、それもまた富子なのですよ(日野勝光)

56 :日曜8時の名無しさん:2008/03/29(土) 22:58:53.40 ID:uItkQJ0e
「花の乱」は初回の始まり方からしてファンタジーなんです。

57 :日曜8時の名無しさん:2008/03/29(土) 23:53:10.51 ID:j3Q7AIWD
散々語られてるが、完璧な史実等というものはない。

やったやらないの水掛け論で、まして当時の人物の心情等は
百人百通りの解釈があると思う。
現在史実といわれてるものも、誰に聞いても同じ答えが返ってくる確実なものから
人毎に解釈が違うものまで様々ある。

しかし「日本史の常識や一般常識がある日本人」の内、
少なくとも過半数が見て違和感を感じるようなドラマは、
史実云々以前にエンターテイメントとして成立していない。
つまり、対価を出して購う商品のレベルにすら達していない。

大河はもちろん、ドラマ以前の代物。

58 :日曜8時の名無しさん:2008/03/30(日) 19:02:26.14 ID:h6reDFT/
花の乱
 今のおちゃらけ大河に比べたら重厚だったよ


59 :日曜8時の名無しさん:2008/03/30(日) 19:55:35.39 ID:IdWhVJ04
ジェームス脚本のがけっこう「記録」には忠実。

60 :日曜8時の名無しさん:2008/03/30(日) 21:12:57.05 ID:ZmwHKu7V
足利義政 椿の庄に向かう途中、橋の上で野垂れ死に
足利義尚 近江遠征中、単騎敵陣に切り込むも矢を数本受け戦死
足利義勝 義政の不注意で落馬、そのまま死亡
細川勝元 龍安寺の石庭で餓死
山名宗全 和平工作に失敗、責任を取って切腹
畠山義就 伊吹三郎に就寝中を襲われ暗殺
畠山政長 細川政元の策略に嵌り頓死
日野勝光 日野富子によって毒殺
日野重子 今参局の怨霊にとりつかれ狂い死に
日野有光 山名宗全の兵に取り囲まれ切腹
日野重政 嘉吉の乱で斬殺
一休宗純 京に向かう途中、野垂れ死に 

他にもあるか?

61 :日曜8時の名無しさん:2008/03/30(日) 21:56:17.69 ID:8Sdq9zLp
>>59
その記録を軸足の取れた筋の通ったドラマとして構成するのが脚本の責務なんだが、
記録に依存し過ぎて構成が退屈な年表ドラマに陥ったのが「葵徳川」。
まぁそもそもコンセプトからして失敗だったろうし
メインキャラを為政者のみに限定するのも、舞台が室内に限定されたものとなってツマランということが分かったが。

62 :日曜8時の名無しさん:2008/03/31(月) 00:40:40.23 ID:SsmBs1/J
ちょいと篤姫の史実無視ネタをまとめてくらはい。

63 :日曜8時の名無しさん:2008/03/31(月) 08:28:06.11 ID:0Ozainpn
桜島や富士山に叫んだことはない

64 :日曜8時の名無しさん:2008/03/31(月) 11:19:51.87 ID:bdP9lBN6
忠敬は側室腹
篤姫の妹たちがぜんぜん出てこない
菊本、しのは架空の人
薩摩時代の篤姫の来ていた服に明治になってから作られた柄があった
モリソン号の人と接触はない
ジョン万次郎との接触はない
薩摩で篤姫を指導したのは幾島ではなく小の島
江戸行きは陸路のみ
英姫付きの老女は最低2名
幾島が篤姫付きになったのは江戸へ入ってしばらくしてから


65 :日曜8時の名無しさん:2008/03/31(月) 13:30:00.94 ID:OlMvFCJq
太平記は結構しっかりしていたと思うが

66 :日曜8時の名無しさん:2008/03/31(月) 13:44:39.78 ID:iXFcoXnj
花の乱は日野富子が実は盗賊の子と言うのがぶっ飛んでる。

67 :日曜8時の名無しさん:2008/03/31(月) 15:39:02.33 ID:5Ttoz/ly
史実というか、原作にも反したのは北条時宗

68 :日曜8時の名無しさん:2008/03/31(月) 16:05:38.17 ID:bdP9lBN6
>>67
あれは原作とは言えない。
台本と同時進行だからな。ノベライズというべきだろう。

69 :日曜8時の名無しさん:2008/03/31(月) 16:59:09.84 ID:8gJNeXEn
時宗は赤マフラーよりもむしろ元軍助けたことのが問題だろJK
あそこは鎌倉武士達が反撃にでる燃えまくりの展開なのに。

70 :日曜8時の名無しさん:2008/03/31(月) 17:38:53.13 ID:A1UcwuLB
主人公とヒロインの存在自体が史実無視してた風林最強

71 :日曜8時の名無しさん:2008/03/31(月) 20:41:19.06 ID:SsmBs1/J
>64
新しい脇役の創作と家族や家臣の省略は古今東西大河に限らず歴史ものでは
めずらしいことではないのではないのでまぁ許せるとして
旅程やキャラの登場時期も同様とすると

モリソン号の人と接触はない
ジョン万次郎との接触はない
薩摩で篤姫を指導したのは幾島ではなく小の島

致命的なのはこのあたりくらいですか?

72 :日曜8時の名無しさん:2008/03/31(月) 21:18:04.78 ID:8gMNLshG
>>70
このスレでこういうこと言うのってスレ違いかもだけど
井上靖は「風林火山」を歴史を舞台にした人間ロマンとして書いている。

他の井上筆の歴史小説と比較して、娯楽性を重視した
創作性の強い作であるのは知られていること。

73 :日曜8時の名無しさん:2008/04/01(火) 00:28:30.30 ID:R5FPfuWj
「平義経」と揶揄されたおととしの大河が
話題に上らないのが不思議

74 :日曜8時の名無しさん:2008/04/01(火) 00:36:31.68 ID:oiBc9NjQ
義経は突っ込みどころが多過ぎたからな
あの最悪の静とかw

75 :日曜8時の名無しさん:2008/04/01(火) 01:56:25.09 ID:x/bP9R7M
へふぇ〜義経で史実を持ち出すか、、、関心通り越して単なるヴァカだな。
たぶんゆとり世代だな

76 :日曜8時の名無しさん:2008/04/01(火) 08:24:32.08 ID:Jd4YYtY+
「義経」という存在の史料がもともと少ないし
死んだとたん(生きてるうちからかも)の伝説や異説が
どんどん一人歩きを始めている人物なので、
「義経の物語」自体にことさら史実を要求するもんじゃないと思う。

77 :日曜8時の名無しさん:2008/04/01(火) 11:00:27.83 ID:L78oqfy3
篤姫で史実史実とうるさい連中が意外と静かだな。






脇役が創作とかいってる奴頭大丈夫か?

78 :日曜8時の名無しさん:2008/04/01(火) 11:38:52.09 ID:qRe/zWzn
篤姫、大奥編の脇役は原作に出てくる人物以外は史実どおりらしいよ。
むしろ原作の人物のほうが創作。重野とか。

79 :日曜8時の名無しさん:2008/04/01(火) 12:28:58.38 ID:p4Ax9EaO
やっぱりどうでもいいような議論が炸裂しているなこのスレ

80 :日曜8時の名無しさん:2008/04/01(火) 13:02:54.31 ID:R5FPfuWj
>>76
義経の伝説はどうこう言う気はないよ
そこじゃなくて
女一人で京と平泉を往復とか
安徳天皇の赤マフラー化とか
そんなのもツッコミ入れたらダメなん?

81 :日曜8時の名無しさん:2008/04/01(火) 15:39:26.71 ID:qbCwtpqz
誰にでもわかる明らかな創作部分を史実に反していると突っ込むのは
かなり大人げないと思うな。

82 :日曜8時の名無しさん:2008/04/01(火) 17:27:28.12 ID:L78oqfy3
史実にないことは何やってもいいってのが歴史小説、歴史ドラマ、歴史マンガ、歴史映画
のルールだろ。

史書を編纂しているわけじゃなし突っ込みどころもないような、「くだらないほどにつまらない」
ものを作られてもねぇ

83 :日曜8時の名無しさん:2008/04/01(火) 18:17:00.91 ID:3ZxzyyIR
さらになにやってもいいってのが時代小説、時代劇、時代物マンガ、時代劇映画のルールだ。

このへんになると江戸時代にカウンターつきの店構えした居酒屋があるような「くだらないほどおもしろい」ものがつくられていて最高だ。



84 :日曜8時の名無しさん:2008/04/01(火) 18:42:56.02 ID:qRe/zWzn
そこまで行くと大河ドラマというより水曜・金曜・土曜時代劇枠の世界だな

85 :日曜8時の名無しさん:2008/04/01(火) 18:52:07.72 ID:Jd4YYtY+
>>80
「来ちゃったよ」のうつぼの行動なんてどうでもw
上戸にあてて、村上源三の小説から急遽拝借した、
宮尾「義経」にも登場しない視点の定まらない人物だし。
混乱の世なのに、女が一人であちこちに出没なんて
もう他の過去大河にもたくさん出てくるのでもう見慣れた。

それと安徳天皇女子説だの生存説は昔からあるもので
そういう設定の歌舞伎(代表は「義経千本桜」は有名)やら
安徳帝生存を描いた稗史小説は江戸時代からあるもんだな。
主演はジャニだし、「義経」に関してはとくに
史実wなんて言うのも恥ずかしい。お堂ドッカーンで終了だしね。

86 :日曜8時の名無しさん:2008/04/01(火) 23:14:26.79 ID:SQfNENbb
そもそも滝沢みたいなキャラは平安時代にはいない
というぐらい不毛な突っ込みばっかだなw

87 :日曜8時の名無しさん:2008/04/02(水) 01:01:28.04 ID:HecRhl4R
リアリティの問題なのです
「うそ」は別にかまわないが
「うそくさい」のはダメ

88 :日曜8時の名無しさん:2008/04/02(水) 07:35:41.47 ID:0+ZbOVwX
嘘をつくなら信じたくなるような嘘をつけということ

89 :日曜8時の名無しさん:2008/04/02(水) 08:24:31.51 ID:J44iKJ0C
>>87-88
禿同
だがそれについて語るのはスレの趣旨と違うようだ

90 :日曜8時の名無しさん:2008/04/02(水) 09:34:28.55 ID:7QooGBDA
>>87-89
スレと違うっていうかすべての映像作品や小説に当てはまることじゃん
持ち出されてもねぇ。ほとんど思考停止だよ

91 :日曜8時の名無しさん:2008/04/02(水) 10:35:48.70 ID:xpDEB7yR
>>80
あほくさ・・・

92 :日曜8時の名無しさん:2008/04/02(水) 19:52:40.46 ID:JvXC+LHi
>>88
確かに大河ドラマでやったから、史実だと思い込まれていたこともあるな。

濃姫本能寺討死にとか。

93 :日曜8時の名無しさん:2008/04/04(金) 16:58:46.54 ID:6sM3y69+
司馬遼太郎の小説に描かれていたこともフィクションが事実と
勘違いされているところがあるようです。

94 :1111111111:2008/04/04(金) 18:09:35.69 ID:FkcI/t9I
 信長 KING OF ZIPANG が一番史実に忠実じゃね?

 何せフロイスの日本史に基づいてるからな(後半特に)

 まあ随天はアリエナスだけど当時ああういう神がかりがいた
 ことは時代的には事実だが


95 :日曜8時の名無しさん:2008/04/04(金) 20:12:08.79 ID:kGng2TGD
その随天がいちばん面白かったのだよ。


96 :日曜8時の名無しさん:2008/04/04(金) 20:33:56.85 ID:un7J1kW5
義経の仇敵・清盛を身内にしてどないするねん!
赤穂浪士は吉良と仲良しでした、ってよりタチ悪いぞ
と、いうわけで義経が一番最悪だろ

97 :日曜8時の名無しさん:2008/04/04(金) 22:45:48.44 ID:YRxZ5coW
娯楽時代劇を観て史実だ本物らしくとか言ってる時点で
大ヴァカだよね!

98 :日曜8時の名無しさん:2008/04/04(金) 22:58:28.75 ID:9sWEfjOI
そういう人には娯楽じゃなくてあら捜しのタネなんでしょ

99 :日曜8時の名無しさん:2008/04/04(金) 23:05:25.48 ID:YRxZ5coW
そうか〜つっ込みやってるんですね。

100 :日曜8時の名無しさん:2008/04/04(金) 23:46:15.69 ID:/IBDPJHi
忠臣蔵は「峠の群像」がやはり史実に近いらしいね
大石が吉良を見た時は既に絶命していたらしいから…

101 :日曜8時の名無しさん:2008/04/05(土) 00:25:31.85 ID:RFCxvdxI
>>94
そのフロイスの日本史自体あまり信用できないというのが
最近の学会の見解。

三傑系のドラマで特に信長の場合、ほぼ偽書の武功が幅を効かせている
内容のものは史実に反する部分もかなり多い。
特に奥向き(ex生駒正妻格上げ説)、秀吉の墨俣城話など。
あと、比叡山焼き討ちも発掘の結果実際はもっと小規模と言われているし
明智光秀も神仏を敬ってというのには一部疑問符あり。

102 :日曜8時の名無しさん:2008/04/05(土) 01:42:45.91 ID:vptI0/fy
信長の妻妾、奥向きの話なんてドラマごとに色々で構わないじゃん。
主役の描き方や作風も違うんだから、正室側室の脚色も色々で結構。
でないと、作り直す甲斐もない。

自分は武功夜話は「私家小説」と認定してるけどさ、
生駒氏の正妻格上げなんて設定していないドラマもあるし、
墨俣城の築城エピなんて、実態以前に三傑ドラマの所詮お約束。
敦盛の舞だって、本能寺での台詞だって、信忠スルーだって
みーんな所詮創作ドラマなんだから、何でもいいんだよ。
「実録 真実の信長」なんて作れっこないんだから。

103 :日曜8時の名無しさん:2008/04/05(土) 07:09:02.73 ID:VMJ760I4
戦国時代は史料も少ないし、ルイス・フロイスの「日本史」は大航海時代の日本が描かれていて
外国人が書いたものとして面白く読んだ。
信長の史実考証に「パードレ・ルイス・フロイス文書の研究」で文学博士をとり、ルイス・フロイスの全訳をして、
ポルトガル政府から、C・O・ドン・エンリケ王子勲章を受けた松田毅一氏がかかわってるから、バテレンから見た信長に
なったんだろう。
彼の著作は「黄金のゴア盛衰記」とか別な視点から日本を見ていておもしろかった。

城山三郎の原作の大河「黄金の日日」も大航海時代の堺の商人が主人公で、
支配者の武将側からでなく庶民側から、国内だけでなく外国からの違った切り口の戦国史が見られておもしろかった。

作品によっていろいろなテーマのさまざまな信長像が描かれるけど、私生活は史料も少なく想像するしかないし
その時代の空気や匂いを感じさせてくれて、考えさせられドラマとして面白ければいいと思う。
ビジュアル的には高橋幸治で、イメージは辻邦生氏が森有正氏にささげた「安土往還記」で描かれているような
ストイックでニヒリズムの信長が好きだけど、いろいろな信長があっていいと思う。

山田太一の「獅子の時代」もこれまでの司馬遼太郎の幕末の正史とは違った切り口で
幕末・明治を描き、会津戦争の悲惨さや自由民権運動など庶民の側の視点でユニークだった。
架空の人物を配したが、当時の時代の匂いが感じられ、下層武士階級の家族描写もリアルで生々しいくらい。
幕末にいくほど、史料が豊富で創作する余地もなくなるが、その制約の中で、歴史を誠意をもって描き、
ドラマとして面白ければ楽しめる。










104 :日曜8時の名無しさん:2008/04/05(土) 09:26:20.27 ID:FWDU6W8h
>>97
史実無視してまで面白いものに仕上がれば誰も文句言わん
無視した結果最悪なできだから文句が耐えんのだよ

105 :日曜8時の名無しさん:2008/04/05(土) 11:19:27.05 ID:FsV/26xg
義経に関しては実は頼朝と再会するまでは
史実と断言できるような記録は何一つ残ってないから何とも言えんよ。
実際に鞍馬寺入る前に一時期清盛の所にいたっつー説もあるぐらいだし。

まあ大河の義経が糞だってのには同意だが。

106 :日曜8時の名無しさん:2008/04/05(土) 11:49:46.59 ID:OtU4SVpL
さんざん見ておいてからつまらないとか言ってるのは
じゃあ面白いのは何よってことをはっきりさせてほしいよね。
それでも、
>まあ大河の義経が糞だってのには同意だが。
は俺も同意w

107 :日曜8時の名無しさん:2008/04/05(土) 11:52:13.72 ID:x+UZUYbu
>>104
面白いかどうかは主観的なもんだし、史実を無視したから出来が最悪と断定するのも
どうかと思う。史実重視が出来を左右する必須条件というわけでもないと思うんだが。

史実に忠実でなければならないってのはどうしてだっけ?
「そうだよなぁ、この時代はそうなんだよ」って自分の時代認識を再確認できると面白
いって感じるのかな。逆に史実と違うと「俺の知識に反する」って怒りを覚えるのか。
まさか、知らない人が歴史を誤認識する恐れがあるからって理由じゃないよなぁ。

108 :日曜8時の名無しさん:2008/04/05(土) 12:19:11.73 ID:as+MicXl
たとえ本能寺で信長が死ななかったことにしても
ドラマとして面白ければ良しとするのが今の大衆
史実厨は自分らが時代遅れだと早く気づいたほうが

109 :日曜8時の名無しさん:2008/04/05(土) 14:06:24.69 ID:i1vnGNxt
>>101

墨俣城なんてリアルで信じてる香具師いんのかw

1日で出来るのはどう見ても砦の柵くらいだけだろうw

110 :日曜8時の名無しさん:2008/04/05(土) 15:57:02.60 ID:FsV/26xg
だいたい史実に忠実にやってたら洋の東西問わず
中世の合戦なんてショボいもんですよ。例えばヨーロッパなんか
ある日の合戦で「死者は途中で落馬したドジ一名だけ」なんて記録もあるし。
でも芝居ならそんなんを再現するより
ベルセルクみたいにバンバン人が死にまくる描写の方が迫力出るでしょ。


111 :日曜8時の名無しさん:2008/04/05(土) 16:40:11.16 ID:2U9V+4Wo
糞スレだな。
そもそも「大河ドラマ」と名が付いていることを忘れるなよ。
史実に忠実なドラマなど存在しない!





112 :日曜8時の名無しさん :2008/04/05(土) 17:11:03.89 ID:SMFOi40C
そして史実を正確に知るものもいない!

113 :日曜8時の名無しさん:2008/04/05(土) 17:50:33.49 ID:V7dPzOyZ
綿密な取材と膨大な資料に基づく作品で有名な作家なら吉村昭がいる。
感情を交えないで淡々と事実を語っているのに、読み手を引き込まないではおかない
彼の作品が大河にならないのはなぜだろう。
「海の史劇」とか「花渡る海」とか涙なしでは読めないぞ。

114 :日曜8時の名無しさん:2008/04/05(土) 17:50:52.16 ID:JEDU190A
大河ドキュメンタリーを作ればいいんじゃね? 一部マニアに受けるかも。

115 :日曜8時の名無しさん:2008/04/05(土) 18:14:25.04 ID:9rQMvGsz
史実に忠実でないといけない「その時歴史が動いた」でも、
一つの説に過ぎないことをあたかも、
はっきり分かっている事実のごとくに扱っていることがしばしばあるな。

116 :日曜8時の名無しさん:2008/04/05(土) 19:06:35.33 ID:n0ysV1zh
義経の最期を目撃した者はいない・・・

お堂がドッカーン!も、NHKのみが知っている一つの説

117 :日曜8時の名無しさん:2008/04/05(土) 23:12:41.85 ID:WARNJ8BK
>>116
いみじくも、真理を語っているね。

118 :日曜8時の名無しさん:2008/04/06(日) 01:21:05.52 ID:2vf0XIs6
>>113

獅子の時代の樺戸集治監あたりのエピなど結構吉村昭の「赤い人」を参考にしてると思われ。


119 :日曜8時の名無しさん:2008/04/06(日) 02:06:30.94 ID:fa+7HafO
真実を知るにはドラえもんにお願いしてみてください。

えっ無理?じゃ真実は永久に謎のままですね〜。


120 :日曜8時の名無しさん:2008/04/06(日) 03:12:09.42 ID:Fe2XTE5J
だってドラえもんが造られるのは22世紀なんだもんっ、いじわる

121 :日曜8時の名無しさん :2008/04/06(日) 08:00:32.03 ID:IIXPbusZ
機関銃が登場するまではそんなに人死ななかったんだよな。


122 :日曜8時の名無しさん:2008/04/06(日) 08:57:50.26 ID:R0dRuAUa
>>118
殺人的な寒さがよく表現されていたね。
すごい作品だと思った。

123 :日曜8時の名無しさん:2008/04/06(日) 09:19:51.67 ID:/WhlCaPm
>>115
そもそも実写シーンなんかも全然違う時代の使い回しだったりするからねw
でも大負けに負けてあの番組はドラマのスタイルを借りた史実検証ぐらいのレベルでいいんじゃないかな。
そのスタイルを「大河ドラマ」の方で期待している奴がいるから話がややこしくなっているんだが。

124 :日曜8時の名無しさん:2008/04/06(日) 11:21:54.59 ID:32r4PKzO
>>116
まあドラマの演出としては最悪だったけどなw

125 :日曜8時の名無しさん :2008/04/06(日) 12:17:35.01 ID:Jjp4sjGj
>>121
スペイン人が中・南米でどれだけ虐殺したか
知らぬようだなお主



126 :日曜8時の名無しさん:2008/04/06(日) 13:21:03.40 ID:a2EYefD7
義経の場合、最大の見せ場の勧進帳がそもそも後世の創作だしな。
秀吉関連のエピソードも同じようなもの。
ただし秀吉の場合は自分自身が存命中に捏造した話もあるみたいだが。

127 :日曜8時の名無しさん:2008/04/06(日) 22:50:34.00 ID:a9bYGJ+N
としまつでみんなでズンドコ踊ったのもNHKの説だったのか

128 :日曜8時の名無しさん:2008/04/07(月) 09:42:08.24 ID:Uf2saPUF
>125
一方的な虐殺と、戦争は別ものじゃないの?

129 :日曜8時の名無しさん:2008/04/07(月) 10:52:41.66 ID:pNAq/OIa
比叡山や長島は一方的な虐殺だよねえ

130 :日曜8時の名無しさん:2008/04/07(月) 13:32:21.84 ID:jGmhe+6u
比叡山も長島も強大な軍事力を持ってたよ。
長島では信長の弟が戦死した。

131 :日曜8時の名無しさん:2008/04/07(月) 14:37:59.49 ID:a+CV+PSI
信長の庶兄や弟や叔父・従弟などが多数戦死
他に氏家卜全とか林佐渡守の婿養子とか平手政秀の嫡男も戦死

こいつらが生き残っていたら歴史変わっただろうな

132 :日曜8時の名無しさん:2008/04/07(月) 15:43:21.59 ID:f/QZcnrn
つーか勝敗決した時点で戦争は終了。
以後は一方的な虐殺。

133 :日曜8時の名無しさん:2008/04/07(月) 18:05:23.17 ID:LFgk9f7d
天皇の世紀は大河じゃないしな

134 :日曜8時の名無しさん:2008/04/08(火) 02:03:07.30 ID:Jyi04bCi
でも中世の軍隊は略奪とか人身売買とかしないと食ってけなかったお。

135 :日曜8時の名無しさん:2008/04/08(火) 09:00:08.41 ID:5ohUbU1h
近代の軍隊は、民間人皆殺しですね。

136 :日曜8時の名無しさん:2008/04/08(火) 21:57:42.22 ID:CWA9y08p
>>102
何でもありならおんな風林火山もありということですな?

三法師の生母松姫設定ものを是非見てみたいものですなw

137 :日曜8時の名無しさん:2008/04/09(水) 00:47:33.59 ID:XTA03rLe
「おんな風林火山」の松姫と信忠は清い関係でしたが?

138 :日曜8時の名無しさん:2008/04/09(水) 02:01:07.75 ID:+WR/IMSY
新撰組は近藤が先頭に立って商家にたかってたからな

139 :日曜8時の名無しさん:2008/04/09(水) 02:59:21.45 ID:qBO3EuRE
時宗兄の赤マフラーは捏造で、本当は薄黄色だった。
ドラマとして画面映えを狙って赤にしたらしい。

140 :日曜8時の名無しさん:2008/04/09(水) 08:12:45.95 ID:8jMnQnEM
>>139
w

141 :日曜8時の名無しさん:2008/04/09(水) 18:05:28.90 ID:AQS92kj3
忠臣蔵は題材にあげられすぎているので、それ以外であげると、
史実に100%に近い忠実...葵三代、八代将軍吉宗
80%...独眼竜政宗、
70%...武田信玄、新平家物語、草燃える、徳川家康、毛利元就、太平記
50%(物語が良く出来ているので許容範囲)...おんな太閤記、樅の木は残った、
30%(ここまでくると許せん!)...新撰組、利家とまつ、北条時宗
10%(脚本家を名乗る資格があるのか?)...MUSASHI

142 :日曜8時の名無しさん:2008/04/09(水) 18:52:36.35 ID:sxrBA3Z7
>>141
根拠と実例を数値で

143 :日曜8時の名無しさん:2008/04/09(水) 20:19:18.09 ID:hIjDv9AB
新選組!は何というか、分裂してるんだよな。
歴史オタしか知らないような史実を挟んだかと思えば、
拍子抜けするくらいにアッサリとこれまでの創作物通りの
作られたイメージを素直になぞってる部分もあったり、
主人公の勇を悪人にしないための意図的な改変もあったり。

144 :日曜8時の名無しさん:2008/04/09(水) 20:44:50.47 ID:6zDrj31Y
>>141
葵はなんだかんだ言って主人公に都合の悪い説はスルーしてただろ
家康と信康・秀康、家光と御三家の確執とか
あと忠長を許すつもりだったというのも俺は他で読んだことないんだが

145 :日曜8時の名無しさん:2008/04/09(水) 23:18:18.49 ID:DtHYb+f8
>>143
でも案外、歴史研究者が評価してたりするのが新撰組!
史実どうのよりも、皇国史観の呪縛から解き放たれた視点があるかないか、
というのが幕末モノの場合は評価のポイント。
勿論大河ドラマだから、主人公をかっこよく描かなきゃならないだろうけど、
それとは別に、幕末以降の時代設定の場合、史観が重要。

146 :日曜8時の名無しさん:2008/04/10(木) 08:09:28.58 ID:GezydFrw
翔ぶが如くのへなちょこ西郷とかこいい大久保は実際あのとおりだったと思う。

147 :日曜8時の名無しさん:2008/04/10(木) 15:13:32.41 ID:Hluc7a3D
大久保は裏切り者というのが、鹿児島では定説。

148 ::2008/04/10(木) 15:29:05.61 ID:Rr42TP39
>>134
略奪と人身売買が遠征の経済的目的だったりするからね。
一番わかりやすいのが冬季の上杉軍だ。
別にそれを悪いと批判するつもりはさらさらないが、
大河じゃ描けないよな、えげつなさすぎてw

149 :日曜8時の名無しさん:2008/04/10(木) 17:09:56.72 ID:RxOatfVa
>>125
2000万人か。アボリジニはどれくらいだったのだろう。

150 :日曜8時の名無しさん:2008/04/10(木) 19:23:45.90 ID:MujvUHXQ
>>145
今更、皇国史観の呪縛?

151 :日曜8時の名無しさん:2008/04/10(木) 22:14:48.58 ID:rfeBTBfO
>>150
「今更」って、史料として今現在でも使用される当時の文書類が
皇国史観を元に書かれている以上、影響が不可避なのは当たり前。
日本の歴史は綿々と続いてるもんで、どこかでブチっと切れて
180度変わってるってわけではないよ。

152 :日曜8時の名無しさん:2008/04/10(木) 22:20:58.60 ID:Rr42TP39
太平記は、比較的皇国史観から離れていたかな。
そうじゃないと企画自体が成り立たないかw
でもあくまで「比較的」だよね。

153 :日曜8時の名無しさん:2008/04/11(金) 01:45:08.77 ID:bmNus+ze
>>141
そもそも、事実とは何ぞや?ドラマとは何ぞや?って
定まらないものがあるのに、
史実何パーセントなんて断定できることでな無いし、
意味もないことだと思うけど。

154 :日曜8時の名無しさん:2008/04/11(金) 11:37:22.07 ID:MuQwUwWN
脳内パーセンテージだろ

155 :日曜8時の名無しさん:2008/04/11(金) 16:37:19.14 ID:2v/Lj+vZ
>>153
確実に史実と証明するのは難しいが、明らかに史実じゃないというものはわかるだろ。

156 :日曜8時の名無しさん:2008/04/12(土) 09:48:14.67 ID:tcNkbEK8
あからさまに史実と違うと言うストーリーだとしらける時がままある。

157 :日曜8時の名無しさん:2008/04/12(土) 13:47:51.41 ID:BAwikKFG
このスレ自体糞スレだな。

同じように見えて歴史は日々新たな発見により変化しているのだから史実などは存在しない。



158 :日曜8時の名無しさん:2008/04/12(土) 16:06:15.64 ID:WkwnTWxj
歴史にある程度忠実に作るのは製作側の義務。
その上でストーリーとして、ある程度盛り上げるのなら文句はないのだが、
脚本を書く権利の乱用というしかないものがあるのは問題。

159 :日曜8時の名無しさん:2008/04/12(土) 16:46:55.48 ID:tG0h82qn
>歴史にある程度忠実に作るのは製作側の義務。

あ、芝居心のねえやつだぁ〜。

160 :日曜8時の名無しさん:2008/04/12(土) 16:49:18.11 ID:ca9vvmyx
>>159
史実に無関係の作品作るなら大河以外の枠でどうぞって事だろ。
芝居の縛りは芝居を面白くするためのものだよ。

赤マフラーなんて大河じゃなけりゃ大笑いして楽しめたよw

161 :日曜8時の名無しさん:2008/04/12(土) 16:50:07.68 ID:miBd9EoC
中国の武侠ドラマみたいな要素を取り入れては?

162 :日曜8時の名無しさん:2008/04/12(土) 17:20:51.81 ID:tG0h82qn
大河ドラマ=史実に忠実なドラマって、いったいいつ誰が決めたの?

163 :日曜8時の名無しさん:2008/04/12(土) 17:37:05.97 ID:pMe0aNK2
史実にこだわらないなら何も実在の人物を主役に据える必要はない

164 :日曜8時の名無しさん:2008/04/12(土) 17:40:47.65 ID:+vwh+P9u
>大河ドラマ=史実に忠実なドラマ


歴動だって脚色加えているのにねえ

165 :日曜8時の名無しさん:2008/04/12(土) 17:48:05.08 ID:sc3rEiiS
歴代の大河が歴史どおりだと思ってる知ったか大河厨は
小説でいうと司馬厨に近いものがあるな

166 :日曜8時の名無しさん:2008/04/12(土) 21:01:59.86 ID:CFotzJiG
日本はバイブルになるような国史がないため、
相当な困難を伴う大仕事になることが予想されるが、
この国の概要的な歴史を映像化することには、大いなる意義がある。
もはや財産と言っても過言ではない。

それだけに昨今の大河ドラマの内容や、その大河ドラマを金儲けのために、
ガサツに売りさばいてるNHKを見ると、ガッカリする。もうええって。ごめんて。

167 :日曜8時の名無しさん:2008/04/13(日) 00:39:20.65 ID:HzU+3DjG
アホな史実厨にアホな過剰期待を課せられている大河としては
MUSASHIは大英断だと思ったんだが、あれ、失敗しちゃったからねえ

168 :日曜8時の名無しさん:2008/04/13(日) 05:48:05.47 ID:v3Ug10Bt
小説を元にしたドラマなのだから脚本家がどう描こうと勝手。
史実より視聴率が全てと言える。


169 :日曜8時の名無しさん:2008/04/13(日) 07:03:50.00 ID:fnn+L5k2
大体、ついこの前に起きた事件ですら真相は誰も知らなかったるするのに、
書かれたものだけが頼りの大昔の出来事なんて、ほんとのところは誰も知らない。
書かれたものがフィクションでないという保証などどこのもないのだぞ。
時代を題材にした大河ドラマの面白みは、その時代をどう見るか、
今の時代に置き換えて考えてみたりする脚本家の腕前にかかっている希ガス。

170 :日曜8時の名無しさん:2008/04/13(日) 09:46:00.50 ID:zy8KYU9d
史実うんぬんより 現代価値観を昔に持ち込むことのほうが見苦しい

171 :日曜8時の名無しさん:2008/04/13(日) 09:54:43.47 ID:RMDbSN1o
関が原から、大阪の陣までを描いた「浪花の夜の夢」
主演;島左近/長曾加部元親/後藤又兵衛

172 :日曜8時の名無しさん:2008/04/13(日) 12:18:34.36 ID:12CXYWic
>>170
確かに細かい史実云々よりもそっちの方が重大かな

173 :日曜8時の名無しさん:2008/04/13(日) 15:51:17.66 ID:NsV7AdOS
つーか、時代劇ってホントは現代を仮託して描くモノだろ?

174 :日曜8時の名無しさん:2008/04/13(日) 16:01:39.53 ID:l7oxAzyD
>173
その通りです。上の方の史実厨はそのことが全くわかっておりません。

175 :日曜8時の名無しさん:2008/04/13(日) 16:24:31.77 ID:zy8KYU9d
そんなもん時代劇じゃないじゃん ただのコスプレだよw

176 :日曜8時の名無しさん:2008/04/13(日) 18:24:36.16 ID:fnn+L5k2
「その時歴史は動いた」で時々に取り上げるテーマは
まさに現代においてわれわれが直面している問題だったりするよね。
昔の人はどうやって乗り切ったのかなってところが興味深いから見てる。

177 :日曜8時の名無しさん:2008/04/13(日) 18:33:46.98 ID:MRJisbvm
>>173 >>174
同感です。それで視聴率が下がっても、史実厨は責任を取らないでしょう。

178 :日曜8時の名無しさん:2008/04/13(日) 18:54:08.61 ID:0uyRqwtN
>>170
価値観云々はよう分からんがまつや千代みたいのはもう勘弁して欲しい。

179 :日曜8時の名無しさん:2008/04/13(日) 19:09:35.68 ID:fDGs6IUc
なんだか言いがかりっぽいレスが多いなあ。
価値観をそのまま過去に持ち込んだ結果
過去を描いた物語(あえて史実とは言わないが)
との齟齬が生じていることが問題だと言ってるんじゃないの?

180 :日曜8時の名無しさん:2008/04/13(日) 19:33:53.11 ID:0uyRqwtN
まつ様や千代のようにちぐはぐな事にならなきゃ別にいいんでない?

181 :日曜8時の名無しさん:2008/04/13(日) 19:45:42.21 ID:GRLFMn8p
そもそも戦国時代の戦の仕方が史実じゃないんだからさ

182 :日曜8時の名無しさん:2008/04/13(日) 20:04:50.06 ID:zy8KYU9d
>>176
あの番組の強引さを知らんのか?w
あれをのほほんと見ていられる頭ならゆとり大河も楽しめるだろうよ

183 :日曜8時の名無しさん:2008/04/13(日) 22:29:42.70 ID:fwcE2IuS
このあいだの新社会人が出てきた奴なんか見てたらものすごく暗澹たる気分になった。
過去に反映させるべき現在の価値観なんかもうどうでもいいんじゃないの。

184 :日曜8時の名無しさん:2008/04/14(月) 05:32:59.86 ID:VKxpClN4
>>181
戦の描写ってもう様式化されすぎてるからね。
もとは歌舞伎なんかの殺陣に影響されてるのかな?
鎧着てちゃんばらするなんての。

リアルに近い事したら、視聴者が「なにこれ?」って感じになるんだろうね。


185 :日曜8時の名無しさん:2008/04/14(月) 12:57:16.47 ID:lFYjssNs
>>183
現代の価値観は新社会人のそれではなく、お前さんのような考え方をいうのだ

186 :日曜8時の名無しさん:2008/04/14(月) 13:40:22.58 ID:DQSGaN14
>>137
富士山をバックに抱き合ったり、
松姫が信忠の絵姿を見てウルウルしてたのは覚えてるけど、
そのものずばりシーンは無かったような?

187 :日曜8時の名無しさん:2008/04/14(月) 23:54:47.02 ID:iWKnBUtk
ドラマそのものを丁寧に作った上で、演出と史実が対立する場合は、
演出を優先するのは構わないと思う。
実像ではなくて、イメージ優先てことで。

今回ので言うと原作にある大奥3千人の総帥にして、将軍不在の江戸城の主
という颯爽たる戦うヒロインを映像化してくれれば、多少の史実無視は問題ではない。

188 :日曜8時の名無しさん:2008/04/15(火) 11:17:00.91 ID:loFTjNLP
史実に反していても[獅子の時代」や「黄金の日々」や「風林火山」
は好きだったぞ。
史実無視した大河が傑作というジンクス?

189 :日曜8時の名無しさん:2008/04/15(火) 12:04:41.24 ID:QrcNHvrE
>>188
武蔵や時宗の感想は?

190 :日曜8時の名無しさん:2008/04/15(火) 12:06:10.41 ID:lQkEhLCX
フィクション部分が大きい事と、史実無視とは違うと思うぞ。
そもそもいくら大河といっても演劇だし、原作は小説なんだから
基本はフィクションだよ。

ただ、「歴史物」のフィクションである以上、それはやっちゃ
いかんでしょという縛りがあるという事。

縛りがいやなら実在の人物を用いない作品を作ればいいだけの事。

191 :日曜8時の名無しさん:2008/04/15(火) 12:18:37.93 ID:NjerS5fv
>>190
>ただ、「歴史物」のフィクションである以上、それはやっちゃ
>いかんでしょという縛りがあるという事。
んで誰がその縛りを決めるの?

192 :日曜8時の名無しさん:2008/04/15(火) 12:42:25.59 ID:lQkEhLCX
>>191
時宗でいうと、時宗が自らフビライの下に行って腹を切って云々とか
言う下り(微細はちょっと違ったかも)。

こういう当時の指導者の思考方法と明らかに違う話をもって
来られたら、もはや実在の人物をモデルにしている意義が失われてしまう。



193 :日曜8時の名無しさん:2008/04/15(火) 14:44:41.55 ID:4eXRjI/0
>>189
時宗はともかくとして武蔵は聞かんでもいいだろうw

194 :日曜8時の名無しさん:2008/04/15(火) 15:28:17.25 ID:s6UqELuS
武蔵は史実云々以前の問題だからなあ

195 :日曜8時の名無しさん :2008/04/15(火) 17:10:40.58 ID:OFNrJTbk
>>181/184
戦国時代のリアルな戦の仕方ってどうだったの?

騎馬隊などいなかったとか、
大砲が実は結構多用されていたとか、
刀は数人切ると使いものにならなくなるといったようなことしか
知らないんだけど


196 :日曜8時の名無しさん:2008/04/15(火) 17:48:14.74 ID:lk50e59Z
腸ぶちまけるぐらいの演出はあっていんじゃね?

197 :日曜8時の名無しさん:2008/04/15(火) 21:46:28.07 ID:TIZb691W
>>195
メイン武器は槍等の長物で、叩き合うかぶつけ合うのが主流。
また怪我人が十人中一人でも出たら総崩れ。だからドラマでバタバタ死人が出まくるのはオーバー。
一番多くの死傷の原因になったのが投石の他
弓矢鉄砲。ドラマのように急所を外してるのに一矢や一弾をうけて即死ぬのはおかしい。
刀は決戦用の武器なので初っ端からは到底使えない。
(つか何人どころか、ドラマみたいに甲冑でも斬りつけたら即折れるか刃こぼれするかで使い物にならない)

198 :日曜8時の名無しさん:2008/04/15(火) 22:17:39.27 ID:UEDI2zCa
ぬあで斬りじゅああああああ
も、実際は困難だったと

199 :日曜8時の名無しさん:2008/04/16(水) 00:05:07.76 ID:ZrPTyqsD
そういう意味では「風と雲と虹と」のショボい合戦シーンはリアルだった。
戦国じゃないけど。
出動した検非違使が、大人数であるにもかかわらず盗賊を前にビビって隠れてしまう場面もあった。

200 :日曜8時の名無しさん:2008/04/16(水) 00:41:33.24 ID:LTbvmWK9
まあ漫画なんかでも戦死者が落馬した奴だけとか
殆ど傭兵同士の馴れ合いだったとか
そんなの再現するよりはベルセルクみたいに
人間がじゃんじゃんバラされていく方が視覚的には迫力あっていいよな。

201 :日曜8時の名無しさん:2008/04/16(水) 03:28:43.74 ID:RFWluhz+
戦国時代の農民兵はさ、年貢の減免と引き換えに連れて来てる。
万一死んだら、遺族には年貢免除とかしなくちゃならず領主にしたら
手痛い減収。

だから滅多やたらに死なせられないw

そこで信長みたいに浮浪者やあぶれ者を掻き集めて常備兵を組織
すると、こいつらがてんで弱いw
農民兵の方が帰るべき村があり恥じかけないのでいざって時は真面目に戦うからw

そんなこんなで戦国時代の戦は基本的に簡単に戦死しないんだよね。

そういう戦を映画やドラマでリアルにやったらしょぼくて迫力ないw


202 :日曜8時の名無しさん:2008/04/16(水) 04:26:31.77 ID:OO2XRPeL
そりゃ常日頃から農作業で足腰鍛えてる農民とふらふら浮浪者では体格でも差が出るだろうな

203 :日曜8時の名無しさん:2008/04/16(水) 09:03:58.95 ID:lFDOJiav
そもそもフィクション。

あの演出はつまらなかった。
この脚本はおもしろかった。

でいいはずだよ。

204 :日曜8時の名無しさん:2008/04/16(水) 09:13:13.51 ID:lVmQYFdI
昔は乱闘シーンの場合、「整列しないで、バラバラになれ!」という怒号が
現場に飛んだ。人間は、自然に整列してしまうからだ。
だが、そうした指示が行き渡らないと、風林火山の主人公の最後のように、
周りをキレイに取り囲み、体に突き刺さる槍も、一定感覚で並んでしまうと
いう、不自然な画面となる。乱闘シーン一つでも、ヘボな演出はミエミエに
なってしまう。史実以前の問題だな。

205 :日曜8時の名無しさん:2008/04/16(水) 13:00:29.71 ID:heVNhAGH
いちばん 史実無視なのは、
「いのち」じゃね?www
なんせ、物語から登場人物全部フィクションwww

どこに史実があるんだよ、みたいなwww

206 :日曜8時の名無しさん:2008/04/16(水) 13:17:18.38 ID:4jCDLXGy
また空気読めない奴が来た

207 :日曜8時の名無しさん:2008/04/16(水) 14:15:35.63 ID:lFDOJiav
読めないっていうか単なるヴァカでしょ

208 :日曜8時の名無しさん:2008/04/16(水) 18:11:09.70 ID:ZrPTyqsD
>>205
結核の胸部手術、国民皆保険、農地改革…。
日頃描かれることのない、現代史の「史実」てんこ盛りだったはずだが。


209 :日曜8時の名無しさん :2008/04/16(水) 19:13:23.25 ID:qOXNECJO
馴れ合いの戦闘が多かったとしたら
戦場で手柄をあげるために必死になってる奴は結構場違いだったのかね
おいおい、まじかよって感じで

また武勲のほとんども1の話が10になったって感じか
死をもおそれぬ日本の侍のイメージが崩れていく〜


210 :日曜8時の名無しさん:2008/04/16(水) 21:33:06.44 ID:RFWluhz+
>>209
馴れ合いってわけじゃないと思うがね。
ただ、犬死には一番嫌うから無駄な奮闘はしないという事じゃないか。
元気いっぱいの鎧武装集団に対して刀一本で斬り込みかけるとか
そういう無茶は当然しないw

逆に疲れて動きとれない鎧武者なんて狙い目だから鎗等で殴って
気絶させて刀で首とるとか、廃残兵の掃討なんかは日本刀かついで
軽装で行うとかね。

関ヶ原とか大阪の陣の屏風なんてみると、割と軽装で日本刀かついで
廃残兵を追い込んでいるよね。鎧は重いのでずっと着ているわけじゃ
なかったようだ。

ちなみに信長に騙し討ちにされた長島一揆の集団は、武装解除されて
刀だけもってる状態だったらしいんだが、だまし討ちに怒って、
いきなり信長の本陣の近くを襲って信長の一族を相当討ち取っている。
追い込まれた場合や、手柄を立てるために死をも恐れぬ奮闘をする事は
ちゃんとあったようだね。

211 :日曜8時の名無しさん:2008/04/17(木) 00:12:44.98 ID:cSBbutA/
なんだか現代の国会が本当の論戦の場ではなくて
単に政治的に優位に立つための駆け引きの場であるような状況と似ているな

212 :日曜8時の名無しさん:2008/04/17(木) 18:16:51.52 ID:euC4R6oT
戦争は優位に立つ駆け引きが主流。

213 :日曜8時の名無しさん:2008/04/17(木) 19:47:16.03 ID:cSTefYv0
結局何も進歩していないんだな

214 :日曜8時の名無しさん:2008/04/21(月) 20:27:13.63 ID:LAeAYyhw
肝付尚五郎は史実では堂々としていそう。

215 :日曜8時の名無しさん:2008/04/21(月) 22:41:53.54 ID:x206mzz0
琉球の風は主人公が架空だったよね、確か。昔すぎて覚えてないが

216 :日曜8時の名無しさん:2008/04/21(月) 22:49:54.34 ID:tZwlnfOh
このスレ読んでて思ったんだが・・・

現実には、こんなにショボくて、情けなくて、カッコ悪かった!

って時代劇も面白そうだな。
踊る大走査線みたいなノリでw

217 :日曜8時の名無しさん:2008/04/21(月) 23:00:51.18 ID:ADNU+P/j
そういうドラマは木曜日とかの担当じゃないの。

218 :日曜8時の名無しさん:2008/04/21(月) 23:09:15.11 ID:htjVIKvL
>>216
最近じゃあんま見なくなったが昔は忠臣蔵モノで、そういうのが流行った時期があったな
「ほんとは討ち入りなんかしたくない」大石内蔵助とか
討ち入りによるアピールで仕官をもくろんでる四十七士とか
定番の火事装束ではなくマチマチな格好だったりとか

219 :日曜8時の名無しさん:2008/04/21(月) 23:40:03.76 ID:PPi6r97o
戦国時代の戦って、戦ってる最中は相手がどこの軍勢かわからないとか
普通にあったらしいね。敵の人数もやたらと多く感じたらとか。

信長公記とか読むと信長は最初義元本隊じゃなくて
一戦終えて引き上げて来る敵部隊と勘違いしている。
だから勝ったものは運が良かったとしかいいようがないのが
戦の現実だったようだね。

関ヶ原とかをそんな風に描いたら物凄く面白いだろうね。
家康が勘違いと誤算を繰り返したけど、いろいろと都合が
良く廻ったから勝てたって感じで。実際そうだったようだし。


220 :日曜8時の名無しさん:2008/04/22(火) 01:06:05.78 ID:QGo6q+EK
>>219
「信長」の桶狭間は信長公記ベースにして奇襲説をとらずに疲れてる敵への波状攻撃を目的として織田軍が動き出してるな


221 :日曜8時の名無しさん:2008/04/22(火) 01:21:34.32 ID:LZtbq3fp
現実の戦がそう計算通りにいかない偶然が左右する度合いが強いものなら、
敵の数倍の軍勢集めてから攻めるのが王道になるよね。
とすると攻められた方は当然籠城するから、籠城戦が多くなる。
実際城を巡る戦いがほとんどだよね。

そうすると野戦はやはりいろいろと計算違いの場合に発生する事が
多かったんだろうね。

1561年の川中島の大激戦を霧の中での誤算の連続で
双方真正面から噛み合ってしまった結果だと考証してた人が
いたけど、本当にそうかもしれない。

222 :日曜8時の名無しさん:2008/04/22(火) 22:37:42.38 ID:oAM3mzur
「本当はこうだったかもしれない」
と思わせる大河ドラマは本物。

篤姫の場合
「んなわけねーだろ」

223 :日曜8時の名無しさん:2008/04/23(水) 01:47:38.44 ID:4CHZ2XM1
一番んなわけねーだろって思ったのは北条時宗で鎌倉武士がモンゴル軍助けたシーンw

224 :日曜8時の名無しさん:2008/04/23(水) 08:28:14.14 ID:JsBv12QF
北条時宗は時輔が蘇って赤マフラーになって大陸で活躍したり、頼綱が孤児だったり
かなりぶっ飛んだ発想だったな。
当時も人種によって区別していて、捕虜も仲の良い南宋の捕虜は助けて蒙古兵は殺したらしいし
時宗の平和主義はうざかったが、合戦場面は力が入っていたし史料の少ない600年前の話だから
マルコ・ポーロやテムジンや蒙古・高麗・宋の外国人がいろいろ出てきて歴史ファンタジーとして面白かった。
篤姫はわずか150年前でしっかり記録に残ってるし、ドラマとしても破綻してるから目立つのでは。



225 :日曜8時の名無しさん:2008/04/23(水) 15:57:21.74 ID:WYiIBbFJ
なあに武蔵村に比べれば可愛いもんよ

226 :日曜8時の名無しさん:2008/04/24(木) 13:20:30.08 ID:EqY03ST+
大河は武蔵と比べればどれも許せる
朝ドラは天花と比べればどれも許せる

227 :日曜8時の名無しさん:2008/04/24(木) 19:24:06.70 ID:15qTf4k8
いやとしまつは武蔵と比べても許せんな

228 :日曜8時の名無しさん:2008/04/24(木) 21:31:17.20 ID:RmAgQwOf
駄目にしたのは反町と松嶋夫婦の臭い演技。

229 :日曜8時の名無しさん:2008/04/25(金) 00:00:10.78 ID:mDGz5h1F
ていうか脚本だろ最大の問題は
(武蔵もそうだが)

230 :日曜8時の名無しさん:2008/04/25(金) 10:01:20.64 ID:cUD6Z5XR
北条時宗に限らずだけど、赤マフラーとかのあからさまな創作部分より、
視聴者にそれと分かり辛い創作部分の方が問題だろうと思ったな。
特に鎌倉時代ってそうそう扱われない時代だし。
あのドラマ見た人は、北条家が身内同士で陰謀三昧、暗殺三昧を
延々くりかえしていた一族だったのかと思ってしまうんじゃなかろうか。

創作部分をひとしきり終えた後で、たとえば登場人物の一人が
「このことは我らだけにとどめよう」と言ったり、ナレーションが
「この事実は伝わる事は無かった」みたいなことを言ったりして、
視聴者にここは創作ですよとわかる作りになっていれば、
そんな悪い気はしないんだが。

あと平頼綱は、設定は滅茶苦茶創作な感じだけど、全体的な人物像は
なぜかイメージ通りだという不思議な印象でした。

231 :日曜8時の名無しさん:2008/04/25(金) 10:51:00.99 ID:2rSDfmor
>230
>あと平頼綱は、設定は滅茶苦茶創作な感じだけど、全体的な人物像は
>なぜかイメージ通りだという不思議な印象でした。

それでこそドラマなんです。
つまり成功なんです。

232 :日曜8時の名無しさん:2008/04/25(金) 10:57:52.96 ID:eeYkTF5c
徳川家康も後半むごかったような

233 :日曜8時の名無しさん:2008/04/25(金) 11:02:16.67 ID:1UofGw9r
>>232
原作を無理矢理消化しようとしてたからね。
「いいひと」家康があの小説の根っこだからなあ。

234 :日曜8時の名無しさん:2008/04/25(金) 12:47:56.59 ID:ADBIpv14
北条家が陰謀が大好きな一族なのは「草燃える」を見てたから
違和感がなかった。「草燃える」のほうがえげつなくてダークだった。
平頼綱は高橋直樹の鎌倉擾乱の「異型の寵児」のイメージ。
悪党のほうが魅力的。

235 :日曜8時の名無しさん:2008/04/25(金) 13:09:33.84 ID:3ltsEO5N
そう。鎌倉擾乱のイメージだよね。だから頼綱のあの作り込みは
フィクションとしてありだった。
だからこそ時宗はもっと偉大な男でなくちゃならなかった。
反戦主義者なんてのはいくらなんでもw

236 :日曜8時の名無しさん :2008/04/25(金) 13:33:08.11 ID:Ck+ahnfZ
炎立つの第1部
特に鬼切部あたりは資料がなさすぎて(陸奥話記のほんの数行程度)
想像で書くしかなかったと高橋克彦は書いてた

大河板でも評判がいい第2部はさらに難航
なんでここで自分だけ逃げる?というような清衡の言動の意図が掴めなかったらしい

237 :日曜8時の名無しさん:2008/04/25(金) 13:49:37.29 ID:3ltsEO5N
2部は最高に面白かった。
大河史上でも最高傑作かもしらん。
あれは苦吟した結果だったのだねえ。

238 :日曜8時の名無しさん:2008/04/25(金) 15:49:52.73 ID:uSSXK9jM
ぶっ殺す

239 :日曜8時の名無しさん:2008/04/25(金) 17:11:46.61 ID:JsQwhg+x
最も史実に反してるのは、「花の乱」の富子の生い立ち関係だと思うが。
普通にやってりゃそこそこ面白い時代なのに、いらんことしたから台無し・・・・

240 :日曜8時の名無しさん:2008/04/25(金) 18:45:23.91 ID:1UofGw9r
>>239
もともと瀬戸内晴美の「幻花」をヒントにしたような内容だったからなあ。

241 :日曜8時の名無しさん:2008/04/26(土) 02:03:30.54 ID:2ngDvI+s
>>239
ほんと。脚本家が余計な色気出したおかげでせっかくの素材がぼろぼろ。

富子とか応仁の乱のあたりなんて有名なエピをつなげるだけで面白いのにねえ。

そういえば司馬遼太郎が室町時代はシェイクスピアが泣いて喜ぶ素材がごろごろ転がってると言ってたなw

242 :日曜8時の名無しさん:2008/04/26(土) 04:35:42.25 ID:Jj8nuE0H
>>240
「幻花」・・・・超懐かしい。
ドラマになったのを覚えている人はさすがにここには少ないだろうなw

243 :日曜8時の名無しさん:2008/04/26(土) 20:47:11.63 ID:Jp1vAv6d
本当にこういう素晴らしい人物がいたに違いない
と思わせるリアリティがあるのは
「獅子の時代」に登場する高松凌雲あたりかな。
細かい史実は知らないけど。


244 :日曜8時の名無しさん:2008/04/26(土) 21:04:18.68 ID:Jj8nuE0H
高松凌雲は素晴らしいぞ。(兄の古屋作左衛門も良い)
松本良順より、人物も医師としての力量も上だろう。

245 :日曜8時の名無しさん:2008/04/26(土) 21:43:18.74 ID:A2ZVva71
江戸時代の作家による人形劇が原作ってのも

246 :日曜8時の名無しさん:2008/04/27(日) 06:03:13.92 ID:79SkmrNo
>>244
大河ではないけど昔の日テレの『五稜郭』には
その3人が全員出て来ましたな

247 :日曜8時の名無しさん:2008/04/27(日) 23:56:49.95 ID:C7A6cqbC
松本良順は函館には行ってないけど、会津で出たんかな
松本は長崎でポンぺから教えられてるから当代随一のはずなんだけど
臨床家より医事行政家の感じがするね

248 :日曜8時の名無しさん:2008/04/28(月) 00:09:55.83 ID:7r4rvBAM
松本良順は実家の父が
堀田のアドバイザーとしてハリス交渉の裏方
医師として私塾は後の順天堂大学
高松や松本のような蘭学者が近代の扉を開けていく
彼ら蘭学者を主人公にした大河がみたいものだ
史実原作無視のラブコメ現代大河ではむりだろうが

249 :244:2008/04/28(月) 02:38:02.14 ID:s+MkFwo5
>>244
「五稜閣」は佐幕派にとってはたまらないドラマでしたね。
中島三郎助親子の死の場面は涙なくしては・・・
直木賞作家の高橋義夫の作品に「五稜閣の兄弟」という、
佐久左衛門と凌雲を書いたものがあるよ。

凌雲は松本良順とは道が異なり、庶民の医療にも尽力した人だけど
徳川慶喜夫人の美賀子の乳ガン手術の執刀も任されている。

>>247 >>248
>松本良順は実家の父が
佐倉順天堂の佐藤泰然のことだね。
日テレの「五稜閣」(主役は榎本武揚)の脚本家が
自身でノベライズした小説「五稜閣」には、
榎本の妻の田津の祖父であることから佐藤泰然や、
婿の林洞海、泰然の次男松本良順も登場して興味深いよ。

長々とスレ違いですみません。


250 :日曜8時の名無しさん:2008/04/28(月) 05:51:46.38 ID:UuEC2Qz/
蘭学者たちが勉学に勤しむ青春群像は「花神」で描かれていたな。
主人公の村田蔵六(大村益次郎)が蘭学者であり医者であり日本陸軍の父だから。
緒方洪庵塾で誰かが持っていかないように辞書を鎖でつないで、書生たちが
徹夜で勉強してる様子なんかの描写があった。

「獅子の時代」では日本赤十字の創始者の人格者の松本良順が印象的。
たしかに蘭学者たちを主人公にしたドラマはおもしろいだろうな。

251 :日曜8時の名無しさん:2008/04/28(月) 11:41:30.62 ID:I8wDaNcv
「獅子の時代」に松本良順は出ていないが?
高松凌雲だろう。

252 :日曜8時の名無しさん:2008/04/28(月) 17:15:13.72 ID:9Jz1SE0u
篤姫での小松帯刀はなんか違うように思う。
彼は薩長同盟や大政奉還の立て役者で坂本龍馬の親友。
もっとしっかりした男として描いてよい。

253 :日曜8時の名無しさん:2008/04/28(月) 20:05:01.34 ID:eSVp5VuN
だからこれからしっかりするんだろうさ

254 :日曜8時の名無しさん:2008/04/28(月) 20:31:22.83 ID:L8gNEgFb
もうあまり彼には残された時間が無いのに?
大河ドラマって実質11月までとすると、もう半分近く来たことになるかな。


255 :日曜8時の名無しさん:2008/04/28(月) 21:30:28.77 ID:9d6RjRF0
一、今は青春の迷いの段階を描いている。
二、主人公は篤姫である。

ということかな。
泣けてくるほどいいドラマだと思う。

256 :日曜8時の名無しさん:2008/04/28(月) 22:02:46.62 ID:fafFLTGd
ワーテルロー

257 :日曜8時の名無しさん:2008/04/28(月) 22:38:47.15 ID:UuEC2Qz/
篤姫がよいドラマ????????
またまたご冗談がきつい。

258 :日曜8時の名無しさん:2008/04/28(月) 22:53:15.49 ID:H/uLWtad
本当にいいドラマだと思うよ。

259 :日曜8時の名無しさん:2008/04/28(月) 23:35:31.46 ID:qx7q9lJr
まあ個人的意見は置いといてだな

取りあえずスレタイに沿った話を

260 :248:2008/04/29(火) 00:46:33.02 ID:dGPFA3rT
>>249
>中島三郎助親子の死の場面は涙なくしては・
そうそう。中島は木戸の師匠でもあるんだな。
木戸が安易に攘夷に組しなかったのも中島や江川についたのも大きいね

>佐藤泰然や、婿の林洞海、泰然の次男松本良順も登場して興味深いよ
この辺になると司馬さんwだけど胡蝶の夢になるかな

>>250
花神でも描かれてたね。でも花神は緒方先生のとこだけになるんだよ
江戸、横浜、大阪、長崎でそれぞれ学び、彼ら蘭学生が横と縦糸でつながり
医者、軍事、政治、文化、行政、社会福祉、それぞれの信念のもと分野で

幕末の混乱を過ごし、維新〜明治という新しい時代を作っていった
漏れはこうゆう大河をみたいんだな。
志士・政治家なんかはこれまではやってるからね。

島倉伊之助なんて演じる役者がいたならすごいよ。
すくなくとも、蘭、英、独、仏、中を同時通訳するんだから。




261 :日曜8時の名無しさん:2008/04/29(火) 02:17:26.87 ID:eLX9kKHi
「北条時宗」では台風で沈んだ敵兵を救出したけど、実際は蒙古・高麗兵は皆殺ししたんだよな。南宋兵は奴隷にしたとか。
わざわざ特アに配慮したのかしら?どうせなら、蒙古・高麗兵が対馬・壱岐で男は皆殺しして女は手の甲に穴を開けて綱でつなげられたところもやるべきだったのに。
やはりどっかに遠慮したんですか?

262 :日曜8時の名無しさん:2008/04/29(火) 02:22:52.67 ID:xf8/ePxw
NHKは特アに乗っ取られてるに等しいのが現状。
時宗が特に酷かったな。
おれが嫌になったのはあまりにそれが露骨だったから。
キャストと題材は良かったのに元冦が絡むようになってから
胡散臭くて見てられなくなった。
本当に残念だよ。

263 :日曜8時の名無しさん:2008/04/29(火) 02:26:09.38 ID:kcKaY2D5
史実忠実・・・徳川慶喜
史実無視・・・利家とまつ

264 :日曜8時の名無しさん:2008/04/29(火) 02:31:30.46 ID:zYdivzog
>>263
新門一家の周辺は史実無視だったが?

265 :日曜8時の名無しさん:2008/04/29(火) 05:58:50.19 ID:Wbyb2Xv9
>>262
坂の上の雲どうなるんだろうね

266 :日曜8時の名無しさん:2008/04/29(火) 11:54:07.61 ID:hhM7QYOk
>>264
そいでも慶喜は年表ドラマの別名もあるほど
大河作品の中では史実に忠実。

267 :日曜8時の名無しさん:2008/04/29(火) 12:56:41.84 ID:xf8/ePxw
そう思った。だから慶喜は個人的にはかなりお気に入り。
世間の評判は宜しくなかったようだがねw
新門一家程度のフィクションは入れないと逆に面白くないだろう。

268 :日曜8時の名無しさん:2008/04/29(火) 13:07:40.91 ID:Ldjxx9SK
まるで教育テレビだった。
ドラマじゃない。

269 :日曜8時の名無しさん:2008/04/29(火) 13:32:26.63 ID:x3SsvDu/
「年表ドラマ」といえば『葵』でしょう

他のドラマではいつの間にかフェードアウトする役が多くて
それが大いに不満であったが
『葵』みたいにかなり重要度の低い脇役でもいちいち

ゴーン(鐘の音)
光圀「訃報でござる」

とやられると
それはそれで鬱陶しいということがわかった

270 :日曜8時の名無しさん:2008/04/29(火) 13:55:23.06 ID:IwYBFf2C
>>269
娘が嫁ぐ度に同じリアクションを伏線も無く突如取りまくる秀忠夫妻も同様だな。
ドラマだから描かれる事件の選別も必要だと感じた。

271 :日曜8時の名無しさん:2008/04/29(火) 14:05:45.87 ID:xf8/ePxw
>>270
そのへんが脚本の三木が衰えたと言えるあたりかな。
ちょっと前の吉宗は退屈させなかったんだけどね。
微妙な匙加減の違いが大きな差になるんだろうな。

272 :日曜8時の名無しさん :2008/04/29(火) 16:21:49.39 ID:M8B2UfqH
あえて幕末ネタだけで通そうとしたあたり
かなり史実に近いドラマをやりたいんだろうなと思った>慶喜

273 :日曜8時の名無しさん:2008/04/29(火) 16:50:43.58 ID:F6YRPRo7
年表ドラマより年表の方がおもしろいよ。
あんなもん糞以下だよ。

274 :日曜8時の名無しさん:2008/04/29(火) 17:49:59.25 ID:Ldjxx9SK
幕末だと、子孫もかなりはっきりしていてやりにくいところもあるはず。


275 :日曜8時の名無しさん:2008/04/29(火) 17:53:34.17 ID:xf8/ePxw
>>273
> 年表ドラマより年表の方がおもしろいよ。

そうNHKが認識した結果が21世紀の大河であり、典型が今年の大河だわな。

ま、おれは21世紀になって大河をほとんどまともに見なくなった。
毛色が変わりすぎたんでね。

幸いCSで昔の大河をやってくれるようになったので不満はないけどw

276 :日曜8時の名無しさん:2008/04/29(火) 18:06:22.92 ID:F6YRPRo7
年表ドラマなんて「慶喜」と「葵」くらいだろ。

忠臣蔵と戦国ヒーローが花形の伝奇満載の娯楽編が中心じゃん
そもそも史実なんて時代劇ではナンセンス。今も昔もね。

277 :日曜8時の名無しさん:2008/04/29(火) 23:04:04.20 ID:x3SsvDu/
史実重視派の雄として『草燃える』を挙げたい

苔丸や伊東祐之のような人物が活躍したので
架空色も濃厚な『草燃える』だが
本職の歴史学者を唸らせた実朝暗殺黒幕三浦説を
いちはやく(というより今のところ最初で最後?)映像化したのは
大河史に残る快挙だと思う

278 :日曜8時の名無しさん:2008/04/29(火) 23:51:48.39 ID:HWiGVMv4
なるほど
あれはまじめに作ったな

279 :日曜8時の名無しさん:2008/04/30(水) 00:38:35.35 ID:u/zgzYkx
出演していた滝田栄が「草燃える」を大河史上屈指の名作と言っていた。

280 :日曜8時の名無しさん:2008/04/30(水) 09:11:09.28 ID:qgTAz4lV
滝田栄は四郎の親友で鎌倉御家人で政子を慕っていたが、頼朝に奪われ、日のあたる道を歩き
権力者としてのし上がる北条一族たちとは、正反対の位置づけだったな。
目を潰されやさぐれて、最後権力争いで息子や親族を失った悲運の尼の政子の前に、琵琶法師の格好で
現れ琵琶を奏でる最終回は印象的。まさに諸行無常だ。
永井路子が俯瞰で合理的に描いた鎌倉時代の武士たちの権力闘争をシビアに描いていた。


281 :日曜8時の名無しさん:2008/04/30(水) 22:48:34.68 ID:9l9HQjJw
架空色も濃厚な史実重視派の雄(笑)

282 :日曜8時の名無しさん:2008/05/01(木) 00:48:06.66 ID:47+R0XlN
>>272
史実を丁寧に追う中での慶喜のドラマ的位置づけに苦慮してた感じだ。




283 :日曜8時の名無しさん:2008/05/01(木) 12:14:07.95 ID:rNgSds1W
>>282

渋沢栄一を出さなかったのが失敗だと思う。

284 :日曜8時の名無しさん:2008/05/01(木) 18:12:20.06 ID:DzzD4kCy
>>282
あれは薄っぺらい原作でどうやって1年やるかで苦労してたと思うが。
史実を丁寧に追ったのは引き伸ばしゆえだと思う。

285 :日曜8時の名無しさん:2008/05/01(木) 22:58:59.93 ID:1qYdOeg5
薄いのを伸ばすのならそれこそ渋沢栄一を出せば良かったのにね。


286 :日曜8時の名無しさん:2008/05/01(木) 23:35:20.96 ID:q+8WHHpO
渋沢栄一とか岩崎弥太郎のような財界人の大河は無いのね。


287 :日曜8時の名無しさん:2008/05/01(木) 23:36:28.55 ID:2lWkVSuv
ほんと糞おもしろくもないドラマが好きなんだな>史実厨

288 :日曜8時の名無しさん:2008/05/02(金) 00:39:26.08 ID:rydauL/4
史実を淡々と描いていれば満足らしい

289 :日曜8時の名無しさん:2008/05/02(金) 01:08:47.02 ID:1pmHGx6d
史実では死んだのに生きてるとか(行方不明ならまだしも)、
生きてるのに死なすとか、やめて欲しい。
創作人物に明らかに史料に残る程の活躍させるのも控えて欲しい。
エピソード創作は史実ではわからない隙間だけにして欲しい。
史実と全く逆とかだと見る気が減退する。歴史好きとしては。

個人的にはキャラ性格は創作色が強くても、できるだけ実在の名前に
したらいいと思う(河原村伝兵衛方式?)。その方がリアル。
ましてや幕末なら庶民でも大抵は名前がわかってるだろうし、
描き方で問題がなければ実在の名前は使って欲しいと思う。

290 :日曜8時の名無しさん:2008/05/02(金) 02:49:28.16 ID:gyITmYOh
史実好きの何が不思議って
「娯楽作品」である大河ドラマに「歴史再現」を求めてるところ。
ドラマなんだから創作部分がなくなることはないんだよ。
史実が好きならヒストリーチャンネルでも見てればいいのに。


291 :日曜8時の名無しさん:2008/05/02(金) 07:24:11.58 ID:hAPr22GR
史実を探ることが娯楽そのものなんだよ。
それは、リアリティがあってはじめて歴史ドラマの醍醐味になるので、
ありえない設定になっていると歴史ドラマの意味がない。
ファンタジーのライトノベルならぜんぜん構わないのだけど。

292 :日曜8時の名無しさん:2008/05/02(金) 09:45:40.13 ID:4UzssURc
ドラマである以上、全部ありえん。
義経の八艘飛びなんてウソだし。


293 :日曜8時の名無しさん:2008/05/02(金) 10:52:54.83 ID:prmJVm/K
そもそも原作からして創作だらけで史実無視が多いもの
主人公の存在自体が伝説や創作だらけのもの
大河はけっこうこういう素材が多いからな。


294 :日曜8時の名無しさん:2008/05/02(金) 10:57:54.68 ID:ujM8MAru
おいおい幕末なんて、いまだ勝利した勢力の政治や経済に対する影響が強い時代じゃん。
大久保の玄孫が総理候補だったり女系とはいえ久光の直系が皇室だったり
とても史実に忠実なものが公共放送で作られるとは考えられん。

295 :日曜8時の名無しさん:2008/05/02(金) 11:25:17.46 ID:Jym5P49/
史実通り昔の言葉でやられてさっぱり理解できない史実厨

296 :日曜8時の名無しさん:2008/05/02(金) 11:35:56.73 ID:4UzssURc
>>295
そうそう。
そんなことできっこないからね。

「史実」を活かすってのも程度の問題で、
結局のところ自分の好みのレベルに史実が反映されていないと主張しているのが史実厨。



297 :日曜8時の名無しさん:2008/05/02(金) 11:54:46.44 ID:xrpK7coz
独眼竜政宗とかも史実無視、というか都合の良い主人公美化は結構してたんだがな…

298 :日曜8時の名無しさん:2008/05/02(金) 12:27:01.48 ID:xAsUf+N9
歴史ヲタが大好きな政宗とか真田が大活躍すれば満足する史実厨


299 :日曜8時の名無しさん:2008/05/02(金) 13:53:36.78 ID:4lGLGk7O
それで喜ぶのはヲタっつーか厨房っぽいけどな
ヲタは名古屋山三郎とかが活躍するのが嬉しいんじゃねの?

300 :日曜8時の名無しさん:2008/05/02(金) 13:53:56.78 ID:4lGLGk7O
ついでの300ゲト

301 :日曜8時の名無しさん:2008/05/02(金) 14:36:55.01 ID:MF2bhTgp
>「本当はこうだったかもしれない」
>と思わせる大河ドラマは本物。

忠臣蔵なら「元禄繚乱」がそうだったなぁ。
綱吉を癖の強い癇癪持ちにして、それが歪んだ元禄時代を作って行ったとする史観。
浅野が山鹿素行に強い影響を受けた事もしっかり描いてるし、
綱吉の生母桂昌院の従一位任官が不調に終わったのが吉良を追い込んでいたと
するのもリアリティがあって良かった。
(逆に、従来の忠臣蔵にありがちな事はほとんど排除されたので、忠臣蔵マニアには
評判悪かったようだけど)


302 :日曜8時の名無しさん:2008/05/02(金) 15:01:26.17 ID:ujM8MAru
>301
そうか?従来の史実にヒントを得た「空想時代ドラマ」の域ははみ出していなかったぜ


303 :日曜8時の名無しさん:2008/05/02(金) 15:30:11.12 ID:tkOUtAaf
>>302
ドラマなんだからそこはいいじゃない。面白ければ。
忠臣蔵、確認できる史実に近づけて再現するドラマはみたいな。
イメージががらりと変わって視聴率は取れないだろうけど、
いままでの忠臣蔵とまるで違うものになって楽しみだw

304 :日曜8時の名無しさん:2008/05/02(金) 17:20:47.17 ID:t6uAjW6p
『元禄繚乱』
綱吉パートはたしかに面白かった
しかしあの「岡倉なにがし」は一体何だったのか
私の中では抹殺したい架空人物の歴代第1位である(第2位は加納随天)

305 :日曜8時の名無しさん:2008/05/02(金) 17:39:14.15 ID:PPxM/q7U
>>289
>生きてるのに死なすとか、やめて欲しい

「毛利元就」であったなそういうの。
敵の大将の側近が、未登場人物の替わりに討ち死に。
本来そいつの死ぬべきシーンは別の人物に差し替え。

本来いなければならない人物を出さないから無理が出てくる。
他の例だと、としまつの秀長や功名の利家。

306 :日曜8時の名無しさん:2008/05/02(金) 17:41:53.02 ID:4UzssURc
>>304
随天とソテロ抜きでは、あのドラマの魅力は半減する。


307 :日曜8時の名無しさん:2008/05/02(金) 17:51:40.40 ID:PHXYHNDm
>>305
>秀長や功名の利家
出さなくともこの二人は人員整理でいいんじゃね?
出したって、評議で意見を出すかそれぐらいしか役回りが無いだろ。
結局は製作側の立場を考えもしない身勝手な厨房のワガママじゃないか。

まぁその二作の構成が良かったかと言えばまた別問題だがな

308 :日曜8時の名無しさん:2008/05/02(金) 17:55:52.35 ID:TPfANoV/
太平記では陣内も鶴太郎もフランキーも坊主頭じゃなかった。
明らかに史実とちがう。坊主にしたのは高島弟だけだった。

309 :日曜8時の名無しさん:2008/05/02(金) 17:58:49.33 ID:PPxM/q7U
>>307
出ないなら最後まで無視してれば文句言わんよ。
死んでから「秀長が生きていれば・・・」なんて台詞言わせたり、スペシャルゲストで突然1話だけ出さなければ。
それでも武田家中の内藤さんの無視されぶりには同情するけどw

310 :日曜8時の名無しさん:2008/05/02(金) 17:59:56.21 ID:PPxM/q7U
>>308
出家した奴全員坊主にしてたら風鈴みたいに坊主大会になるのだがw

311 :日曜8時の名無しさん:2008/05/02(金) 18:08:51.65 ID:tkOUtAaf
なんで内藤さんって無視され続けるんだろうかw
武田副将なんて書かれる事もある超大物なのにw

312 :日曜8時の名無しさん:2008/05/02(金) 19:20:50.34 ID:AEK2XkZK
>>310
>出家した奴全員坊主にしてたら風鈴みたいに坊主大会になるのだがw

おんな太閤記だったかな?
終盤、女性キャラが尼さんだらけになって微妙におかしかったことがあるw
設定的には間違ってないんだろうけど。

313 :日曜8時の名無しさん:2008/05/02(金) 19:22:13.43 ID:hAPr22GR
「義経は実はブ男だった」とか、くだらないことを妄想する厨房もいるけど、
そんなことはどうだっていいわけよ。
沖田総司しかり。写真こそ無いけど、記録に残るプロフィールは
面白いことを言っていつも人を笑わせてたとか、子供たちとよく鬼ごっこしてたとか
性格が明るいのでみんなに好かれていた。目がきれいで背が高かった。
剣を取れば天然理心流髄一の使い手で、若くて死んじゃった。
こうなるとイケメン俳優が演じるのが自然だろ?
リアリティってそういうことじゃないの?

314 :日曜8時の名無しさん:2008/05/02(金) 19:29:44.84 ID:tkOUtAaf
>>313
そうだよ。
歴史なんてそのものがフィクション的要素があるから、
確認できる事からいろいろ膨らますのはありなんだよ。
歴史の起源は東は史記、西はヒストリアイだけど、いずれも
個人が書いた物語で、フィクションと無縁じゃないからね。

その腕が悪いから史実厨から文句が出るんじゃないかな。


315 :日曜8時の名無しさん:2008/05/02(金) 19:30:26.07 ID:y70fziR0
>>313
沖田については「目がきれい」なこと以外はイケメンが演じる必要性はないなw

316 :日曜8時の名無しさん:2008/05/02(金) 19:31:44.37 ID:tkOUtAaf
目が綺麗なだけでかなりイケメンになれるぞw

目が綺麗で醜男って結構難しいw

317 :日曜8時の名無しさん:2008/05/02(金) 19:32:07.02 ID:y70fziR0
>>314
自分が気に入った歴史ネタを史実にしたがったり
気に入らない話を叩くために史実と違うと文句付けるのが史実厨というものです

318 :日曜8時の名無しさん:2008/05/02(金) 20:58:31.04 ID:Lcfqj/JC
てことは話が気に入れば史実無視は構わないということかw<史実厨

319 :日曜8時の名無しさん:2008/05/02(金) 21:07:04.77 ID:xrpK7coz
ナポレオン〜獅子の時代とかにも史実厨は文句つけたりすんのかな
クートンが車椅子に自爆装置仕掛けてたのには吹いたが

320 :日曜8時の名無しさん:2008/05/02(金) 21:44:24.62 ID:rUG8PP+R
まあ史実と言っても、
・有名史料に書かれていること
・最近の学説
・後の時代に定着したイメージ
・人物や事件の、逸話や伝説
等々、いろいろなものがごっちゃになってるし。

ただ、やっぱり歴史を題材にしたドラマならば、
上に挙げたどれであってもいいので、
史実と作者との対話によって物語を紡いでほしい。
創作部分が、史実部分と噛み合ないまま肥大していくのは、
制作者が延々と独り語りしてるようなもので、
見ている方は正直辟易する。

321 :日曜8時の名無しさん:2008/05/02(金) 23:24:53.11 ID:auv6IcQv
>後の時代に定着したイメージ

まったく新選組とかで史実とかほざいている奴は
いったい何を言っているのやらって感じだな



322 :日曜8時の名無しさん:2008/05/03(土) 00:34:56.57 ID:DHNtzO21
綱吉もね。

司馬厨もw

323 :日曜8時の名無しさん:2008/05/03(土) 12:58:34.53 ID:rOhy8i+Y
ありえない安っぽーな設定や、いくらなんでも日本史知らないの?
と思えるような設定に史実厨は辟易してるってのが、
どうしてもわからない人がいるみたいね。
創造の余地はいくらでもあるから何と作ってもいいけど
捏造はいかんだろ。って感じかな。

324 :日曜8時の名無しさん:2008/05/03(土) 13:06:57.67 ID:RPpupIN2
そうそう。

今CSでやってる風と雲と虹となんて、資料が乏しいからほとんど
創造による作品だよね。でも設定がおもしろいから毎回のめり込んで
みてしまう。

やはり上手くつくってくださいな、ということさ。

325 :日曜8時の名無しさん:2008/05/03(土) 13:10:59.96 ID:hwfxdNdu
戦国重視、露骨な主人公美化は独眼竜政宗が先鞭つけたような気がする

326 :日曜8時の名無しさん:2008/05/03(土) 13:11:03.57 ID:48rsF6ZF
317の言ってることは一理あるな

327 :日曜8時の名無しさん:2008/05/03(土) 13:20:43.83 ID:wFKv8c+P
架空の主人公でも「黄金の日日」や「獅子の時代」は描く目的がはっきりしていて
わかりやすく、実際の事件を忠実に取り上げていて、波乱万丈で時代の空気も感じられて
面白かったな。両者ともフランスとフィリピンと海外ロケがあったし楽しかった。
素材も自由都市堺の独立独歩の大航海時代の商人と、会津武士と薩摩藩士の勝ち組と負け組みの確執とか
テーマも壮大でちまちました最近の大河とは違ってたな。
音楽を聴くとその時代の気概がかんじられる大河だ。



328 :日曜8時の名無しさん:2008/05/03(土) 13:34:06.98 ID:RFNr6Y1w
>>327
でも、主人公がありとあらゆる大事件に顔を出すので食傷気味になった。
そんな歴史のすべての局面に立ち会う人間はいないし、
自伝、自分史なんかでよくある、筆が滑って未体験の分まで書き込みすぎた部分のよう。
狂言回しに使っていると分かっていても、盛り込みすぎと感じたよ。
主人公が二人の『獅子の時代』でもそう感じたし、『黄金の日々』となるとなおさらだった。


329 :日曜8時の名無しさん:2008/05/03(土) 15:10:21.06 ID:yQCsX5LT
自分的には面白ければ史実云々なんてどうでもよくなるけどなぁ。真っ先にそういうのが目につくのはドラマとして面白くない証拠って感じ。まぁ人それぞれ違うだろうけど。

330 :日曜8時の名無しさん:2008/05/03(土) 18:24:02.32 ID:wFKv8c+P
山田太一の脚本の獅子の時代の、会津藩士が北海道の監獄で強制労働をしたり脱走したりする場面は
山田風太郎の「地の果ての獄」とか連想して面白かったけどね。

あと大航海時代のベネチアみたいな合議政治とかキリシタンとか異国情緒があって、黄金の日日もよかった。
戦国武将VS商人にしたのも、原作者の城山三郎の昭和軍部VS孤高の経済人みたいなのが反映してると思った。
出演者も唐十郎のアングラ劇団の連中や、やくざ映画の悪役専門の大部屋俳優を準主役に抜擢して
当時の反権力の風潮がよく出ていた。
あそこまで悪役の秀吉はいなかったな。

ドラマだから主人公がいたるところにいるのはしかたないが、脚本が練れてたから自分は気にならなかった。


331 :日曜8時の名無しさん:2008/05/04(日) 16:33:07.69 ID:LlGgiKZU
なにも鳥取で篭城につきあわんでもと思ったが。

332 :日曜8時の名無しさん:2008/05/04(日) 16:58:05.67 ID:nbZ3E/R0
317 :日曜8時の名無しさん:2008/05/02(金) 19:32:07.02 ID:y70fziR0
>>314
>自分が気に入った歴史ネタを史実にしたがったり

無論、いくつか説がある中で、一番ぴったりくる説を採るのは見る人作る人の自由だし、
タイムマシンじゃないんだから史実厨だってそのへんはよく分かってると思うよ。
ただ、苦し紛れの時間稼ぎとかドラマの都合上のごり押しとかが見えちゃうと、
大河を見ている醍醐味が一気に吹っ飛んじゃう気がするもんで彼らの不評を買うんだよ。


333 :日曜8時の名無しさん:2008/05/04(日) 20:56:32.64 ID:KqupujvU
史実に忠実なのは いのち

334 :日曜8時の名無しさん:2008/05/04(日) 21:06:18.93 ID:felHeNsW
太平洋戦争時代は史実と違うと発禁になるんだべ。

335 :日曜8時の名無しさん:2008/05/08(木) 23:47:38.87 ID:1BEgTh1P
>>334
言論表現の自由違反では?

336 :日曜8時の名無しさん:2008/05/09(金) 11:41:02.75 ID:7rQ/jSi1
主人公の美化の極致は徳川家康だろう

草燃えるは善良な脇役が最後は主役で腹黒い最高権力者になっていた

黄金の日々の秀吉も前半はいい人だったよ

337 :日曜8時の名無しさん:2008/05/09(金) 17:46:37.02 ID:ovzu5DOr
>>334
違ってなくてもクレーム必至な箇所多数だろうな。
坂の上の雲が放送されたら一悶着あるんじゃね?

338 :日曜8時の名無しさん:2008/05/09(金) 18:43:26.21 ID:Ld3v/PwT
篤姫でも実際はドラマはラブコメで歴史を全然描いてないのに
なぜか維新史や歴史認識問題や皇室問題などで揉めてるからな。

「黄金の日日」なんか朝鮮出兵をした庶民出の秀吉は民衆の敵で悪党に描かれてるし(今なら批判する人も出てくるだろう。)
「獅子の時代」は明治政府の暗黒面を容赦なく抉り出し、会津戦争や北海道開拓の暗黒史の囚人への強制労働や拷問や
足尾鉱毒事件やキリシタンや民権運動への弾圧など、シビアに描いていて
昔のほうがNHKも容赦がなく表現の自由もあったようだ。
「坂の上の雲」も題材が題材だけにバトルが楽しみでもある。
原作者の遺族は戦争賛美だけはしてほしくないというのが許可した条件らしいが。
初の国民国家の黎明期に大国を敵に回して、悪戦苦闘した先祖の人間ドラマを見れるから
たのしみだ。

339 :日曜8時の名無しさん :2008/05/10(土) 09:51:06.86 ID:ve/7DWAK
黄金の日日の秀吉が凶悪化したのは
演じた緒形の切望でもあったらしいけどね
「太閤記」と違うキャラをやりたかったようだ

340 :日曜8時の名無しさん:2008/05/10(土) 19:00:59.17 ID:lprhQc1z
凶悪なキャラは凄みがあっておもしろい。
「復讐するは我にあり」の殺人鬼とか。
聖徳太子の蘇我馬子も良かった。


341 :日曜8時の名無しさん:2008/05/10(土) 19:47:02.59 ID:s+DoLBHL
「村重汚し!」


342 :日曜8時の名無しさん:2008/05/11(日) 12:42:47.00 ID:iSBN3OGG
このスレの反応や中国や半島の歴史捏造を目の当たりにして
日本の史書は意外にニュートラルで正確なのかもしれんな。
逆に大陸や半島は1/1000くらいせんとね。
三国志の戦いも実は1000人規模の戦争だったかもしれんね。

スレ違いだろうがなんとなく思った。

343 :日曜8時の名無しさん :2008/05/11(日) 15:55:37.71 ID:gBV5YCry
「武田信玄」の第4次川中島合戦直後の回で
武田上杉双方の家臣が「我が軍の勝利」「こたびの勝ち戦」を
連呼していたのが可笑しかった

こうやって事実は作られていったんだな

344 :日曜8時の名無しさん:2008/05/11(日) 16:33:18.15 ID:M8NvjSgk
>>342
三国志の時代は把握できてる人口が全部で500万くらいなんだよね。
これだと中国全土の兵力が20万ありゃいいとこ。
一会戦の動員兵力はあわせて数千人くらいが普通と思う。
だけど物凄い数の兵力動員が記されてるよなw

345 :日曜8時の名無しさん:2008/05/11(日) 16:36:55.97 ID:fKFo5Crn
平家物語や太平記も、20万だ50万だと似たようなことをやっているという事実。
中国の史書や物語を真似て作られた日本の史書や軍記物語が、本家の中国よりニュートラルだなどと、いったい何を根拠に…。
だいいち、342が書いている『三国志』って、どうせ『三国志演義』だろうに。


346 :日曜8時の名無しさん:2008/05/11(日) 17:52:52.46 ID:XzzrqM6h
>345

つ あんたの反応

347 :日曜8時の名無しさん:2008/05/11(日) 18:41:39.92 ID:CVsWwVkW
・親父を殺された曹操は100万の大群で陶謙のいる徐州を攻めた
・楠木正成は、千早城で100万の鎌倉軍を釘付けにした

目くそ鼻くそだろうけど、どっちが100万に近かったかといえば
多分後者なんだろう

348 :日曜8時の名無しさん:2008/05/11(日) 21:58:02.80 ID:fKFo5Crn
>>347
なんで?


349 :日曜8時の名無しさん:2008/05/11(日) 22:18:30.91 ID:M8NvjSgk
鎌倉時代の日本は人口1000万くらいはいるようだからじゃないかい?
フル動員したら40万くらいは動員できそう。
この場合の100万はとても多い、くらいの意味だろうねw
実際は数万くらいかな。
でも当時にしたらそれでもとてつもない大軍感覚じゃないかな。

350 :日曜8時の名無しさん:2008/05/11(日) 22:24:17.60 ID:tQ/KRkyM
下田を駿河と言ったり、江戸から見える富士の両側に丹沢山地がまったく無かったり、
史実よりもそういうのが気になった今日の篤姫

351 :日曜8時の名無しさん:2008/05/12(月) 09:21:01.75 ID:4mQV7aS+
>>349
そういう一方の事情だけを斟酌する姿勢はニュートラルじゃないね。
その100万認めてしまったらそれこそ捏造。


352 :日曜8時の名無しさん:2008/05/12(月) 11:21:58.86 ID:4ib6Qbxl
史実史実という方々の中に、司馬の小説をノンフィクションと思ってるやつが混じってるのが話をややこしくする
そういう連中の声の方が大きいのが始末に悪い


353 :日曜8時の名無しさん:2008/05/12(月) 11:31:20.61 ID:wu94Lj2B
>>350
>下田を駿河と言ったり、

確かに変だと思ったw

354 :日曜8時の名無しさん:2008/05/12(月) 22:07:47.56 ID:R7+dv1Ci
>下田を駿河と言ったり
その部分、見ていなかったから気がつかなったんだけど、本当?

歴史を題材に作品を書くという行為に集中していない脚本家がお馬鹿なら、
訂正しなかった(又は見逃した?気づかなかった?)大河制作スタッフの
劣化馬鹿ぶりもたいしたもんだ。
時代考証の正否に、時代劇をつくるうえでの心構えが・・・・www



355 :日曜8時の名無しさん:2008/05/14(水) 06:55:47.51 ID:C3cJCAgz
例えて言うならこういうことだろ。

昔、3億円強奪事件があった  ・・・・・・・・・・・事実
真相は未だ謎、当時の報道と警察の調書が残るのみ・・・・史実
もしも、犯人が政府高官の息子なら、
裏側でどんな騒動が起きてるだろう・・・・・・・・・フィクション

史実厨はたぶんこれならおk

しかし、ドラマの中で警察が携帯電話で連絡を取り合うとか
DNA鑑定に出して解決するとか
センター試験のエピソードがあったりすると・・・・時代考証無視
ということかな。
実際携帯電話があると無しでは、根本から物語が変わってくる可能性があるからね。

356 :日曜8時の名無しさん:2008/05/14(水) 13:04:47.45 ID:np5jnM+Q
大変わかりやすいたとえ。

篤姫も姫が出歩くとか、肉親以外の男女が一緒にいるとか、当時の上流武士階級の
儒教道徳ではありえない。
殿様階級の篤姫の父親夫婦が常に寝室が一緒はありえない。
香道は薩摩では特権階級でもやらない贅沢な事だった。
尚五郎の雪の結晶の柄の着物は明治になるまで薩摩には存在していない。
身分制度が厳しい封建社会なのに、登場人物が自由に意見を言いすぎる。

もっといろいろあるけど3億円事件の時代に携帯を使うほど不自然だから
喉に骨が刺さったように見ていて、つねに違和感があるんだな。
身分制度がガチガチで資料が豊富で生存者もつい最近まで生きてきた幕末は、
戦国時代のようにごまかしも利かないところが難しいな。
しょせんドラマだから現代の価値観で描いても気にならない人もいるだろうけど。
いままでいろいろな大河をみてきたけど、ほかの時代に無知だったせいか
あまり気にならなかったけど(赤マフラーとか架空の人物とかお遊びと思って)
今回は現代に直結してるせいか、なんか気になる。

357 :日曜8時の名無しさん:2008/05/14(水) 15:06:27.62 ID:bXmTv4Fq
携帯の有無のような社会環境と価値観とで議論がごっちゃになってるぞ

358 :日曜8時の名無しさん:2008/05/14(水) 16:30:23.35 ID:YCmT+jRg
西郷さんが立派に描けていれば、すべて許そう。


359 :日曜8時の名無しさん:2008/05/14(水) 18:29:32.53 ID:C3cJCAgz
脚本家が、本気でこの時代のこと知ろうとしなかったな。
って言うのが、ありありと見えるというか、
「携帯のない時代に、人はどうやって待ち合わせしたんだろう」
と、不思議がる今の中学生くらいの好奇心をもって、
ドラマを作ってほしかった。

360 :日曜8時の名無しさん:2008/05/14(水) 18:41:35.18 ID:Eov3a4LT
脚本家で携帯が普及していなかった時代を知らない世代が既にいるのか・・・orz

361 :日曜8時の名無しさん:2008/05/14(水) 18:42:34.17 ID:Eov3a4LT
ああ、例えかw
でもいてもおかしくないかなあ。。。

362 :日曜8時の名無しさん:2008/05/14(水) 21:07:21.65 ID:gdP7Lkt1
>>359
携帯の無い時代の待ち合わせは約束が全て
時間に遅れたらどれだけ相手に迷惑になるか
だから皆時間には敏感になった

今の世の中、それこそ携帯で一言謝れば
済む話だから、若者がズボラになるんだよな

めっちゃスレ違いスマン

363 :日曜8時の名無しさん:2008/05/14(水) 21:39:35.77 ID:YV22oBJ2
脚本家がその時代のことを知ろうとしなかった点では、
「純情きらり」の脚本を書いた浅野もそうだな。
実に滅茶苦茶な戦前〜戦中〜戦後だった。

同じ宮崎あおい主演だってのもね。

364 :日曜8時の名無しさん:2008/05/14(水) 21:46:44.77 ID:kYG7HHs5
ドラマだからいいんじゃないの。っていうのが日本人のメンタリティ。

365 :日曜8時の名無しさん:2008/05/15(木) 02:19:03.11 ID:Zp6nMCu6
ある程度時代考証のディテールを無視しても、
その時代の心意気が伝わればいいや、って言うのも中にはあるよね。
その辺の兼ね合いが難しいかなあ。

366 :日曜8時の名無しさん:2008/05/15(木) 06:50:52.40 ID:hqaul3V5
まあ着物の柄なんかはこっちもよく判らんからいいけど
ものの考え方とか価値観とかはなるべく当時を再現してほしい

NHKは美術や調度品の時代考証には手間ひまをかけるらしいのに
どうして価値観の時代考証はしないのか

367 :日曜8時の名無しさん:2008/05/15(木) 09:16:56.80 ID:DqPfpfRK
衣服や調度をいいかげんにする態度で、時代の心意気だけは伝えるなんて無理だと思う。
新選組!で、多摩時代の土方が袴はいて二本差ししてたけど、あれっていいの?
百姓がそんな簡単に武士の格好が出来る世界で「身分制度が辛い」なんて言われても。


368 :日曜8時の名無しさん:2008/05/15(木) 09:24:21.93 ID:DqPfpfRK
あと実際のエピソードでも、作っていいことといけないことというのがあると思う。
組!でいえば、

まあ別に構わない→
近藤の妻が京都まで訪ねてくる

ぎりぎり許せなくもない範囲だが、やっぱり観てて不愉快→
近藤の京都での女性関係描写

許しがたい捏造→
近藤が京都で清河八郎を逃がそうとする・芹沢殺しの後野口健司を水戸に逃がしてやる

ほんと、こういうのを観ると「事実を伝える事=歴史の真実を伝える事ではない」
というテーゼは本当に愚劣だと思う。
少なくともそれを公言する製作者や信者は最低。
たんに、自分の好みに合わせて事実という現実を改変しているのをごまかしてるだけじゃないか。


369 :日曜8時の名無しさん:2008/05/15(木) 09:25:39.80 ID:xaf2fVB5
形式的な身分制度は厳しかったけど庶民はおおらかで
迫害や統制の少ない江戸時代を、どうやってうまく再現するか

しきたりや制度を誇張すれば共産帝国や戦時中のノリ
おおらかさを現代基準で演出すればほとんどファンタジー。
脚本家も演出家も腕の見せ所だね。

370 :日曜8時の名無しさん:2008/05/15(木) 17:35:27.36 ID:sSWiUQGj
終わってみなければ評価は固まらんのかもだけど
今やってる大河も大概

371 :日曜8時の名無しさん:2008/05/15(木) 20:40:32.24 ID:GQ/W4deZ
マルコ・ポーロが日本語で赤いマフラーの侍と話すシーンは、
もはや大河ドラマではなく
日本人の作った作品ですらなく
外国映画の「ヘンなニッポン」のようだった…

372 :日曜8時の名無しさん:2008/05/15(木) 20:54:29.59 ID:fGnvKi6D
あげく日本の海賊がフビライのところに殴り込みに行った日には

373 :日曜8時の名無しさん:2008/05/15(木) 21:26:41.09 ID:n3YZjUnY
フビライがエビフライに見えてしまう。

374 :日曜8時の名無しさん:2008/05/15(木) 23:20:19.25 ID:OPZWLLi7
>>368はアチコチに同じことばっかり書いてて粘着質すぎ。

375 :日曜8時の名無しさん:2008/05/16(金) 00:19:19.78 ID:bcNN57n+
他人のやっていることをやたら不当だと攻撃するくせに
書いてる内容は全面的に自分本位だよなあw

376 :日曜8時の名無しさん:2008/05/16(金) 01:41:37.12 ID:sHuaFCO7
予算に忠実な大河はあっても史実に忠実な大河はあるわけがない。

北条時宗の赤マフラー生存については、当時の記録にも
「時輔生存の噂が出た」程度はあったけど。

377 :日曜8時の名無しさん:2008/05/16(金) 08:16:28.60 ID:mS6ByCX+
時宗に関しては

余裕でおk:カタパルトを持ち込むモンゴル軍、ハチは孤児、教科書でお馴染みの一騎打ち→元軍にフルボッコにされる説
脚色としてはアリじゃね?:時頼毒殺事件、長時暗殺事件、フビライ暗殺未遂事件。
これはマズいだろJK:赤マフラー大都珍道中、日本語ペラペラマルコポロリ
Fuck!:あらしでしにそうなもうこのみんなをたすけよう、おや?鎌倉側にはプロ市民の方がいるようですね?

378 :日曜8時の名無しさん:2008/05/16(金) 11:04:19.67 ID:36wQUq3i
要は創価がプロ市民を突っ込みたいだけだろ


379 :日曜8時の名無しさん:2008/05/16(金) 11:52:23.89 ID:5HafSK8/
中国大陸でターバンのペルシャ商人と藤竜也演じる直垂の海賊が
立ってる場面はシュールで面白い絵だった。ありえないけど。
あと蒙古軍使節が博多に来たとき肉親を殺された民衆たちに惨殺されて
菰をかけられ遺体で並んでいた場面とか印象深い。
脚本が平和主義と主人公美化に流れなければ、壱岐や対馬で蒙古軍が乱捕りしたり
水軍が蒙古船を夜襲したり面白かったんだが。
いまの大河のみんな善人で仲良しこよしと比べれば、いろいろなヒールが出てきて
脇が濃くて面白かった。
史実をドラマを面白くするためいじってるのはわかってたが、その時代に興味を持った。
つながりで映画「モンゴル」も見た。

380 :日曜8時の名無しさん:2008/05/16(金) 13:08:07.47 ID:9QoXtmNl
あーあ、またウッドベキアが感想文を

381 :日曜8時の名無しさん:2008/05/18(日) 12:05:18.72 ID:7bU3aTrS
史実無視しても面白ければ良いのだ(`∀´)

382 :日曜8時の名無しさん:2008/05/18(日) 14:01:37.52 ID:DfTL/Hwo
つまり今年の大河は落第と

383 :日曜8時の名無しさん:2008/05/18(日) 15:59:03.81 ID:6XtA6CV4
そう思うのは個人の勝手

384 :日曜8時の名無しさん:2008/05/18(日) 21:03:07.77 ID:vbhpt5p4
>>381
北条時宗は酷評されてるけど
平頼綱の出自云々に関しては史実厨もケチつけないしな

385 :日曜8時の名無しさん:2008/05/19(月) 05:00:38.42 ID:khUJDCmy
平頼綱の演技が良かったから、女同士のバトルとか興味がなかったが
その役者の家定演技を見たいためにフジ大奥を見た。
おもしろい家定だった。
三条夫人にヒサに義元にみつなど、去年の大河にフジ大奥に出てた役者さんが多数出てた。
フジは娯楽で大河は真面目な歴史ものというジャンル分けがあったが、最近は違いがなくなってきたようだ。


386 :日曜8時の名無しさん:2008/05/19(月) 10:45:35.45 ID:7BTptD/F
>>385
これ、何だかんだいって結局はフジ大奥マンセーね。
例の人だろ。

387 :日曜8時の名無しさん:2008/05/19(月) 13:37:57.06 ID:D3GAkJb3
年齢設定がデタラメで当時の雰囲気が見えてこない。
気鋭新鋭の若手がことごとく中年男がやってる場合が多い。
阿部老中とかひでぇ
風林火山の上杉憲政とか超オヤジ登場だったのに天地人で再登場の憲政をどうするつもりかと今から破綻ぶりが楽しみなんだがw

388 :日曜8時の名無しさん:2008/05/19(月) 15:31:46.52 ID:ZzFHigWZ
風林火山の登場人物の年齢が
天地人の登場人物の年齢とどう関係するんだ?

389 :日曜8時の名無しさん:2008/05/19(月) 15:37:13.11 ID:9HOs8im1
>>385
昨日のはまんま
民放のバカ殿コントだったからねえ
まあ笑えたんだけど

390 :日曜8時の名無しさん:2008/05/19(月) 20:16:40.94 ID:6Xi+U5KW
史実に忠実・・・「草燃える」 実朝暗殺事件について学界をもうならせた永井センセはすごすぎ

史実無視 ・・・「利まつ」 「わたし」に任せたら、どんどんぼーそーしちまった

391 :日曜8時の名無しさん:2008/05/19(月) 20:27:07.95 ID:pxioswIx
史実というかビジュアル以外の全てにおいて基本的に間違った方向だった…「義経」

392 :日曜8時の名無しさん:2008/05/19(月) 20:40:22.48 ID:ta6bJco1
>>387
阿部殿は享年37歳。
島津斉彬、享年50歳。
井伊直弼、享年44歳。

むむむ・・・・確かに

393 :日曜8時の名無しさん:2008/05/19(月) 21:11:57.89 ID:VfQVNQti
永井先生の視点はすごい。大河にはなってないが関ヶ原の戦いでの北政所vs淀殿の構図とかも。
初期のころは歴史学者に酷評されたらしい。

394 :日曜8時の名無しさん:2008/05/19(月) 21:22:29.28 ID:cPOz1hQz
>>387
昔の人は老けるの早かったんだし別によくね?
松尾芭蕉なんて50前で死んだけど、肖像画見たら
70過ぎの爺に見えるじゃん。

395 :日曜8時の名無しさん:2008/05/19(月) 21:51:36.53 ID:P2M9ZKVz
>>393

若い頃は誰にでも過ちはあるものだよ。

396 :日曜8時の名無しさん:2008/05/19(月) 22:11:45.71 ID:6Xi+U5KW
>>393
つか、そもそも歴史学者小説家なんて相手にしていない。アウトオブ眼中の存在。
歴史学者がそれなりに評価してるのは、松本清張、司馬遼太郎の両大御所、山本周五郎、そして永井センセくらいではないだろうか。

もし「酷評」されていたとすると、ある意味それだけ注目されていたともいえ、初期のころからただものではなかったことの証明でもある。


397 :日曜8時の名無しさん:2008/05/19(月) 22:55:28.51 ID:W+jHA7j6
まあなんだ旦那一族の縁

398 :日曜8時の名無しさん:2008/05/20(火) 09:59:43.42 ID:xHodgrxx
>>396
歴史学者が読んで、わずかなりともうなずくのは文献をちゃんとあたれる人だけ。
よって、その4人の中では永井さんだけ。

399 :日曜8時の名無しさん:2008/05/20(火) 11:06:29.15 ID:44nHLWhr
歴史学者だっていろいろだから、
そんな話はどうでもいいよ

400 :日曜8時の名無しさん:2008/05/20(火) 11:31:14.27 ID:BJgTih9k
まあそうだな

401 :日曜8時の名無しさん:2008/05/20(火) 11:43:28.52 ID:kefye/po
歴史学者ですら自説に都合の良い文献だけ揃える傾向が多いが
小説屋の場合、さらにその傾向が強い。
ドラマとなると、ストーリー進行の妨げになる説はスルー。

402 :日曜8時の名無しさん:2008/05/20(火) 11:58:36.67 ID:IgYXTxWX
その4人に共通してるのは戦争を経験して、いままでの価値観が180度
ひっくり返った状態を経験してるから、斬新な物の見方ができるんだろう。
戦争経験者なのも極限状態を経験してるのも、いまの作家より肥やしになって
強みになってる。
松本清張の古代史サスペンスもの「火の路」だっけ古代女帝がゾロアスター教の影響をうけてるとか
いうやつおもしろかった。またやってくれないかな?栗原小巻が出てたような。
「西郷札」とかも良かった。
永井路子は「執念の家譜」を読んだが鎌倉御家人たちの権力闘争が陰惨ですごかった。
松平健は「草燃える」の北条が大河のなかでは一番いい演技だったね。


403 :日曜8時の名無しさん:2008/05/20(火) 14:23:52.92 ID:aOpF1u6B
>398
江戸洋学史研究の泰斗、佐藤昌介教授は「小説渡辺崋山」の著者・杉浦明平の歴史エッセイ「崋山探索」
を読んで舌を巻いた。
崋山が投獄された際の救援会の活動ぶりの調査に、
「本当によく調べてありますね、われわれ学者というのはああいう細かいことをしないんですが」
とのお墨付き。

歴史学者が真正面から小説家にシャッポを脱いだ発言は、アレしか知らないなあ。


404 :日曜8時の名無しさん:2008/05/20(火) 15:07:26.59 ID:I20/DNWB
>>403
杉村明平は地味だけど良い仕事をしているよね。

松本、司馬、山本周五郎に永井路子以外にも
(この4人にだって、創作時期や媒体や趣向によっては
娯楽色の濃いものもあるしね。同作家の書く傾向がみな一様とは限らない)
吉村昭や中村彰彦の作品にも細かな調査が感じられる作は多いよ。

でもね、>399の言うように、学者も色々、作家も色々だ。
じっくり時代考証をして実地研究をしても
作品にそれをすべて投影していないことがほとんどだし
『小説」という創作文芸なんだから、想像を加えるのも当然のこと。

で、>398は決め付けだろうな。また決めることでもない。



405 :日曜8時の名無しさん:2008/05/20(火) 16:07:38.11 ID:NYvPsinW
>>387
>>388
風林火山の上杉憲政
謙信の元に逃げてきた時はまだまだ若き遊び人29歳のはずが、
登場したのが市川左團次で暗愚の爺67歳。
さらに天地人での登場では御館の乱で殺されるのが57歳の時なので
コイツは不老不死の妖術家かと視聴者が混乱するだろw


406 :日曜8時の名無しさん:2008/05/20(火) 17:00:08.53 ID:0iBkuSr8
史料と言えば、田沼意次が賄賂を断ってたってのは大石慎三郎の誤読らしいけどな

407 :日曜8時の名無しさん:2008/05/20(火) 17:08:21.94 ID:kefye/po
誤読から小説のネタとして取り上げられ、史実として普及する例も有るからな。
有名なのは関ヶ原直前に家康の屋敷に逃げ込んだ石田三成のエピ。

408 :日曜8時の名無しさん:2008/05/20(火) 21:58:19.94 ID:vrfRsS2E
>>404
学者にしろ作家にしろただの史料凝集家では仕事にならず、その上に合理的な時代説明なり
作家的メッセージ(場合によってはエンタメ性も)があってナンボだからねぇ。
その辺がただの歴史オタとは一線を画すわけだし。


409 :日曜8時の名無しさん:2008/05/20(火) 22:39:57.03 ID:xHodgrxx
「小説を書くために古文書を読んだことは全然ない。学生時代に学校で古文書学を教わったが、全部忘れてしまった。
専門の学者では、古文書で調べることが絶対に必要だが、小説家には全然―といってよいだろう
―必要でない。小説は事実を書くものではない。」
(海音寺潮五郎『古文書いじり』)

小説は小説、歴史学者は歴史学者で役割が違う。
そのことは承知するゆえ、なおさら文献をあたれない作家を学者が学者として評価するわけがないとも思う。
そしてその作家が原典をあたれるかどうかは経歴をみればある程度わかってしまうところがある。
海音寺さんは、国学院高等師範出身で、作家になる前には国漢の教師だった人で、
古文書はよく読んでいる人だ。



410 :日曜8時の名無しさん:2008/05/21(水) 00:43:42.49 ID:178B0KPy
>>409
>原典をあたれる 作家を紹介したいのは良くわかったけど
もう何だか少々脱線しかかってる。
海音寺は好きな作家だし、調べて書く人も好きだけど、
>古文書はよく読んでいる人だ。
って2ちゃんで貴方に指摘されても、ふうんって感じだよ。

また、作家として歴史題材を生かせる文章力、筆力と
>学者が評価する はあまり関連づけることも無いしな。

411 :日曜8時の名無しさん:2008/05/21(水) 01:05:12.51 ID:hqDj8sVY
おまいらはこのスレで何がしたいんだw

412 :日曜8時の名無しさん:2008/05/21(水) 02:16:37.11 ID:kCKf9s0b
史実を語ることの正当性を主張したいんだろ

413 :409:2008/05/21(水) 08:51:38.71 ID:WpKk3E1r
>>410
>また、作家として歴史題材を生かせる文章力、筆力と
>>学者が評価する はあまり関連づけることも無いしな。

要は、
>>396
>歴史学者がそれなりに評価してるのは、松本清張、司馬遼太郎の両大御所、山本周五郎、そして永井センセくらいではないだろうか。

みたいな考えは誤解だと言いたいだけ。

414 :409・413:2008/05/21(水) 08:52:43.30 ID:WpKk3E1r
>>410
>また、作家として歴史題材を生かせる文章力、筆力と
>>学者が評価する はあまり関連づけることも無いしな。

まったくそのとおりだと思う。

415 :日曜8時の名無しさん:2008/05/24(土) 10:54:15.53 ID:PhkCJGEd
面白きことも無き時代を面白く見せなすものは脚本なりけり

416 :日曜8時の名無しさん:2008/05/24(土) 12:38:57.10 ID:4J1vH552
高杉晋作も観たいな。

417 :日曜8時の名無しさん:2008/05/25(日) 11:27:11.66 ID:u+EoZyaD
材料を厳選するのは苦手でも、料理をする腕と味見ができればね。

418 :日曜8時の名無しさん:2008/05/27(火) 13:24:18.82 ID:AXqEl87C
明治より近代を大河化すると善玉は良いが悪玉の子孫からクレームが付き
困ることがあるそうです。史実に忠実でもその行いの評価について解釈が
いろいろなので自由なドラマ化が難しそうです。
近代史は仕方ないことかな。
それならいっそ卑弥呼の時代とか。
これも関西派と九州派の争いがあるから難しいかな。

419 :日曜8時の名無しさん:2008/05/27(火) 13:57:07.16 ID:VzuR0bsn
悪玉の子孫が下手な権力持ってたりするしねー

420 :日曜8時の名無しさん:2008/05/27(火) 14:09:37.95 ID:993xW2bn
悪玉つっても悪い事をして悪玉扱いされてるわけじゃないしw

421 :日曜8時の名無しさん:2008/05/27(火) 14:11:51.41 ID:WDGulHf5
最後にお堂から馬が飛び出る奴

422 :日曜8時の名無しさん:2008/05/27(火) 18:29:29.71 ID:Z4VloFTZ
>>418
「山河燃ゆ」は日系人たちからクレームがきて、脚本変更があったな。
「春の」の奥宮健之とか、「翔ぶ」の宮崎八郎が名前を変えていたのも子孫がらみかな。

民放だが「田中角栄」をドラマ化しようとしたら、脚本を見て、
例の角栄のお嬢様がギャーギャーわめいて中止ってのもあった。

423 :日曜8時の名無しさん:2008/05/27(火) 18:47:09.74 ID:lMVgIYBv
島津久光公の子孫が「錦江会」という親睦会をつくっている。
今上天皇のご一家もこの会員である。

424 :日曜8時の名無しさん:2008/05/29(木) 08:37:24.23 ID:Cu85bPrY
小松帯刀を史実のような性格付けでドラマにしてもらいたい

425 :日曜8時の名無しさん:2008/06/04(水) 03:51:41.60 ID:uhESZdof
創作である原作小説さえ破壊しきってるこのドラマ「篤姫」に、
史実に沿ったような人物造形を要求するもんじゃ無いよな。


426 :日曜8時の名無しさん:2008/06/04(水) 07:15:19.19 ID:BStFtX+V
>>422
「私たちの祖国はアメリカだけ」って馬鹿なクレームをつけたんだよな。
学生時代を日本で過ごした「二つの祖国」の主人公とあんた達は境遇が違うのに。

427 :日曜8時の名無しさん:2008/06/05(木) 04:10:06.38 ID:AKFZ7ShB
家定は賢すぎる。
小松帯刀はアホすぎる。
ここまで違うと、なんか、シラケるような感じ。
それとも自分が史実を間違えて覚えているのかな。

428 :日曜8時の名無しさん:2008/06/05(木) 10:23:59.36 ID:Gq/ouVJr
>>427
家定は機能障害だけで知的には問題なかったという説を採ってるんでしょ。

429 :日曜8時の名無しさん:2008/06/05(木) 10:49:05.08 ID:Vwjj4/8J
ていうか家定を美化しなきゃドラマにならないじゃん
実際の家定は実の父親家慶にも見切られて甥の慶喜を可愛がり一橋家の養子にしているし

430 :日曜8時の名無しさん:2008/06/05(木) 19:26:09.84 ID:ewrsUmZx
>>286がビンゴだったのが驚いた

431 :日曜8時の名無しさん:2008/06/05(木) 22:27:56.17 ID:bEbzs7gk
>>428
家定の心身状態の諸説なんて、はなから検証もしていないんじゃないの。
単純にヒロインの相手役だから奇麗事に設定しただけだろ。

432 :日曜8時の名無しさん:2008/06/05(木) 22:39:47.89 ID:5DYF4BgH
史実厨の社会適応能力を心配するぜ

433 :日曜8時の名無しさん:2008/06/05(木) 23:43:43.18 ID:Q13XKjxU
エンタテイメント性やドラマとしての面白さ、主要な視聴者層向けの内容を重視する民放の大奥と、
いろいろな層が見る歴史ドラマとしての大河では、やっていいこととやってはいけないことの違いは大きいと思うんだが

434 :日曜8時の名無しさん:2008/06/06(金) 00:23:50.59 ID:c1yJ2hPw
>やっていいこととやってはいけないことの違いは大きいと思うんだが

そういうのは個人差だからねえ。
まあ、ものには限度があるという意味では同意だが議論にはならんわな。

435 :日曜8時の名無しさん:2008/06/06(金) 00:24:37.93 ID:607M7AWN
ぐははは。忠臣蔵を堂々と芝居のネタのままやるのが大河だよヴォケ。

時代劇だよタイムトラベルでも何でもこいだ

436 :日曜8時の名無しさん:2008/06/06(金) 00:28:37.76 ID:607M7AWN
タイムトラベルは言い過ぎた。少年ドラマシリーズと競合するな。

437 :日曜8時の名無しさん:2008/06/06(金) 01:16:48.26 ID:jlv+g0xm
まあ大河ドラマ花の乱なんて日野富子が2人いて、義政に嫁いだ方が鬼がレイプして生まれた
人間だって設定だったからねぇ、民放以上の捏造だろ(w

438 :日曜8時の名無しさん:2008/06/06(金) 01:37:42.67 ID:trcpzc+r
それを言うなら安徳天皇生きていた、の方がw

439 :日曜8時の名無しさん:2008/06/06(金) 01:53:56.85 ID:NH+pMPLr
>>438
入れ替わり説は初めて聞いたけど、生存説はあるから許容範囲。

為朝、義経、光秀、秀頼、幸村、西郷なんかの生存説も
やってほしいような、やってほしくないような…

440 :日曜8時の名無しさん:2008/06/06(金) 05:16:17.66 ID:CHBSNnzp
『炎立つ』の時に原作の高橋克彦は
義経生存→北行 の線でやってほしかったらしいのだが
結局なんだかよくわからない終わり方になったのは
やっぱり反対とか圧力とか色々あったのだろうか

441 :日曜8時の名無しさん:2008/06/06(金) 17:15:08.76 ID:LOLemymQ
ドラマなんだから、ほぼ確実な史実以外はある程度曲げていいと思う。
政宗が両目だったり謙信が女だったりしたら駄目だけど。

442 :日曜8時の名無しさん:2008/06/07(土) 02:17:44.13 ID:X40BR7dO
>>437
「花の乱」は、はなっからファンタジーと思って見てたけね。
だって、始まりからメルヘンなんだものw

>>438
平家の興亡があまりに劇的だったから、安徳天皇生存説なんて
鎌倉時代から色んな地方に伝承されていたんじゃないの。
安徳帝生存&実は女子、なんて歌舞伎は江戸時代に成立したもんだけど
義経とともに民間伝承や軍記ものや諸文芸の世界では
源平争乱の色々な逸話が庶民の間にも流布していたと思われる。

443 :日曜8時の名無しさん:2008/06/07(土) 10:35:29.96 ID:zbhddllg
作家によって大衆に受けのいいストーリーが創作されてきただけだろ。
まったく問題ない。

逆に史実をリアルにからませて「もっともらしい嘘をいれる作品」の方が
タチが悪い。 でもまぁ後世の歴史家を悩ますのも悪くないか。 


444 :日曜8時の名無しさん:2008/06/07(土) 11:25:29.20 ID:Olo5Olbv
プレスリーは生きていた。

445 :日曜8時の名無しさん:2008/06/08(日) 01:29:54.36 ID:s/bcyHz1
著名な歴史人物への新たな評価ってのをもっとやってほしいなあ
そういうことができるのも大河ならではだと思うし

446 :日曜8時の名無しさん:2008/06/08(日) 02:30:31.68 ID:5wIysD2b
>>445
だいたい失敗してるからいらない。
例 「信長」「徳川慶喜」「武蔵」などなど

新たな人物の再評価って、作家が構想を練ってこつこつ資料集めをして10年計画でやってるから可能になるのであって、
やっつけ仕事で脚本を脚本家ができる仕事じゃない。

447 :日曜8時の名無しさん:2008/06/08(日) 02:44:45.47 ID:S3aW3JPh
家定英明化にワロタ
まあそうしなきゃ、おきゃん姫の寄って立つ瀬が無いんだろうけど

448 :日曜8時の名無しさん:2008/06/08(日) 10:30:13.91 ID:4ziIwaGm
まあ夜、篤姫と二人きりの時だけ英明化するみたいだからいいんじゃない?
史実に影響なし(w

449 :日曜8時の名無しさん:2008/06/08(日) 10:57:06.29 ID:gkSyrwkc
家定の死に目に会えないどころか
死後数日経ってからやっと人づてに伝え聞くってのも改変?

450 :日曜8時の名無しさん:2008/06/08(日) 11:20:20.57 ID:0QpLLrVg
ひと月くらいして伝え聞いたんじゃなかったっけ?

451 :日曜8時の名無しさん:2008/06/08(日) 17:33:10.75 ID:EdCI07z+
>>446
「徳川慶喜」は司馬原作なんだが。
脚本家がやらんでも、そういう原作を持ってくればいいだけでしょうに。

452 :日曜8時の名無しさん:2008/06/09(月) 01:30:10.66 ID:1/1yNjRb
>>446
>新たな人物の再評価って、作家が構想を練ってこつこつ資料集めをして
「樅の木は残った」の山本周五郎が資料集めや考証に
どれだけ時間を費やしたかは知らないけど、人間描写に優れた名作家が
真摯に取り組んだからこその作品なんだな、と思いますね。

>>446
司馬作だから云々の前に、あれは短編集の中の短編で
ほんとーに短い作だ。
ともかく司馬原作という「お飾り」をつけたかっただけなのでは?


453 :日曜8時の名無しさん:2008/06/09(月) 02:50:46.24 ID:GnokDdQR
司馬の場合、最後の将軍が短編でも他の幕末本を合わせれば十分長編になるからね
脚本家の力量でおいしいとこどりできるところもある

454 :日曜8時の名無しさん:2008/06/09(月) 18:08:27.16 ID:ES3xdPx0
「跳ぶが如く」や「徳川慶喜」と比べると、今年の大河の慶喜はひどすぎるな。

455 :日曜8時の名無しさん:2008/06/09(月) 21:17:46.78 ID:Bb9CcWC3
慶喜嫌いの大奥からの視点だからね・・・。

456 :日曜8時の名無しさん:2008/06/10(火) 00:28:13.12 ID:snsUXC+k
>>453
「徳川慶喜」の場合、司馬原作をほぼ完全にスルーだったからな。
「竜馬がゆく」「燃えよ剣」あたりをもっとからませてほしかったものだ。

その点、小山内の「翔ぶがごとく」は前半幕末篇はオリジナル脚本とはいえ、
これら司馬本を結構取り入れてた。

>>454>>455
慶喜は今の方があってるように思える。
「新撰組!」の今井さんの慶喜はいい味出してた。
最後に「余は間違っているか?」と念押しするところとか。

457 :日曜8時の名無しさん:2008/06/10(火) 00:55:50.34 ID:/Im0e/l4
組!で王政復古のクーデターのあと

慶喜「余は薩摩の企みなど知っておったわ」
容保「……」

近藤「上様は本当にご存じだったのですか」
容保「わからぬ。たとえ知らなかったとしても、知らぬとは絶対に言われぬお方だ」

なんてやりとりで、いかにもクーデターなんて寝耳に水だった慶喜が
虚勢を張っているかのような演出だったが、本当に知ってたんだから世話はない。


458 :日曜8時の名無しさん:2008/06/10(火) 15:52:32.56 ID:dW1iJEwi
俺はダークサイドな慶喜かっこいいと思う

459 :日曜8時の名無しさん :2008/06/15(日) 11:02:21.16 ID:RuLi/Q2m
モックンの慶喜はひたすらかっこよかった印象がある
三田村の慶喜は写真に残ってる慶喜本人によく似てると思った

460 :日曜8時の名無しさん:2008/06/16(月) 11:14:20.67 ID:yxGc/raz
昔、鹿賀丈史がやってたCMに出てきた勝海舟は、写真そっくりでビックリした。

461 :日曜8時の名無しさん:2008/06/17(火) 08:53:10.20 ID:KDoZ5pUR
顔の似ている役者を使うことは有るよね。
でも昔の肖像画は本人かどうか分からないらしいけど。

462 :日曜8時の名無しさん:2008/06/17(火) 16:28:59.54 ID:SuRQBnwf
絵に顔が似ている人を配役…。

井原西鶴や吉田兼好はクシャおじさんみたいな顔のお笑い芸人かな。

463 :日曜8時の名無しさん:2008/06/17(火) 16:45:02.88 ID:05DJnJH1
家茂は1858年に将軍になったとき、満12歳のはず。
ということは篤姫との謁見は10歳前後ということになるが…

464 :日曜8時の名無しさん:2008/06/17(火) 17:46:44.16 ID:FnLkZLfU
んなこたーわかっとる。

465 :日曜8時の名無しさん:2008/06/17(火) 19:17:47.30 ID:SuRQBnwf
しかし、この家定さん、コロリと死んじゃうのかねえ。
今から見台所さんが気の毒になるよ。

466 :日曜8時の名無しさん:2008/06/17(火) 19:35:31.62 ID:dPjGlHnO
>>465
『翔ぶが如く』でも唐突にあの世に逝かれましたから>13代将軍

でも富司純子篤姫なら
「事情とはいえ、あんなアフォに根気強くつき合って、その上本寿院オババはじめ大奥軍団にもいびられて
 この結末カワイソス」
となるのだが、
宮崎あおい篤姫は
翌週からそんなことがあったことなど綺麗さっぱり消去されて、元気で明るくやっていきそうで怖いですw

467 :日曜8時の名無しさん:2008/06/17(火) 20:07:38.01 ID:o3jw2JWa
腐ったスイーツはそれを望んでいる。

468 :日曜8時の名無しさん:2008/06/17(火) 21:07:57.15 ID:cQDvIGuS
そのまんまコロリで逝くのかえ

469 :日曜8時の名無しさん:2008/06/17(火) 22:35:59.88 ID:+ztzmjGa
『翔ぶが如く』 (爆)

470 :日曜8時の名無しさん:2008/06/18(水) 00:12:44.31 ID:C3GF1pVs
そうそう、んなこたーわかっとる。

長年の大河愛好者は史実年齢と役者の年齢の乖離も気にしない。

471 :日曜8時の名無しさん:2008/06/18(水) 09:33:39.34 ID:sD7UPVfH
分かります分かります、 葵 徳川三代の小川真由美、岩下志麻、波野久里子の事ですね。

472 :日曜8時の名無しさん:2008/06/18(水) 11:05:39.66 ID:AV3JavDG
風鈴スレでも書いたけど、、、。

仲代の信虎はどうかと思った。40代のキショイ凶暴性やキレた感じが「頑固な爺」「痴呆」「ボケ老人」
のイメージが出てきて印象が変わったよ。

473 :日曜8時の名無しさん:2008/06/18(水) 11:25:59.43 ID:7PRSwKf/
>>471
昔の大河で知らない人も多いでしょうが
『春日局』の大空真弓淀殿、松原智恵子お初、長山藍子お江も加えて下されw

474 :日曜8時の名無しさん:2008/06/18(水) 13:49:14.22 ID:EQRr38G8
舞台でなら、今でもそれでよさそうだが。


475 :日曜8時の名無しさん:2008/06/18(水) 14:53:20.31 ID:YXM8wVMa
>>472
信虎って確か信玄より長生きしてるから、
追放前の時点であんだけ歳喰ってると確かに違和感あるな。
信玄死んだ後に信濃にやってくる時なら仲代でも大丈夫だろうが、
話がそこまでいかんし

風林でそれ以上に違和感あったのが上杉憲政と長野業政だなw
年齢が逆転してるだろアレw

476 :日曜8時の名無しさん:2008/06/18(水) 18:48:31.05 ID:0c/0Bd8j
12歳のまつに言い寄る
23歳の利家

477 :日曜8時の名無しさん:2008/06/19(木) 12:02:13.95 ID:o1DJJveK
小谷野敦は、イミナや歌舞伎などよりも

家定が幕府の終焉や大政奉還・雄藩連合の概念を語ったり
篤姫が外国との親和や帝を引き入れる戦略をかたる異常さにつっこむべき


478 :日曜8時の名無しさん:2008/06/19(木) 13:51:12.89 ID:SZ7XSGpP
どうやって司馬や忠臣蔵や山本勘介が日本の観衆に受け入れられてきたか
その成り立ちがわかる良いサンプルだとは思わんか?

史実を誇張し捏造しヒーローを作り上げ観客を喜ばす。
スーパーなヒロインやヒーローの活躍こそ大衆芸能の本質だろ。

479 :日曜8時の名無しさん:2008/06/19(木) 14:16:22.04 ID:hhM+/hoE
>>478
そういう事だな
英雄史観を否定するのは結局はオタクが大半と言う現実
だから篤姫が受けたんだろうな

480 :日曜8時の名無しさん:2008/06/19(木) 14:29:03.29 ID:o1DJJveK
司馬は龍馬暗殺に関して陰謀説を否定し、ふつうに京都見廻組だろうと言ってたそうだ。
つまり龍馬オオモノ説を間接的に否定しているのだ。

龍馬英雄伝説を創り上げた張本人なくせにねえ。
さすが大坂人だけあって、商売がうまいわ。


481 :日曜8時の名無しさん:2008/06/19(木) 21:30:48.28 ID:27KOHfiY
>>477
まあ物語中で人物が予知能力持ってるっつうのはよくある事なんだが
その能力を家定と篤姫に持たせるのはちょっとな、と思う。
脳性麻痺だった可能性のある将軍とその奥さんだからな…

482 :日曜8時の名無しさん:2008/06/19(木) 22:36:27.80 ID:ExGq9AwE
>>480
司馬さんは幕末の西郷をすごい評価しているので、
薩摩陰謀説=西郷黒幕説は、許せないのだと思う。

あとの説はお笑いレベルだろうし。
三好センセの後藤黒幕説とか。
司馬さんは幕末の後藤の評価も高いから
これも採用できまい。

483 :日曜8時の名無しさん:2008/06/20(金) 00:24:48.76 ID:Irg/LdCs
>>481
確かによくあるね。
予知能力を持った人物の登場って。
たいてい、オイオイそこまで見通すのは無理があるじゃん!な脚本。

んで、池波正太郎や綱淵謙譲が好きで
司馬はたいして好きでも無い自分だけど、
司馬がどーのこーのなレスは色んなとこで見かけるので
もう秋田。

484 :日曜8時の名無しさん:2008/06/20(金) 00:58:01.11 ID:NG3QY0xF
そりゃ主人公はいつもそこにいた
にしないと本が作れんわな
三流がよくやる手でつ

485 :日曜8時の名無しさん:2008/06/20(金) 10:29:37.03 ID:GUUoR+dx
戦国時代で予知能力持っていいのは安国寺恵瓊だけw

486 :日曜8時の名無しさん:2008/06/20(金) 10:53:40.25 ID:n7/ZfSC9
>>479
聖徳太子や弘法大師や義経も同様なんだろうな。
まっ庶民の娯楽に史実などを求める輩がいるから後々混乱しているともいえるね。

小説や芝居や映画はすべて「フィクション」で問題ないよ。



487 :日曜8時の名無しさん:2008/06/21(土) 00:53:54.86 ID:ucH7TFSA
大河ってニュータイプが多いよな。

488 :日曜8時の名無しさん:2008/06/21(土) 01:04:26.29 ID:0u+g5B32
ニュータイプは多くないと思うが
ニュータイプと例える視聴者が増えてきたのは事実のようだな

489 :日曜8時の名無しさん:2008/06/21(土) 03:19:49.03 ID:dWDmQ47X
篤姫ってどう見たって
歴史好きな人向けじゃないし
とっととフィクションです付けるべきだな

490 :日曜8時の名無しさん:2008/06/21(土) 10:29:51.05 ID:Ivv4IMfc
「篤姫」は、どうにでも書けるところが美味しいんだろう。
藤純子の篤姫の時は「おいたわしや篤姫様」と周りが道場するなかで、
命令には逆らえず、時代に翻弄されるけなげな姫を描いたように見えるのに対し、
宮崎篤姫は、自分の意志で積極的に密命を帯びて江戸入りするが、
大奥入り後は、自分の感覚で慶喜公の品定めをしたりといった能動的な人物になっているし。


491 :日曜8時の名無しさん:2008/06/21(土) 10:36:23.02 ID:7cuD0EFs
幕末〜明治は身近な歴史だからね 描きやすい。


戦国時代のが難しい希ガス

492 :日曜8時の名無しさん:2008/06/21(土) 10:39:06.46 ID:kyWWydpm
明治維新は今上天皇のご先祖様のご一門の方々の仕事だから
書けることにも限界あるよ

493 :日曜8時の名無しさん:2008/06/21(土) 15:21:31.05 ID:qj+2Ighy
久光公は陛下の大祖父だっけ?


494 :日曜8時の名無しさん:2008/06/21(土) 15:25:17.23 ID:Ivv4IMfc
吉村昭が何かの本に、
「忠臣蔵(赤穂事件)は、それ自体は所詮私怨による事件に過ぎないので、
歴史を描くという点で言えば、興味はない」と書いていたが、
「峠の群像」には、浪士が討ち入りに踏み切らざるを得ない時代背景や、
当時の経済事情などがよく描かれていて、見て良かったと思った。

495 :日曜8時の名無しさん:2008/06/21(土) 18:17:45.16 ID:LzclTpsh
>>487-488
そんなに多いか?
ぱっと思いつくのは、中井信玄と柴田謙信のテレパシー会話くらいだが。


496 :日曜8時の名無しさん:2008/06/21(土) 19:38:27.92 ID:z/OHR0ys
人が死ぬ場面では、ほぼ毎回身内とか親しい人が
「はっ…!!」となるみたいな描写あるじゃん

497 :日曜8時の名無しさん:2008/06/22(日) 01:11:22.96 ID:osxhPbj0
「義経」ではそういうのは結構あった。
熊野水軍の援軍を取り付けた弁慶と落ち合う場所が分かった義経。
義経の死が分かった頼朝。
もろもろ。

宿命の対決みたいなシーンでは間違いなく、相手の位置が分かってる。

498 :日曜8時の名無しさん:2008/06/22(日) 07:57:32.36 ID:pd2s9w6d
>>495
テレパシー会話は『風林火山』にもありましたね
武田家の重臣たちが全員参加するやつ

おそらく甲州軍学にそういうテクが伝えられていたのでしょう


499 :日曜8時の名無しさん:2008/06/22(日) 08:06:02.05 ID:24OJ6ypg
以心伝心とか腹を読むとか心は通じ合っていたとか
そういうのを下手な表現したらそうなったんだろうな

500 :日曜8時の名無しさん:2008/06/22(日) 11:13:41.96 ID:uiZMwrYG
昨年の風林火山
「何として時を稼ぐのじゃ!」
「承知!御供仕りまする!」

のシーンは良い描かれ方だと思います。

501 :日曜8時の名無しさん:2008/06/23(月) 01:35:16.09 ID:GYJDHZiY
「武田信玄」で
最強のテレパスといったら
信玄の盲目次男竜芳だろうが

502 :日曜8時の名無しさん:2008/06/23(月) 16:51:59.47 ID:jcTQ8a6V
「新選組!」の近藤勇
幽霊と会話

>>501
確か「勝頼が危ない」とかって急に目が覚めて信玄に詰め寄ったんだったかな。

503 :日曜8時の名無しさん:2008/06/24(火) 00:14:26.79 ID:NYOubfof
竜芳のおかげで四郎は80の魔の手から逃れたのであった

504 :日曜8時の名無しさん:2008/06/24(火) 03:35:50.68 ID:vos0tWgD
谷口克広・藤本正行監修の信長モノを見てみたいなあw
聞いたこともないキャラクターがいっぱい活躍しそう(その代わり秀吉はr)

505 :日曜8時の名無しさん:2008/06/24(火) 09:31:19.01 ID:I1339jyX
篤姫では米国をアメリカと言っているが
当時はメリケンと言っていたらしい。

506 :日曜8時の名無しさん:2008/06/24(火) 09:31:36.92 ID:I1339jyX
篤姫では米国をアメリカと言っているが
当時はメリケンと言っていたらしい。

507 :日曜8時の名無しさん:2008/06/24(火) 09:54:19.48 ID:I1339jyX
何故か2つ同じ書き込みをしてしまった。スマンm(_ _)m

508 :日曜8時の名無しさん:2008/06/24(火) 09:55:13.18 ID:I1339jyX
何故か2つ同じ書き込みをしてしまった。スマンm(_ _)m

509 :日曜8時の名無しさん:2008/06/24(火) 17:42:50.49 ID:b8QIfIkL
>>501
神と会話できる謙信が最強じゃね?
ドラマ内では、謙信・信玄自体が「山の神」扱いだし。

510 :日曜8時の名無しさん:2008/06/26(木) 01:57:49.54 ID:31y3t0I1
大河最強ならだれだ。
軍略なら大村益次郎?
剣術なら宮本武蔵?

511 :日曜8時の名無しさん:2008/06/26(木) 09:55:15.78 ID:yB6IjL8A
八重
加納随天
鞍馬山の天狗
望月六平太

最強はこのあたりか?

512 :日曜8時の名無しさん:2008/06/26(木) 10:03:49.29 ID:btYfMQbE
けら婆と伊東十郎も。

513 :日曜8時の名無しさん:2008/06/26(木) 11:14:53.54 ID:oL731ehM
こら、架空キャラばかりじゃないかw

514 :日曜8時の名無しさん:2008/06/28(土) 01:42:45.87 ID:rXnIfHjb
家定が賢いのも事実とたがうかな?
篤姫は本当は嫌な女かも

515 :日曜8時の名無しさん:2008/06/28(土) 05:05:30.93 ID:Vt20Tb1E
朝鮮出兵も一応やった伊達正宗

516 :日曜8時の名無しさん:2008/06/29(日) 14:08:12.54 ID:T4HmkgCl
あそこで重臣の誰かが死んだシーンは覚えてるな>政宗

517 :鬼女の活動で毎日新聞広告激減中:2008/06/29(日) 20:34:59.93 ID:xIakJnh9
毎日新聞のせいで海外では日本人女性が簡単に落ちると話題になり外人に声掛けられまくってます
なかには断り切れずそのままヤられちゃう子も・・・

<<毎日新聞、海外向け自社サイトにて1999年から2008年に渡りヘンタイ記事を掲載>>
<<謝罪後ヘンタイ記事を再び掲載、2chに指摘され光の速さで記事を消す>>
<<一日20万アクセスを誇るサイト(毎日談)、映画バベルの女子高生のモデルもこの記事からか?>>
<<現在もヘンタイ記事の悪を認めず(英語ではそういうニュアンスのことを主張)→2chに指摘され光の速さで英語謝罪文を削除>>

<<自衛隊が海外で給水活動をした際に使用したキャプツバの漫画をロリコン変態アニメ呼ばわり→記者のオリジナル記事>>
<<天皇陛下の記事に検索用としてjapanese girl","hentai","geishaという単語を使用>>

<<海外の多数のメディアがこの記事を日本の普通の出来事として報道→世界中のニュース番組(ニュース23)のような番組で多数報道されている>>
<<現在も世界中のブログにこの記事が転載され、日本国民が変態として語られている>>

<<<別のオーストラリア人が世界中に出版された皇室の暴露本の中に日本の親は勉強をさせるために子供にフェラチオをすることが一般的であるので、
皇室でも同じようなことが行われているというこの文章は、確実に毎日英語サイトから影響を受けたことが分かる、ガクガクブルブル>>

<<この記事を見た外人がウォシュレットは日本の女性がオナニーをするために作られたものであり、それを隠すために便器と合体させ、ウォシュレットトイレという物が作られたという話を真面目に受け取り、世界では本当の話として定着化しつつある、ゲロゲロ>>

518 :日曜8時の名無しさん:2008/06/30(月) 16:38:04.76 ID:ZOqjMf8I
>>514
ドラマの篤姫がいい女とは思えん

519 :日曜8時の名無しさん:2008/06/30(月) 23:12:45.08 ID:JKeapy7K
人によって評価は違うかもしれないが
大久保利通は鬼ではないでしょう。

520 :日曜8時の名無しさん:2008/07/01(火) 02:28:56.96 ID:SqK+JjvJ
いいえ。
大久保は裏切り者です。

―西郷南州は、今日も鹿児島の街を見守っています―

521 :日曜8時の名無しさん:2008/07/02(水) 11:02:47.32 ID:2dzeHvba
新政府から見れば裏切ったのは西郷隆盛なのでは。
西郷に止むに止まれぬ事情があったとしても。

522 :日曜8時の名無しさん:2008/07/02(水) 12:13:52.43 ID:mjnkpSIo
上からこのスレをみていったけど、
史実(というか一般的通説)に忠実かどうかと時代考証が正しいかどうかがごっちゃになっているなあ

523 :日曜8時の名無しさん:2008/07/02(水) 19:33:37.30 ID:q2wSGkdZ
>>521
鹿児島でそれを言って御覧なさいな、あーた。

524 :日曜8時の名無しさん:2008/07/05(土) 10:45:51.35 ID:9Wfzdeej
>>523
鹿児島では今でも西郷隆盛はカリスマ的人気があるの。
大久保利通は評判悪いのかな。
長州の木戸孝允は、どのように見られているのかな。

525 :日曜8時の名無しさん:2008/07/05(土) 11:59:19.25 ID:w0O2xIWG
銅像も建ったぐらいだから評判は悪くない>大久保
・・・
というより、たぶん「大久保ってどこの誰?」みたいな存在。
てか、母(鹿児島県出身)は大久保のこと全然知らなかったよ・・・orz

西郷丼の人気は今でもすごいよ。西郷丼と斉彬公が鹿児島の歴史のすべて。

木戸さんは教科書に出てくるえらい人、という感じ。
でも「桂小五郎」としての知名度の方が高いだろうなw
時代劇でも「桂」での登場回数の方が多いから。

526 :日曜8時の名無しさん:2008/07/05(土) 16:24:38.60 ID:+sfhLbGm
>>524
今までマイナ-だったけど鹿児島では地本では
小松帯刀のほうが人気がある。

527 :日曜8時の名無しさん:2008/07/05(土) 17:50:03.69 ID:3IOCHAtB
鹿児島出身者に大久保のこと
たずねてみた。

「はっきりいって敵。基本的に無視。」だって

528 :日曜8時の名無しさん:2008/07/05(土) 18:16:53.29 ID:0hhCmvHg
大久保と川路は地元で銅像もなかなか立てれなかったほど不人気だろ。

529 :日曜8時の名無しさん:2008/07/05(土) 23:16:35.83 ID:wx+qDa1l
その割には中央通りの橋の正面とか
ベストポジションだな大久保

530 :日曜8時の名無しさん:2008/07/06(日) 08:38:24.30 ID:1bA3k2p8
いや、本当のベストポジションは

城山の西郷サンでしょ。
城山の目玉ギョロリの西郷が本物の西郷。

531 :日曜8時の名無しさん :2008/07/06(日) 09:40:44.82 ID:MRez7vS5
大久保はともかく川路の評判は悲惨だろうな
初代警視総監なのに

彼の銅像が地元に建ったのもごく最近なんでしょ

532 :日曜8時の名無しさん:2008/07/06(日) 10:40:26.64 ID:x1BeO5Yu
>>524
松陰マンセーのお膝元萩では、桂さんですら"松陰先生の弟子その1"
に過ぎません…orz

ガチで萩の松陰崇拝洗脳教育は凄まじいものがある。
今でも小学校では松陰読本を授業でやるんだろうか?

ピンでも名が通るのは高杉晋作位かなあ?
あと山県有朋は"おらが町の総理大臣補正"が働いてるせいか、
よそよりは好感度は高い。市民球場前に東京から引き取られた
騎馬像が鎮座してるし。

533 :日曜8時の名無しさん:2008/07/06(日) 10:45:00.51 ID:1bA3k2p8
>>531
所詮、犬。

534 :日曜8時の名無しさん:2008/07/06(日) 11:22:32.41 ID:w7a2+HWv
>>524
65歳以上の人は爺婆から西郷さん修身で取り上げられる聖人君子のような
人で二宮金次郎より格上のように吹き込まれたらしいが団塊以下の人はそう
でもないよ。西郷さんより等身大のヒーローは長渕。

大久保は薩摩を見捨てたから嫌われてるんだよ。西郷さんの弟も
篤姫も帯刀も薩摩より天下国家を取ったから鹿児島で今まで無視された。

質実剛健だが近代的な裏づけのある合理主義は毛嫌いする傾向が強い
ローカル大好きな鹿児島気質



535 :日曜8時の名無しさん:2008/07/06(日) 11:55:34.45 ID:ODYmEp6/
>篤姫も帯刀も薩摩より天下国家を取ったから鹿児島で今まで無視された。
ここダウト
大河=史実と勘違いしてないかい?特に今年のは屈指の(以下自粛)

それよりスレタイと違う話題が続いてるな。

536 :日曜8時の名無しさん:2008/07/06(日) 12:50:37.22 ID:w7a2+HWv
相当な高齢者で祖父などが西南の役で戦死したりしてる人には
篤姫はちやほやされているが、所詮は徳川の人間になり向こうの
立場になった人の思い込みめいた考え方があるのも事実だよ。

反面、薩摩のために命を差し出して闘った人切り半次郎や村田新八は
無条件に絶賛される

537 :日曜8時の名無しさん:2008/07/06(日) 13:45:11.62 ID:1bA3k2p8
小松帯刀は、全国区では知名度低いが、ローカルでは有名人じゃね?
歳が若くてお由良騒動無縁だし、早い時期に死んだから誰からも恨まれてないし、
結構高感度高いでしょ。もともとエライさんの家の出だから、妬まれてもいない。


538 :日曜8時の名無しさん:2008/07/06(日) 15:03:43.29 ID:w7a2+HWv
>>537
帯刀は地元でも歴史通以外では無名に近い人、自分も最近まで
何をした人か知らなかった。
英雄的でないから今まで子供用の郷土史の教材でも軽く扱い続けて
きた。(調所広郷は金も猛者として知られていたが)

539 :20時だよ全員解散:2008/07/06(日) 20:20:09.42 ID:H/eHmnoD
篤姫 これはあくまで大河ドラマであり、事実通りではございませぬ

540 :20時だよ全員解散:2008/07/06(日) 20:48:08.23 ID:H/eHmnoD
このドラマはあくまでも 宮尾登美子原作「天障院篤姫」を基に時代考証が考えたものであり、篤姫に関する系図などは残っているものの、詳しい資料は残っていないのが現実です

541 :日曜8時の名無しさん:2008/07/07(月) 23:32:36.78 ID:rODDaRr+
宮尾という作家の創作物である原作からも、
すでに超大幅に逸脱しているけどね。

542 :日曜8時の名無しさん:2008/07/10(木) 20:08:35.59 ID:Creww3Ni
>>525
> 銅像も建ったぐらいだから評判は悪くない>大久保

銅像をわざわざ建てて顕彰しなければならなかった、
と薩摩人じゃない俺は思ってしまうんだが。

543 :日曜8時の名無しさん:2008/07/10(木) 21:54:42.07 ID:Y1ZTc8To
>>542
そんなこと言ったら西郷どんとか斉彬公とか伊集院駅前の銅像の方wとかも
みんな鹿児島じゃ評判が悪いことになってしまうよ

544 :日曜8時の名無しさん:2008/07/12(土) 01:02:56.42 ID:VCw/BgfF
鹿児島で西郷さんの話題を振ると、
自分家の死んだじいさんの話でもするように語りだすよ。



545 :日曜8時の名無しさん:2008/07/12(土) 06:53:21.05 ID:0jEkoE7e
西郷さんは武士の生き残りといっしょに心中して
日本近代化に邪魔な人間を始末するって大役を果たしたのよ。
東郷平八郎は日本にとって必要な人間だったから留学させて生き残らせた。

546 :日曜8時の名無しさん:2008/07/12(土) 08:21:52.65 ID:UQWkkQj+
まさにラストサムライだな

547 :日曜8時の名無しさん:2008/07/15(火) 12:09:42.82 ID:AqRyCbFo
西郷は勝つつもりで戦っていないようですね。

548 :日曜8時の名無しさん:2008/07/15(火) 18:50:06.53 ID:3yRPNaSL
>>547
勝つつもりなら、自分で指揮して熊本なんて攻めないでしょ。
西郷軍は不平士族の象徴であり、ただ行軍してるだけで軍勢は増えていきそう。

549 :日曜8時の名無しさん:2008/07/15(火) 19:19:21.92 ID:9NX1MB23
西郷を靖国に祀らないから、俺は靖国公式参拝に反対だよ。

550 :日曜8時の名無しさん:2008/07/16(水) 11:39:38.48 ID:q/bFGbqS
維新の三傑は誰も靖国にまつられていないだろうな。

551 :日曜8時の名無しさん:2008/07/16(水) 18:30:38.66 ID:Nr2DhgWy
西郷神社みたいのは鹿児島にはないの?

552 :日曜8時の名無しさん:2008/07/16(水) 21:52:17.20 ID:r5zR4TcC
西郷を祀る南洲神社がある。
確か山形の酒田にもある。

553 :日曜8時の名無しさん:2008/07/16(水) 21:57:11.83 ID:e/tyYDh0
靖国に坂本龍馬や大村益次郎は祀られているのに、
大久保利通が祀られてないのは何で?

554 :日曜8時の名無しさん:2008/07/17(木) 10:26:33.30 ID:qw5flGfT
坂本龍馬や大村益次郎は維新殉難者ということでまつられたようです。
大久保利通がまつられてないとするなら維新殉難者でも戦死でもないからでは?

555 :日曜8時の名無しさん:2008/07/17(木) 10:55:25.63 ID:PumltJSh
>>548
前線指揮は殆ど幹部委任だったらしい。
本人が西南で初めて直接指揮を執るのは終盤退却時の宮崎路にて。

556 :日曜8時の名無しさん:2008/07/17(木) 19:06:16.72 ID:OQlT2zj+
>>555
跳ぶが如くの西郷どんは、戦そっちのけで民家で犬と戯れてたなw
あれは史実に忠実なのだろうか。

557 :日曜8時の名無しさん:2008/07/17(木) 20:04:13.67 ID:HRRmNRbh
組!と花神を見ちゃうと、坂本龍馬も大村益次郎も、暗殺の首謀者は薩摩の人間だから靖国神社は激しく微妙に思える

558 :日曜8時の名無しさん:2008/07/17(木) 20:41:49.20 ID:M/qeL+dy
花神では大村益次郎は長州の狂信的攘夷論者に暗殺されてたよ。
高杉も桂小五郎も長州の過激な攘夷論者には悩まされていたね。

559 :日曜8時の名無しさん:2008/07/17(木) 23:57:45.06 ID:LLTCXzwE
>>558
「花神」ではその連中の黒幕が薩摩の海江田。
政治的暗殺では、鉄砲の弾にすぎない実行犯よりも黒幕、共謀共同正犯が問題だ。

560 :日曜8時の名無しさん:2008/07/18(金) 00:21:33.62 ID:tq/N4Oi8
>西郷を祀る南洲神社がある。
>確か山形の酒田にもある。
庄内藩士は戊辰戦争で西郷が自分が攻めた時に
厳罰を下さなかった恩義を感じて西南の役に参加したものもいた。

西郷さんの今日世間で語られる逸話の多くは薩摩人でなく元庄内藩士
たちが、西南の役後に着せられた逆賊の汚名回復させるために中央で
運動した際に書かれた本や講演などによって次第に世に広まったものが多い。
(敬天愛人など)


561 :日曜8時の名無しさん:2008/07/18(金) 00:22:34.25 ID:gyPLXRFg
だから汚名を回復すんなよ

562 :日曜8時の名無しさん:2008/07/18(金) 01:15:31.03 ID:kU9+q76A
>>557
「花神」は大河ドラマだけど、「組!」は大河じゃない。


563 :日曜8時の名無しさん:2008/07/18(金) 02:12:01.78 ID:jeUcFauV
なにをもって大河ドラマとするかは562じゃなくNHKが決めること


564 :日曜8時の名無しさん:2008/07/18(金) 11:16:06.87 ID:cA4cHqw7
さだまさしの不良少女白書を思い出すねェ・・・
事実と主観が相違してしまう悲劇。
562もそんな心境なんだよ、きっと。

565 :日曜8時の名無しさん:2008/07/20(日) 16:09:31.09 ID:EE1m26Y5
失地を回復したり失敗を取り返したりするのは
全然おかしくないよ

566 :日曜8時の名無しさん:2008/07/23(水) 08:50:24.09 ID:DQc3MVAE
卑弥呼を大河にしたらどれくらい史実に忠実に創れるだろうか。

567 :日曜8時の名無しさん:2008/07/23(水) 09:34:59.03 ID:SZ/iUzPq
大河ドラマ「卑弥呼」

卑弥呼(幼年期)=宮崎あおい
イヨ(壱与)=宮崎あおい(二役)
卑弥呼(熟年期)=松坂慶子
タケル=堺雅人
ヒコミコ=小澤征悦

568 :日曜8時の名無しさん:2008/07/23(水) 11:11:40.02 ID:jmkcyKHl
>>566
まず、主役が誰なのかは放送中もトップシークレットだなw



569 :おぼろ月夜:2008/07/23(水) 12:56:02.50 ID:BDYZto5i
昨日の歴史バラでは、琉球王朝の始祖は源為朝と断定した上で、
義経と琉球が鎌倉幕府挟撃しようとした、こんな説やっていたな。
「新風と雲と虹と」って感じの話し。ドラマにすれば面白そうだな。
無理だけどw

570 :日曜8時の名無しさん:2008/07/23(水) 21:04:47.06 ID:toLqtULC
ぶっとび仮想史は影武者徳川家康までだなあ
ていうかあそこまでいけば面白いという味も出てくるんだが

571 :日曜8時の名無しさん:2008/07/23(水) 21:57:12.57 ID:vC3fNOMm
>>570
ただ、あれには基になった研究書があったからな。

俺がやってほしいと思うのは、
織田信長とか徳川家康個人ではなくて、
その前史をやってほしいんだな。

信長なら、父の信秀・祖父のなんだっけ、、、
ま、このあたりは大河の「信長」でちょっとやってたけど。
家康なら、祖父の清康から、可能なら、もっとさかのぼって、
「三河物語」に描かれているような、
ほとんど山賊みたいなところからはじめてみるのも面白いかと。

572 :日曜8時の名無しさん:2008/07/24(木) 18:29:15.75 ID:Rk8Tuj82
>>571
そんなのやっても視聴率悪そうだが。
その年代やるなら、まず北条早雲でしょ。

573 :日曜8時の名無しさん:2008/07/24(木) 19:33:06.53 ID:pSiBMpB8
視聴率(笑

574 :日曜8時の名無しさん:2008/07/25(金) 12:04:16.63 ID:2aHX9nfr
北条早雲なら視聴率取れそう。
ただ国取りの陰険さと、そのあとの善政をどう描くかで
ドラマとしての楽しさが変わってくる。

575 :日曜8時の名無しさん:2008/07/25(金) 17:36:38.26 ID:9S6RWBTD
>>574
陰険さは、室町幕府の指示ということにして、
新九郎は民衆の味方ということにする。

幕府と民衆の間で板ばさみになる新九郎は、
結構共感をよぶのでは?

576 :日曜8時の名無しさん:2008/07/25(金) 18:34:09.18 ID:nPTdOjc5
原作は箱根の坂かね

577 :日曜8時の名無しさん:2008/07/25(金) 18:42:23.37 ID:Buojd2LG
>>574
元就みたいに、内はホームドラマ・外は謀略家でいいのでは。
最近の大河はどうあっても現代的価値観・描写を入れるからねえ・・・・

578 :日曜8時の名無しさん:2008/07/25(金) 23:24:12.09 ID:mJoipXjh
早雲は「通説」によれば、60歳を超えてからがんばりだした。
元気のない中高年を励ますスタンスの大河ならいいかと思う。

579 :日曜8時の名無しさん:2008/07/25(金) 23:30:51.03 ID:L84dkG5d
最高裁第三小法廷(藤田宙靖裁判長)は24日、『週刊文春』が99年に8回にわ
たって特集したキャンペーン記事をめぐり、芸能プロダクション「ジャニーズ事
務所」とジャニー喜多川社長が、発行元の文藝春秋に1億円余の損害賠償などを
求めた訴訟で、ジャニーズ側の上告を棄却する決定をした。

 判決によると、所属タレントへのセクハラに関する記事の重要部分は真実と認
め、「日常的に飲酒や喫煙をさせていた」といった記述についてのみ、真実の証
明がないとして名誉棄損を認めた。主としてホモセクハラを争った裁判であるか
ら、明らかに文春側の勝訴である。

 これで、文春側が支払う損害賠償額を一審の880万円から120万円に減額した二
審・東京高裁判決が確定した。

 多くの少年タレントに対するホモセクハラ行為が真実と認定された意義は大き
く、これは「社会的な事件」(28日付『日刊ゲンダイ』で芸能評論家の肥留間正
明氏)である。

580 :日曜8時の名無しさん:2008/07/27(日) 00:11:41.72 ID:rln9/L/w
>571
それだと、「風は山河より」でいけるのでは?
主役は野田菅沼氏三代とはいえ、信秀・清康のあたりから始まるわけですし。

581 :日曜8時の名無しさん:2008/08/05(火) 14:39:17.18 ID:6EXnKoFO
>>580
亀レスですまんが、ありがとう。
時代・場所共に絶好の位置ですな。

582 :日曜8時の名無しさん:2008/08/09(土) 15:09:38.18 ID:3PDfnQRi
>>571
信定。

>>572
北条早雲は、素浪人からというイメージがあり、その設定でドラマを造ると視聴率もとれるだろうが、史実的には幕府重臣の伊勢氏の家柄。
幕府重臣の立場と今川家の外戚としての立場を利用して独立していった。史実に忠実に造ると、つまらないドラマになるだろう。

それよりも、松平本家、岩津松平、安祥松平で、葵三代をやるのが面白いかも。
木こり(山賊?)の家が、如何に将軍家にまでなっていったかなどは、まさに文字通りの大河だと思う。



583 :日曜8時の名無しさん:2008/08/09(土) 15:24:19.70 ID:3PDfnQRi
大河は、史実なのか、フィクションなのかをハッキリさせた方が良い。
NHKの陰謀なのか、実際にはフィクションなのを史実と思わせ日本人を間違った認識にさせている。
吉川英治の三国志を三国志だと思っている日本人は、世界から馬鹿と思われるだろう。横山光輝の漫画や昔のNHK人形劇も同じ。
中国史なんかは他国の話だからまぁ良いとしても、自国の歴史認識を間違うと困ったことになる。

桶狭間の戦いや長篠の戦いなどは、小さい頃は大河ドラマのイメージがあったが、先祖の記録や防衛庁の生記録を見ると全く違っていた(私の先祖は、桶狭間の戦いに従軍。防衛省には、徳川将軍家の記録が引き継がれている。)。
例えば、長篠の戦いの当日午前中は、雨で火縄銃が使えない状況だったんだよ。雨でも使える火縄が開発されるのはもうちょっと後。

そのうち、南京大虐殺も大河でやって、史実にされてりまうんじゃないかと心配。



584 :日曜8時の名無しさん:2008/08/09(土) 15:32:38.49 ID:TeV+Dpn0
史実豚(失笑)

585 :日曜8時の名無しさん:2008/08/09(土) 15:32:40.79 ID:uMnm1wlY
バカばっかだな

586 :日曜8時の名無しさん:2008/08/09(土) 20:10:15.24 ID:aLtVnEfD
>>583
長文乙だが、大河「ドラマ」ってどういう意味かわかるよな?
史実通りを期待してるのはおまいだけ

587 :日曜8時の名無しさん:2008/08/09(土) 21:05:59.98 ID:N092/lKS
>>586
「ドラマ」に史実を期待するあなたこそ、歴史の捏造者の主犯。
認識ないだろうけど?

ドラマに使われる「歴史イベント」のすべてが演出上の効果と割り切り
歴史は学問として別に扱うのが混乱が一番少ないでしょ。

588 :日曜8時の名無しさん:2008/08/10(日) 01:19:52.63 ID:8mgXMJAt
南京虐殺は史実だろう。
大河ドラマは史実の制約の中でいかにリアルに創作するかが勝負で
面白い。今年みたいなのはあまりにも酷すぎるが。
歴史を知ってる大人はフィクションと割り切れるが、子供が鵜呑みにする
恐れがあるのは罪作りだな。

589 :日曜8時の名無しさん:2008/08/10(日) 13:14:14.30 ID:awd2dElS
>>587
>>586>>583に対して史実を期待するなって言ってるんじゃないの?
横槍失礼

590 :日曜8時の名無しさん:2008/08/11(月) 00:11:04.96 ID:1EcFrCnm
>>587が本当に>>586に対するレスなら、あ〜勘違いだね。
>>583に対するレスだと思うが。

しかし資料集を読んで歴史に興味を持つ人より、
ドラマや小説で興味を持つ人も多いだろうから
本筋だけは外してほしくない、とは思う。
進行役として架空の人物が登場するなんてことは
ありだろう。風林火山の勘助なんかは一人の人物だったか
どうかも怪しいが、舞台回しだと思えばよい。

591 :日曜8時の名無しさん:2008/08/16(土) 09:55:44.91 ID:ld1yQuSx
>>583
>先祖の記録
ふーんww
覚書だか書状だか伝聞の書留だか知らないけど
そのご先祖さまが遺したものは他の史料との裏づけをとってんの?
研究者の検証をうけてる?
合戦研究者の参考にされてるようなもんなのかねw

また長篠合戦の天候や火縄銃の件なんて
今さらご高説するようなもんじゃないだろ。


592 :日曜8時の名無しさん:2008/08/17(日) 19:51:23.93 ID:4s/xwNKs
583って、何考えてるのか不明な脳・・・

593 :日曜8時の名無しさん:2008/08/18(月) 00:50:25.37 ID:o4TL+cQG
夏だし

147 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)